2018年07月02日

行けばどこかにたどりつく。

夢は叶う




諦めなかった人

それでも
がんばってる人


ものごとの良い側面を見れている人

小さなことに感謝できる人


・・・が使っている言葉のように感じます。

「叶う」の大きさも種類もいろいろでしょう。

小さな成功を喜べる人は

やがて大きなものもつかまえます


その時々で

望んで実現させることがたくさんあるので

「やればできる」は当然の感覚として自分の中にある。


そしてやっぱり
成し遂げる。

うまくいかないことがあっても
転身が鮮やか。

上手に取り込んで
結局乗り越えてしまう。



「うまくいかない」は
「成功」への通り道でしかない。



bridge-801861__480.jpg





posted by Kaoru at 22:22| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

叱られる

『チコちゃんに叱られる』という番組があります。

たまたま見かけたのですが、


釘付けに!(笑)

おもしろっ!


・なぜ「男」と「女」がいるの?

・お別れするとき、手を振るのはなぜ?

・青信号はなぜ「青」という?

・電車で眠たくなるのは、なぜ?

・誕生日のケーキのろうそくはなぜ吹き消すの?



あたりまえのシーンだけど
改めて問われるとわからない。


で。
答えられないと

「ボーッと生きてんじゃねぇよ!」

と、5歳のチコちゃんに叱られる(笑)


答えも、知っているものもあれば、
へぇ〜!と思うこともあり。



・花はなぜいろいろな色がある?


A.花によって、虫の好みがいろいろだから。


花は虫に花粉を運んでもらって受粉しています。
受粉すると種ができて子孫を残すことができます。

虫に来てもらうために、花も多種多様にカラフルになる必要があって
様々に進化してきたのだとか。

どうやって
虫や鳥を花におびきよせるかという
植物側の戦略のひとつが、「花に色をつけること」なのだそうです。


中には、花の色を変える植物もあるのだそう。

受粉を境に色を変えるのですが、
それは、まだ受粉していない花を目立たせて、効率よく虫を集めるためなんですって。


カラフルな色は、人間を楽しませるためにあるわけではないのだそうです(笑)



めっちゃ自分の都合で進化してきたのに

それが人間をも楽しませてくれる。



自分が必要に迫られてやってきたことでも

誰かを励ますことも
あるかもしれないな・・・



そうとは知らずに

めっちゃ自分の都合でも(笑)

誰かのためになっていることも
あるかもしれないのです。


魂の本質のひとつは進化・向上。
よりよくなろうと自分を磨くのは、宇宙のリズムに同調していることであり


自分を高める(生命力をあげる)ために
がんばったことは

自然に

どこかで
誰かを

癒しているのかもしれない。

和ませたり
元気づけたり
貴重な気づきを与えたり
深遠な叡智を知らずに手渡したり
しているのかもしれないのです。



flowers-3441662__480.jpg





posted by Kaoru at 08:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

「在る」以上は波立つ。

批判を避ける方法は一つしかない。
何もせず、何もいわず、何者にもならないことだ。

まずはっきりと定義された明快で実用的な理想を持て。
目標あるいは目的である。

次に目的を達成するのに必要な手段を持て。
知恵、金、材料、方法である。

第三に、すべての手段をその目的に合わせよ。

垣根は相手が作っているのではなく、自分が作っている。
幸せかどうかは、自分次第である。

アリストテレス




jellyfish-698521__480.jpg





posted by Kaoru at 06:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

まっすぐな心

応援は

まっすぐな心に集まる。

ひたむきな姿勢に集まる。


一生懸命さはまた

多くの人に
元気と感動を与える。



へこたれない精神
向上心は

善き指導者を呼ぶ。



自分の在り方が

いつも

応援者や
称賛や
感動、あらゆるものをつれてくる。


自然に展開していく
流れをつくる。


DSC_0705.JPG
山に一筋だけ色の違う光が降りていました。
青白い、不思議な色でした(写真だと、見えないかな〜・・・)。
その光はすぐに消えました。




posted by Kaoru at 07:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

喜びを糧に

どうすれば
相手に喜んでもらえるのか

それを考えることが大切。


よく言われていることだし、
私も共感します。


使っている言葉は同じでも


動機」が違うと
現象も変わってきます。


純粋に
「喜んでもらえるのが嬉しい」というのと

心の奥に
「認めてほしい」気持ちがあって、喜ばせようとするのとでは

誰かに何かした後の「自分」が違うし

これから起こってくること」も変わってきます。



単純に
「自分がそうしたくてそうする」場合は
「相手が喜んでくれること」そのものが何よりの報酬となります。

だから
見返りを求めていません。


ただ、
「自分を認めてほしい」が動機の場合

相手が思ったように動いてくれないと(相手からの感謝がないと)
「なんだか、おもしろくない」と、相手に対して批判的にもなってしまいます。
相手が自分を認めてはじめて完了するので、それがないと、完了するまで、なんとか手にいれようとして
巧妙に問題をすり替えて(全然違うところで相手を攻撃したり)、何だか相手に絡んでしまう・・・

暗に見返りを求めている状態になります。


いつでも
相手が自分を認めてくれるとは限らないので
自分の思う報酬がもらえるまで
過剰なアピールになったり
あんなにしてやったのに・・・と、逆恨みしたり
小さな復習をしたり
他のところでも押し付けがましくなってくる。


そのことを
相手も何となく感じるので不愉快で

それにつきあってもらえない場合は、離れてしまうこともあったりします。

それがあった上で一緒にいることもあるので
一概には言えないのですが

似たような相手と一緒にいるもので

“その人である理由”が、自分側にあるとも言えます。

この考え方を認めたくない人もいることでしょう。



でも
ここを否定したままでは
壁を超えられない。


認めた上で、「どうするのか?」を考えると
変化が起こってきます。

「何で私ばっかり・・・」にならないのです。

ここで、自己肯定感(自分が満たされていること)が大切になってきます。
自分がそれをできればいい、
相手が喜んでくれればそれでいい、で完了するのです。
あとは、相手が誰であれ、どうであれ、
自分がそれをやっていくだけです。


自分で自分を否定している場合、
相手の言葉を「自分を否定する言葉」として受けとることが多いです。

相手の思惑など関係なく
自分がそのように受け取ってしまうのです。
(つまり、相手を「悪者」として処理しやすい)

このカラクリに気づいてしまうと
必要以上に自分で自分を否定したり
相手の話をねじまげて聞いてしまったり
自分を傷つけたりすることが激減します。

相手の言葉を、自分の中で感情や都合を絡めることなく
そのまま聞くことができるようになるのです。

そうなれると

人間関係も変わってきます

悪意すら善意に受けとるようになれれば最強でしょう 笑)


現象も変わってくるので
自分自身も
ずいぶん楽になります。


(でも、人には様々な関係性があるので、そうならなくてもいいのですが。どんな関係性をお好みか、ということですね 笑)

居心地のいい人と寄り集まるものなので。


そして、「居心地いい」にもいろいろあって、
本当に幸せだな〜と思える居心地の良さだったり、
一般的にはネガティブでも、
子どもの頃から馴染んだ心理的状況に自分を置きがちです。安心するから。



ここが、肯定的か否定的かで

ずいぶん生きづらさが変わってくるような気がします。


その中にいるときは
自分で気づかずにいることも多いのですが・・・


わたしたちには
「他者」がいます。



自分を映してくれる他者が。


ギャップを見せてくれることで

本当に自分が求めているものに気づかせてくれることがあります。


何だかうまくいかない・・・

というときは
本当の自分の心の奥の奥を覗いてみるといいかもしれない。


口で言っていることとは全然違うことを思っていることもたくさんあります・・・


現実に働くのは、奥の方。


誰かの言葉が刺さる。


そんなときは、

自分で自分を責めていないか
振り返ってみるといいでしょう。


だれかを責めてしまう。


そんなときは、

視野が狭くなり
何で私ばっかり・・・になっていないか
心を覗いてみるといいでしょう。


自分で自分を認められていれば

誰かの言葉が刺さるということはないし

相手の立場も正当に理解することができるので。


自己肯定感(自分を愛せていること・大切にできていること)は、こういった意味で

大切です。


自分で自分を立て直す力とも言えるし

何かあったときに自分で乗り越える力とも言える。


自分の人生に
自分で責任を持っているとも言える。

これさえあれば
どんな世界でも生きていける。


誰に頼らなくとも
自分で自分を
幸せにすることができるようになるのです。


little-girl-reading-912380__480.jpg





posted by Kaoru at 08:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

いつも見守られている

時々

目のような太陽を見ることがあります。


昨日の夕方も


見られていました(笑)



DSC_0703.JPG



覗いてるでしょ(笑)



夜には、星。

火星・木星・土星も肉眼で見えます。


今年の夏には、火星が15年ぶりに地球に大接近するようです。


ところが今、火星の模様が消失するほどの
火星観測史上最大級の砂嵐が発生しているのだそうです。


火星では度々砂嵐が観測され、珍しくもないことのようですが、ここまで大きい規模の砂嵐は、2007年以来、11年ぶりのことで、まだ成長を続けているのだそうです。

その砂嵐に、
NASAの探査車「オポチュニティ」が巻き込まれ、通信が途絶えているとのこと。

メリディアニ平原の「忍耐の谷」(Perseverance Valley)を探査中だったそうです。

オポチュニティは、太陽電池で動いており、
当初の設計寿命は約3か月と想定されていたにもかかわらず、もう15年間も働き続けているのだとか・・・



積極・攻撃の星で「忍耐」か・・・

自分が持っているエネルギーを自分で使わなければ外からやってくる、ということを考えると、ある意味、トラブルをよく起こす方が、自分で消化していることになるのだろうか(笑)
(私には合わないですが)


エネルギーは
抑圧されると

別の形をとって
思わぬところから現れる。

どんなことも
自分で招いている。


であれば

健全な形で使いきり
自分で指揮をとるほうがいい。



火星の砂嵐のように

魂も不安や恐怖、猜疑心などで曇ることがあります。

そのとき
光は遮られます。

でもそれも
成長の過程においては
不可欠なプロセスなのでしょう。
(セッティングしてるんだから 笑)


いずれにしても

どんな状況がきたとしても
善処することです。

たとえ
その時
対応しきれなくても

また次があります。

何度でもチャンスはある。

逆に言えば、クリアするまで
練習させられる(笑)

いつもエネルギーは届いている。

わたしたちは見守られている。


どんなことも
受けとめきれるような

懐のデカい人になりたいものです。
(いや、身長はデカいんですけどね・・・笑)




posted by Kaoru at 12:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

たから探しみたいに

人生の中で

どうしようもなく

鍛えられるときがあって


どのタイミングでそれが
現れるのかは、それぞれだけど


そんな時は


なぜか

どことも誰とも繋がらなくて


周りからの言葉にも

反発して
反抗して

受け入れられずに


孤独になるときがある。


そんなときには

どんな言葉も救いにはならなくて




でも
そんなときほど
魂は磨かれて


魂が
味わいたい

孤独や
悲しみや
不安や
恐れがあって


そのために
自分で癒しの言葉を
反発や不快感、違和感などで
排除していることがある。


それは

純粋に
自分の感情、感覚、思考を

味わいきって
課題を完了させなさいという
天からの思し召し。


あなたにとっての真実(こたえ)がある(出る)ということに
他ならず

自分に乗り越えられる力があるということに他ならない。


渦中にいるときは

苦しいと感じたり
つらいと感じたり
もだえるほどに
フラストレーションを抱えているように
思えるかもしれないけれど


自分の人生なので
受け容れるほかなく


どことも繋がらないときは
自分で考える(なんとかする)ほかなく


それでも
「自分で引き受ける」と決めると
自分は変わる。

状況も
あとからついてくるように変わってくる。


反対側の体験を
根こそぎ
ひっさげて

それを光に変えるんだ。

自分を救うんだ。



洞窟の中は

見えないから怖い。

不安になる。


中に飛び込んで
あかりを照らしながら確認して
自分で地図をつくり
知り尽くしてしまえば
気が済む。

穴は穴として
そこにあっても
気にならなくなる。

知りきっていないから
気になり続ける。

“なぜだか気になる”ときは
見つけるチャンス。

ザワつく感情が教えてくれている。

そこにある、と。

本当は自分は何を感じているのか
本当に求めているのはなんなのか



なぜ、
こんなにも気になり続けるのか。


課題を完了させよう。

新しく自分で書き換えてもいい。


diary-3299128__480.jpg





posted by Kaoru at 12:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

ホタルとイチゴ

キレイな鳥の声・・・

なんという鳥だろう。


裏は山。
奥行きがあるので
声が反響して
何とも言えない
澄んだ声に聞こえます。



今日は
蛍を待っています。


DSC_0707.JPG
絶えたと思っていたのに(T_T) ウチのゲンジさん。

少し増えています

ある年、
大量発生したときがありました。

敷地内いっぱい、いや、外にあふれるほどで、
家の前の杉はクリスマスツリーのようでした

また、見てみたいな。
ホタルのツリー。


良かった良かった、と空を見上げたら。

今日は、何だか月が赤く見えるな〜・・・


そう言えば、
今ごろの月って、ローズムーンって言うんじゃなかった?


調べてみたら、やっぱり、ストロベリームーンと(ローズムーンとも)呼ばれる、夏至の頃に見える月でした


『6月の満月』の俗称なので、正確には、3日後の28日の満月(山羊座13:54)ですが(*^_^*)

夏至は、もっとも昼が長くなり、太陽がもっとも高い位置にくる日ですね。

逆に、反対側にある月は、一年でもっとも低い位置となり、

夕陽が赤いのと同じ理由で
月も、一年のうちもっとも赤く見えるのです。


一年に一度しか見れないので、この特別な月にジンクスがあるのもうなずけます。
ストロベリームーンを見ると「幸運に恵まれる」とも言われているそうです(*^_^*)


他にも、
「好きな人と一緒にストロベリームーンを見ると永遠に結ばれる」
「片想いの人は恋人になれる」
「今いない人は、素敵な恋人と出逢う」
と言われているようですよ(*´艸`*)

_20180625_204420.JPG
これは、今日の月。

3日後、見れるかな。



DSC_0716.JPG





posted by Kaoru at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

生きている間に

それは誰の喜び?

それは誰の望み?


誰のためのいのち?

人生?



心から求めているものは何?


枠や制限を外して

「自分」だけになったとき


どうしたい?


たくさんの
関係性もあるけれど


自分のいのちを

輝かせることを考えると

何がやりたいだろう?


まずは
自分を立てることを考えよう。


あなたの幸せが

みんなの幸せでもあるから。


魂の望みに添っているとき

それぞれが
自分に添うように生きるとき


実現する世界がある。


生きている間に
本当にやりたいと思っていることをやろう。


あなたが
もっとも大切にしているものは何だろうか?



chrysanthemum-1332994__480.jpg





posted by Kaoru at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

瞑想は引き寄せる

以前にも
似たようなことをアップしてましたが


やはり。

瞑想は引き寄せる



でも
この頃、おもう。


瞑想の瞬間だけではなく

日々の生きる姿勢
心の持ち方

自分に
誰かに

心を尽くせるか

自分の仕事に
愛と誇りはあるか


豊かさを
愛を

誰かに
手渡しているか



誰にでも
成長の段階はある。


初めの始めは

自分を赦し
そのままを受け容れるところから


自分を育てたあとは

自分を活かし
誰かと関わる

相手を受け容れ
相手をも活かし
調和する

そして
それは
果てしなく広がり


与えられるかどうか。


与えても涸れないほどに
自分を満たせているかどうか。


そこに
光が通り
いのちを吹き込まれ


自分の中で目覚めたものは

自分と他者
周りへと


広がっていく。



エネルギーは
膨らんでいく。


そうなると
ただ
自分をクリアにフラットに保ち

ピュアな運び手となって
存在するだけ。



だけど
どの段階でも

その時々で
ちゃんと起こることは起こっていて


それぞれに
どう対応するのか。


結局
やっぱり
たどり着くのは
どう在るかによって
その先も違ってくるということで


すべてが
バランスして
「今」に集約されているということで。


そこに
どんな「心」を込めるかで

場のエネルギーが決まる。


引き寄せて

その先どうするのか?


いつでも
「場」を創るのは

心。

自分の器。


どうしたいのか?
どうするのか?
が問われている。


あなたが
表現したいのは

どんな世界だろうか?

なりたいのは
どんな自分だろうか?


badesalz-3006767__480.jpg





あまりの大雪で
心が折れてから
開催していない『Grace』(笑)


秋から再開しようかな・・・




posted by Kaoru at 19:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする