2017年04月05日

心を柔らかくして、頭をからっぽにして。

DSC_0508.JPG



今年の今月は
いつにもまして

嬉しいことがたくさんあって


いつの間にか

悲しいことも
辛いことも
苦しいことも

海の底で
静かに荒波が鎮まるのを待つようにして

乗り越えて

心の中に
希望が宿ってから

それがリアルになって


このタイミングで

どんどん目の前に現れて



やっぱり

確信は
はじめ、その姿はなくとも
善なるエネルギーのチャージによって


物質化する



魂を
ひたすら
ありがとうと
感謝と
喜びでいっぱいにすると

本当に
喜ばしいことにあふれて


なにも心配することなんてなかったと気づく


極論

現実で何があっても
心が幸せであり続けるならぱ

それは紛れもなく

「幸せ」で


幸せは心が決める


というのも本当で


いつでも
幸せに満ちることはできる

そう望めば


頬を優しくなでる風にも
愛しさを感じることのできる心があるならば




posted by Kaoru at 20:04| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

パラレルワールド

どんなときも

人生を創っているのは自分


広い世界に

たくさんの人がいて、

それは
外からやってくるように見えるけれど


自分が描いたストーリーが

現れているだけ


みんなは
そのストーリーに協力してくれているだけ

自分もその時とは知らずに
誰かのストーリーに
参加していたり

自分が思う世界とは全く別の世界が
相手の世界の中では広がっていて
ストーリーがあって

「自分」も
相手の中では
多分
違って見えていて


それぞれの世界があって
それぞれのストーリー展開があって


そんなふうに
全体が
巧妙に絡み合って

この世界を維持している


たくさんのものがあるように感じるけれど

究極には

宇宙と自分だけで


自分が宇宙を映しているだけで


私たちは


様々なことを体験している

今は

その様々な誰かの体験を見ることもできて

疑似体験もできるけれど

自分にとっての体験は

自分が起こしたこと
言ったこと
感じたこと


魂が震えたこと




DSC_0504.JPG





posted by Kaoru at 18:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

魂の望みには繋がれるようになっている

やりたいことも
何を望んでいるかもわからない


そう感じることもあると思います。

でも、

ちゃんとわかるようになっているから大丈夫です。

そうとは知らず関わっていたり

自分でこれがそうだと気づいていなかったり


あまりに近すぎて
わからなかったりすることもありますが


私はこれが好き
これは嫌い


こんなことに

感動する、
興奮する、
揺さぶられる・・・

魂(心)が反応するものは
誰にでもあるはずで

それが

魂からの望みを見つけるためのヒント

あとはトライ&エラーの繰り返しで
魂の反応を見ながら近づいてゆく


誰でも見つけられるようになっています。


時間を忘れて熱中できること
なぜだか続けられること
やりがいを感じることも

その一部


大きなことでなくてもいい

おうちのこと
ささやかな幸せ
大切な人と一緒にいる時間


それが望みであることもあります。


あなたの
魂が喜ぶことは、何?

飽きもせず
懲りもせず

楽しめること

やれることはどんなこと?

誰かの評価によらず
私はこれが好き!と言えることは?(*^_^*)


DSC_0502.JPG





posted by Kaoru at 17:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

時間をかけて育てる

子どもの頃に
感じていた

自信のなさ

何を言っても
みんなの意見の方が正しいように聞こえて



今ならば
それぞれに違って当たり前

人は人、私は私

と言えるのだけれど




なぜか
そう思えずに

いつもいつも

自分の考えが間違っているような気がして

ひっこめてた。



ただの「個人的な感想」さえも

私には「否定」に聞こえて

とにかく
自己評価が低かった

(好き嫌いなんて、ホント、個人の感覚の問題だから、正否なんかないのに ^_^;)



でも

その自信のなさは
いつしか

自然に消えて
(ゼロではないけど ^_^;)


そういう意見もあるね



静かに思えるようになって


「自分が正しい」という
極端な主張よりは
私には
少し自信がないくらいが
ちょうどよかったと思えるようになって

(自信満々に誰かを否定するよりは、それも正しいよね、と引っ込めるくらいがちょうどいい、と思って)

どれもそれぞれに○

私は私、と受け入れられてからかな。
自分で自分を認められてから。

がんばってきたよね、って、○が出せてから。



どんなプレッシャーも困難も

自分を受け入れることで
劇的に変わって

誰とも何とも闘わずに
そのままの自分をそのまま認めるだけで

脅威に感じていた影は消えて


押し潰されそうな感覚も
影の方を見るからで

ひとたび
光(ありのままの自分・自分の良さ)の方を
見る(認める)ようになると

乗り越えられるものなのかもしれない。



影は実態がないだけに
大きくなっていくばかり

それ以上
力を与えるのはやめて
(不安を栄養に育てるのはやめて)

ひたすらに
光の種を育てよう


必ず輝かせることができるから


それを信じて

少しずつ歩いていこう




posted by Kaoru at 10:55| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

魂の傷、それも設計図にあるもの

誰しもが魂に傷を負っています。

一見幸せそうに見えるあの人も

実は心に傷を負っています。
傷のない人などいません。

そう。いないんです。


それは、ちゃんと設計図に書いてある。


生まれた瞬間に決まる。

いや、生まれた瞬間のエネルギーを使っているだけで、すべては、すでに決まっている。

自分の設計図を具現化するために

いろんな人や状況やこの世界にあるものを利用して

自分が「魂の傷」を体験しているだけ。

そして、どう乗り越えるか、乗り越えてどうしたいのか
なんのために乗り越えるのか、
それもちゃんと書いてある。

ストーリーは
既に幾パターンも用意されていて
どのステージを体験するか、それだけ。


はじめは、
自分でどうにかできるようなものには到底おもえないかもしれない。
そして同時に
自分で何とかしようとあがくものかもしれない。


ただ

「どうしてこんな体験をしなければいけないのか」

「なんでこんなに辛いのか、苦しいのか」

「どうして、自分ばっかり・・・」

そんな思いにとらわれることだろう。



でも

それは長くは続かない。

人生の途中で


ふと
新しい世界に飛ぶ込む日がやってくる。



イヤな思いをさせた人も体験もあれば
(自分にとって「イヤな人」は、当の本人はそれが当たり前と思って暮らしている。正しいことをしていると思って暮らしている。それはその人は自分の設計図に沿って生きているだけで、その部分を自分が「イヤだ」と体験しているだけ。)

自分も、あるときは
誰かにとっての「イヤな人」となり得るだろう。

でも、そうとは知らずに
不愉快な思いをさせているとは思いもせず
今日を生きている。

同じように
誰もが自分の今日を生きているだけで。


でも、素敵な思い出をくれる人、体験も待っている。

自分も、あるとき、
誰かにとっての「いい人」となり得る。


独りでは存在できなくて
誰かを使って「自分」を映したり映されたりして

「自分」の生を味わっている。


だから
自分も誰かにとっての
「イヤなヤツ」であり
「いい人」だと知ると

誰かの「イヤなところ」と「いいところ」を
過剰に反応せずに許せるようにならないだろうか?


自分が
世界に
人の中に
見つけるものは

自分の中にあるものでもある。

自分を通して世界を観ているので

自分が思うこと考えること話すことは

全部、自分の世界観を表わしている。

どうしようもなく
「個人」であることを

責めても仕方がないんだってこと。


じゃあ、どうするのか。

「誰か」や「状況」を見極めて
そこに
留まるか
次へ進むかは
自分次第。

どんなふうに生きるのかは

自分の設計図が発動している。

何が起こるのか

自分の周りにあるものを使って体験している。

たくさんの人と
状況と環境が

巧妙に絡み合って。

時に
敵であり
英雄であり

いろんな役どころの「個人」が

自分の人生に入れ替わり立ち替わり

現れて

お互いに
必要な体験をしている

この奇跡


自分に与えられたものを嘆いていても
残念ながら何も変わらない。


大切なのは
それをどう受け止め
どのように昇華させるか、
いかに光の体験へと変えることができるのか

ということで


つまり
「何が起こっても自分はどう在るのか」
ということで


自分の設計図を忠実に再現してくれる人たちを
キャスティングして
できごとも用意して

生まれてきて

ただそれが起きているだけで


変えられるのは

それを
どう受け止めるのか
(世界をどう観るのか)

ということだけ。


どんな世界にもできる。
どんなことが自分に起こっても。

それだけのちから・強さも
一緒に授かっている。


だから
つぶされそうに思う夜でも

息をひそめて
乗り越えよう。

どうしていいかわからないときは、
ただ生きているだけでいい。


傷も
光も

みんなが
同じように持っている。

ただ、自分のはすごーくよく見通せて、ひとのは見えにくいだけ。

だから、自分だけが不幸に思えるだけ。



必ず

「幸せだった」
「最初からここにあった」

と気づく日が来るから。





posted by Kaoru at 15:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

子どものクリアさ

甥っ子と一緒にいると

「恥ずかしい」とか
「こうでなくちゃ」とかいう意識がすっぽり抜けていることを思い出します。


甥っ子には

まだ

「いい」と「悪い」の境界線が明確でなく

なんでもおもしろがって
なんにでも驚いて
なんでも喜ぶので

普通は大人がすると
みっともないと思われるようなことも
バカじゃないの?と思われるようなことも

平気でできて(笑)


喜ぶ顔が見たくて
バカみたいに頑張って(笑)


まあ、いいか💨
と一緒になって笑ってる。

大好き!
大好き!
だーい好き!

のエネルギーをたくさんもらって。
たくさんあげて。


なんでも面白がれるって
才能だよなぁと思ってみたり。


それが小さい頃は誰でも自然にできていたんだよね。
と思い出す。


早い段階から
大人になることを強いられる場合もあるけれど
(けっこう辛かった。勝手に大人になろうとしてただけだったけど。)


子どものうちは
思いっきり子供らしい方が

しっかり大人になれるのかも・・・
とも思います。



子どもの素直さ。
クリアさ。

見習おうっと。




posted by Kaoru at 12:14| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

あなたにとってどうなのか?

「ある人に鑑定してもらったら、良くないものがくっついているから祓った方がいいと言われた」

と、そのことをずっとずっと引きずって、思い悩んでいた方がおられました。


何を言われても
それはどうすることもできませんが(もう聞いちゃったんだから)


それ以上に本当によくないのは

「ずっと思い悩んで不愉快・心配でいる状態」が保たれていることです。


「言われたことを何かにつけて思い出して不安になっている」こと自体で
すでに「よくないこと」が起きています。


でも、言われりゃそれは気になりますよね。
聞いちゃったものは、消すことはできない💦


しかし、結論から言うと、

「そんなことは気にやむ必要がない」


ということです。


なぜなら

「自分の思いが現実を創っているから」です。



いいほうに心を使えば昇り調子に
悪いほうに心を使えば下降調子に
なるだけのことなので


ずっと気にし続ければ
そのようになるだけです。

気にせず
パッと気持ちを切り換えて
明るい方に意識を向ければ

とたんに世界は明るくなる。


悪いことを気にしていると

心は自然とその証拠探し
を始めます。

で、「やっぱりね

と納得します。


明るい方を向いていると

心は自然に良い証拠探しを始めます。

それでも「やっぱりね

と納得するのです。


その積み重ねが

結果

どんな人生を創るでしょうか?


他の人のことなど気にせず
(他の人を無視しろと言っているわけではありません。他の人がどうあろうとも)


自分の心に光を通して明るくなるように暮らしましょう。



他者には他者の生きる道があります。

自分には自分の生きる道がある、

それだけのことです。

自分の人生をよりよくするために
大切な時間を使いましょう(*^_^*)



心配しないで。
あなたは守られているし
大丈夫なようになっているから。


心を明るく使っている人に
よくないことが起こるはずなどないのです。


(それでも人生に現れることがあるとするなら、それはあなたにとっての宿題かもしれませんね。

でも、それにも、自分ができる範囲で善処しているだけでいいのです)




posted by Kaoru at 12:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

自分の波に乗って

あなたはせっかち?
それともマイペース?

じっくり考える派?
ざっくり感じる派?


タイプによって


波の乗り方も違う。

「どんな波を楽しめるか」によっても違う。

ひとの言葉や状況は
良さそうに聴こえたり
凄そうに見えたり
羨ましそうに思えたりするけれど


あなたには

あなたの波がいちばんだってこと

知っておいてくださいね(*^_^*)


あなたにはわからなくても
ひとは
あなたの波を
良さそうと思ったり
凄そうに感じたり
羨ましく見ているかもしれない。


人生(生きるということ)はダンスのようなもので


自分のエネルギーに調子(波動)を合わせて踊るようなもの


息ピッタリに
自分の望むダンスを踊るようなもの



初めはギクシャクするかもしれないけど

だんだん自分や相手(人生の設計図、人間関係、宇宙のリズム、などなど)を知って

スムーズに踊れるようになるもの。


ふたりだけだと思っていたら

遠景で見てみたら
すごい数でくるくる交代しながら踊っていたり。


どんな存在も
宇宙から独立した状態ではいられなくて


どんなに抵抗しても
「一部」であることに変わりはなくて

思いきって
流れに乗ってみたら

案外楽しかったり

違う世界に飛んでいったりして(笑)



たくさんのレイヤーが重なっている
この世界で

どのステージを楽しんでもよくて


心のままに生きてよくて


どうか

あなたの花が美しく開きますように

そして実を結びますように



願ってやみません。




DSC_0489.JPG


DSC_0484.JPG





posted by Kaoru at 12:47| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

ガレージセールのお知らせ

毎回お声がけいただき

今回も参加させていただきます(*^_^*)

お得なガレージセールのお知らせです



ストール

お菓子にお抹茶、コーヒー

他にもお楽しみがたくさん


↓ ↓ ↓


https://oneness358.p-kit.com/page305892.html



何となくプレッシャーを感じている

何だかモヤモヤして疑いの気持ちが出てきちゃう

そんなことありませんか?



真逆の価値観や専門的知識を取り入れてみましょう。

人生、ひっくり返ります。

一気に理想に近づくチャンス




posted by Kaoru at 13:00| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

自分の中の監視員

このままではダメ
あの人より劣っているからダメ
私なんかダメ
生きてる価値もない

若い頃
私の中の監視員は厳しかった

時に酷いいじめっこのようでもあった

その監視員の自虐的な厳しさが自分を苦しめている
他者からの言葉を悪意あるものに翻訳して私に届けている
と気づいて

私は私の中で
モンスターとして育ったその監視員に別れを告げた

それでも
私の中の何かは許せなくて
無意識の向こうに葬り去った監視員を
「現実の世界の人間」として送り込んだ(^_^;)

私の中の監視員は
今でも厳しいが

今は
自分が弱気になっているとき
怠け心が出てきたときなどに
叱咤激励してくれるコーチとして
再任用しています(笑)

「厳しさ」も使いよう

それを、どこに向けるかによって
破壊的にも建設的にもなれる


あなたは
自分にとっての道具を
どこに向けているだろうか?




posted by Kaoru at 12:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする