2017年05月07日

孤独は孤独じゃないことを教えてくれている

あなたがもし



孤独に震えているのなら


多くの仲間がこの先に待っていることでしょう。

「待っている」のは

あなたではなく
仲間の方なので

あなたの方からその世界へと行こう




寂しさを感じているのならば

絆を求めて

ソウルファミリーの元へと向かうタイミングが来ています。


まずは
ご縁があったところから

あたたかい絆を築いていこう。

心をこめて
思いやりを持って

人とふれあおう。
心を通わせよう。


そのために

あえて
孤独感が与えられることがあります。


寂しさを感じるときは

絆を築くことができる準備ができたと教えてもらっています。


自分の至らなさ
を感じることもあると思います。

でもだからこそ
それを埋めようと
克服しようと

励む


一見
後ろ向きな考えに思えても
実はちゃんと前を向いていて

進んでいる。


ホロリと
つかえがとれて
歩けるときが来る。



posted by Kaoru at 07:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

5月の満月

5月11日 6:42 蠍座の満月です。

この日の満月は
特に天界からのエネルギーが降り注ぐ特別な日のようで

世界中で(日本でも)満月の祈りの儀式が行われているのだそうです。


ウェーサーカ祭(仏教系のお祭のようです)もこの5月の満月に行われるのだとか。
チベット、タイ、スリランカなど、アジア各地で行われているようです。

ヒマラヤの北東、キルギスの南西1000kmの所にはウエサク渓谷という所があって、ここでもウエサク祭が行われています。ウエサク祭はそもそもこの渓谷で行われるようになったことから、その名がついたと言われています。

ウエサク渓谷では、過去何世紀にも溯って毎年5月の満月の夜、同渓谷でウエサク祭が行われてきたことが確認されているのだそうです。

伝承ではこの満月の夜、ウエサク渓谷には釈迦如来(ブッタ)が天上界から降臨し、祭に臨席するのだとか。
(ブッダの誕生・悟り・入滅が同じ月の同じ日にあったとされている伝承もあるそうです)


実は日本でも古来から、京都の鞍馬寺で5月の満月に「ウエサク祭」を行っています。

このお寺の説明では、5月の満月には天界と地上の間に通路が開け、ひときわ強いエネルギーがふりそそがれ、この夕、満月に清水を捧げ心のともし灯を輝かせつつ、ふりそそがれる神秘的なお力を身に受けて、自分とすべてのものの「めざめ」のため熱い祈りを捧げるというのが、光と水と聖音の祭典「五月満月祭(ウエサク祭)」という祭なのだそう。

祭典は三部に分かれ、第一部は「きよめ」の祈りで、祭典に集う人々は、まず自己と場の清浄のために魔王尊を讃仰するのだそうです。
月が天頂に近づく頃、ひとりひとりが持つ純粋無垢な心の象徴の「心のともし灯」に灯が点されます。
祭場がともし灯に埋まると、銀碗に清水を満たし月に祈りを捧げます。
次にともし灯を高く掲げて、真実に生きぬくための強い力を与え給えと「お力の宝棒」の加持を受け、月光のふりそそがれた明水をわかち頂き、慈愛のみ恵みを心に満たす・・・

そして第二部では、月光を受けながら大地に腰をおろし静かに「はげみ」の瞑想を行い、夜明けの近い第三部には、智慧の光を輝かせ真実に生きることへの「めざめ」を象徴する聖火が天を衝いて上がる。

最後に全員で「心の書」を唱え魂の夜明けを迎える。


鞍馬寺の本尊は「魔王尊」とされます。
魔王尊とは、実は「サナート・クマラ」のことであるようです。
サナート・クマラは、何百万年という大昔から、人類の進化を見守り続けてきた、「地球霊王」「惑星ロゴス」とも讃えられる存在なのだそうです。

サナート・クマラは、金星で修業を積み、ネガティブな感情を手放してアセンションしたマスターとされ、地球のハイアーセルフのような存在だとも言われています。
650万年前頃に、人類救済のために金星からやってきて鞍馬山に鎮まったと伝わっているようです。
最初に降り立ったのが鞍馬山(クマラ山)とされており、同山は当時、地球上でも特に強力なパワースポット(ボルテックス)だったそうです。

今から150万年ほど前、ゴビ砂漠上空のエーテル界層にある「シャンバラ」に拠点を移すまで、100万年もの間、鞍馬山周辺が当時の「(霊的な)世界政府」だったという話も。

サナート・クマラは、新しいキリストの光線(神性)を地球にもたらし、地球にシャンバラ(チベット語で「幸せの源に守られた」という意味の楽園のこと)を創るサポートをしているのだそうです。

また、1998年をもって、サナート・クマラは金星に戻り、ブッダがその役目を引き継いだという情報もあります。それに伴って、それまでの「東洋は精神性」「西洋は物質性」という従前の役割が逆転し、シャンバラも米合衆国のある場所に移ったと言われているのだそうです。

なんだか
話が思いもしないところに来ましたが(^_^;)


古い時代からずっと、今では世界中で祈りの儀式は続いていたのですね。
しかも、満月の夜に。


天界と地上の間に通路が開け、ひときわ強いエネルギーがすべての存在にふりそそがれると言われている5月の満月。


静かな祈りの時間をつくってみませんか。

現代社会は
情報に溢れ
何が正しいか何が間違っているのかを判断するのは難しい。
正しいとされていることさえ
時代が変われば違っていたということになることもある。
人によっても
何を信じるか、どんな考えを採用するかは違う。

でも
平和を祈る、穏やかな心でいる、それはとても素晴らしいことだと思うのです。





posted by Kaoru at 08:35| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

いちごは「姫」が似合う(笑)

イチゴ狩りに来ました〜゜+。(*′∇`)。+゜

DSC_0522.JPG
越後姫

IMG_4642.JPG


IMG_4648.JPG

摘みたてはおいしい


あまーい!
ジューシー!
香りがいい!!
おいしーい(>_<)!!

ふたかご
あっという間に完食です(笑)


いちごのジェラートも
おいしかったです。

イチゴはビタミンCたっぷりで身体にいいし
見てもかわいいし、楽しい


また
イチゴ狩りしよう




posted by Kaoru at 16:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

こころをこめて

いいお天気でした╰(*´︶`*)╯

甥っ子が遊びに来たので

お庭でピクニックごっこ(笑)

手巻き寿司だー( *´ο`*)

明日がこどもの日だけど
明日はいちにちおでかけするので
1日はやいけど
おうちでこどもの日のランチ

朝から
オバチャンは
はりきって準備しましたよ(笑)

外で食べるごはんはおいしいね(*^_^*)


デザートのあと
ふたりでちょっとゴロンと寝転がってみた。

あたたかくて
風がやわらかくて

とっても心地いい。

空がキレイで
小鳥が澄んだ声で鳴いていて

お花がたくさん咲いてる。


いい季節だー(*˘︶˘*).。.:*♡


そのあとは
まったり温泉へ゜+。(*′∇`)。+゜

ラッキーなことに
他に誰もいなくて
貸し切り状態でした


キミとの時間が何よりも幸せです。
笑った顔が見たくて
ついはりきっちゃいます。

喜んでくれると
私もとっても嬉しい( ´艸`)

幸せな1日をありがとう




posted by Kaoru at 22:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

尊重するということ

自分の足で立てるようになるために

何ができるだろう?


本当の自分で
はっきりと自分自身に目醒めた状態で
この世界で生きていくために

どんなお手伝いができるだろう?


本当のサポートとは

本来の自分のエネルギーで
自分の人生を生きていけるようにすること、だと思う。


それぞれが
それぞれのいのちを生きているので

たとえどんなに愛する存在でも

代わりに生きることなどできない。
自分が相手のストーリーの中に入り込んで
書き換えることなどできない。

「自分以外」は登場人物に過ぎなくて
自分の人生を生きるのは自分。

たとえ
相手のストーリーの中に入り込んで
書き換えたように思えるようなことがあったとしても

それは
相手のストーリーに登場して関わる設定だっただけ


自分の魂が決めた道を行くために。


いち登場人物にできることは
自分の在り方を通して

生命を輝かせて生きる方法があるのだと引き出すこと


「わたし以外」である「自分」を通して
相手に「わたし」とは誰か、を思い出してもらうこと


これまでとは違った意識で

本当の自分を見ることができるように
本当の相手を見ることができるように


その距離感で
その関係性の中で

自分はどういう人間でありたいのかを知ること

あらゆる事象があるこの世界で
起こることを通して

自分はどうありたいのか

相手にとってどんな存在でありたいのか

自分の世界では
自分が望むものしか映せない

相手が見る世界の中に
自分が入ることなどできない。


自分が入り込んで
相手の世界を変えることなどできない。


自分もまた
相手を映すのみ。


でも
その世界の中で

自分がどういう存在であるかを自分が決めることはできる

そして
ただ

自分がどう生きるのか


それこそが
「わたし」を表現していること

世界に向かって「わたし!」だと言っていること


「わたし」はここにいる!
初めからここに在ったという意思表示


「わたしそのもの」は
「自分がどう生きるのか」の中にあった




尊重するということは
本当の相手そのままでいてもらうということ。

相手に自分で気づいてもらうこと

相手そのものもまた
相手がどう生きるかの中に存在しているのだから



あなたが相手を尊重すれば
相手は現れる。

そのままの姿で。
本当の自分を思い出した状態で。





posted by Kaoru at 23:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

自分になる

自分になる

これはやりたいことをやりたいようにやる


と同じ言葉で


望む自分に
あらゆる手を尽くして

近づいていけばいい。



自分であることに違和感を感じるのならば
そのギャップをなくすために
何ができるだろう?

望めば
舞台は用意される。


その舞台に立つために
どんな自分がふさわしいだろう?

その舞台に立っているときの自分に
必要なものは何だろう?


今から少しずつ
できる範囲で

揃えていこう。


いつかのそのときのために。


大丈夫。

そのために必要なことは
これまでにも集めてきている。

そうとは知らずに
触れてきている。

これまで集めてきたものをヒントに

未来の自分を想像してみよう。


どんなことに役立つツールを持っているのか。



想像できなくでも

「やりたいこと」に素直でいれば

必ず道の上にいることになる。





posted by Kaoru at 08:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

新しく生まれ変わる

魂からの再生が促されています。
不具合の修正、人生の軌道修正、調整、刷新、組み替え、方法を改めて

新しい人生を。


そこに、同一の目的に向かって励む人とのご縁がある。
善のエネルギーに満ち、欲少なく大志ゆたかな、励む人々が。

感情が大きく揺さぶられることがあると思います。
激しく落ち込むようなことがあるかもしれません。

しかし、それは、今だけ。

その痛みこそが
壁を突破するための起爆剤。


自分の奢りを砕き
脱皮して新しく生まれ変わるための
最初のひびわれ。


失った自信のなさも
感じた恥ずかしさも

優しく人を包むために必要な
あたたかい毛布を手に入れたようなもの。


まずは
あなたの中で壊れたものがあるのならば
手に入れたあたたかさで
その傷を癒してあげて。


その傷から
新しいいのちが生まれるのだと信じてね。


あなたの本質は美しい。
なにものにも代えがたいもの。

それが、今、これまでの姿を変えて、生まれ変わろうとしている。


それは大きくて
うみだすには
痛みを伴うかもしれない・・・


でも


生まれ変わった魂は

より多くを包み込むことができるようになる。




あなた自身がより自由に生きるための
孵化。





posted by Kaoru at 23:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

自分が感じているものがストーリーの展開を変える

ひとつの事柄は

体験する人によって

違うものになる

それが心地よいものと感じる人もいれば
不快に感じる人もいる
あるいは
それに全く反応しない人もいて


なぜ
反応する自分がいるのか?
というと

そういう設計だから
とも
そんなふうに育ったから
とも
勝手に自分がそう思い込んでいるから
とも
言えて


自分の長所・短所を知ると
どんなところで
誤解を生じやすく(与えやすく)
どんなふうにすれ違うのか
など、これまで無意識でいたことにも意識的になれると
いろんな角度から自分が見えてきます。


自分の思いとは全く違うところで
人にどう見られているか(思われているか)にふと気づいたり

価値観の「ズレ」に気づいたり
(まったく違うことを感じているな、とわかったり)
(自分ではいいと思っていたことでも、相手によっては逆効果だったとわかったり)


その「ズレ」から
居心地の悪い感覚を得たり

誤解しあったまま
悲しいことになったり

いろいろあるけれど


それらをポジティブにクリアするためには

やはり

なにごとも「悪い方に受け取らない」

という対処法は美しいものであると思う。


なにごとも「良いほうに受けとる」
感謝の心で受けとる


これは最強の透明感。



勝手にストーリーを(悪い方に)組み立てて
勝手に悪意あるものとして受けとれば

相手の「思いやり」さえ

自分には届かない。
(自分で溝に捨てているようなもの)


たとえ
それが「悪意」として放たれたものでも
こちらが悪意として受け取らなければ

それは行き場を失って状態は「クリア」になる。

「悪意として受け取った」ことは
自分が思っているよりも
相手に伝わるもので
それは「不快」の種になってしまう。


誰かにとって何でもないことでも
自分にとって大問題になることもある。


それは
ある出来事を、事柄を
どのように受けとるか(感じやすいか)という自分がいるだけで

自分がどう反応するかで
その先のストーリーに影響する。

だとすれば

その先のストーリーを
よりよいものにするために



クリアにすること
つまり
なにごともいいほうに受けとる
ポジティブに受けとる、対応する、善処する、信じる
などして、そこに「問題」をつくらないこと



最善の方法なのかな
と思う。


相手は善かれと思って
言ってくれていることかもしれない。
好意的に言ってくれていることなのかもしれない。

実際、言っている(伝えている)のだから
敢えて相手を嫌な気分にさせようとして言っているわけではないのだろう。

自分だったらどうか?
わざわざ相手を嫌な気分にさせようと思って発言しているだろうか?


善かれと思って言っていても
相手には
そのように届かないことも往々にしてあることで。


そんな悲しい誤解や「ズレ」を解消するには


やはり
いいほうに受けとる
言ってくれて(教えてくれて)ありがとうと感謝する

あるいは
あっけらかんと
サッパリと、でもいいかもしれない



とにかく
そこに「負の感情」をくっつけないこと
自分を卑下しないこと


さわやかに対話する

何もない心で


よし
もう一度チャレンジだ。

失敗に気づいたら
たてなおせる。


まっさらな心で目で相手を見つめて

ありがとうを、いっぱいに心に湛えて

相手のすべてを好意的に受け入れて

もう一度向き合ってみよう。


その先のストーリーを、変えたいから。




posted by Kaoru at 23:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

つながる

なんだかどんどんラッシュのように
素敵なところと繋がって・・・

選べない私です(笑)


でも、ちょっとクールダウンする時間をもうけます。

それでだいぶ絞られます。

あとは、自然にご縁が生じるのを待つ。

あるいは、試せるものは、試す。


反応を見ながら
進退、選択を決めます。


たま〜に

迷いもせずに決めている

そんなときもありますが(笑)


でも
総じて
どんな体験も自分を豊かにしてくれる。

どこかしらに
新しい発見がある。


だから
どんどんやってみる。

やれる範囲で。


自分には学びが足りない
そんな思いは

謙虚に学ぶ姿勢を与えてくれる。


だから、結果的にそれもプラスポイント。



「つながる」は
思いもしないところに運ばれる時があります。


「今」ではなくても
いつか今つながったことが


役に立つことがあります。




posted by Kaoru at 19:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

空を見上げて

DSC_0523.JPG



つらいときほど
空を見上げて

・・・と言いたいところだけど

膝を抱えて泣いてもいいよね・・・


そんな日があっても
いいよね


泣きたいのを我慢するより
大泣きしたほうが
心が楽になることもあるから。


何でも
思いっきりやってみると
それで気がすむから


で、また涙をふいて前を見て歩くしかないと知るんだ。




posted by Kaoru at 22:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする