2019年01月07日

決める力の大きさ

「決める」と

その覚悟は
必要なところに伝わり

協力者があらわれる。


自分の実行力がもっとも
強い力ですが


協力者とのご縁(つまり、運)の力も大きい。


自分が抱く

○○だから△△したい


という志は

同じ周波数を持つ人との繋がりをつくってくれる。


ひとりではないと
感じさせてくれる。


自分に「器」ができたとき

そこに入るものが決まる。


器を大きくしていくことは、可能。


成長に応じて
起こることも変わってくる。



起こったことに
どのように対応していくのか。


それが器を大きくしていく



目の前のことに
善処できれば

どこでもやっていける人になっていく。
どこへでも行ける。



fork-in-the-road-585348__480.jpg





posted by Kaoru at 11:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

求める者から与える者へ

周りに求めるだけで

期待するだけで


過剰なその欲求があった頃は

誰も愛せず
愛されず
(愛されてはいたけれど、自分には見えず)


孤独で苦しかった



でも

自分の人生を
自分の思うように使うようになって

少しずつ信念も見えてきて
形になってきて

自分から
アクションを起こして

何も期待せずに(つまり、自分の人生を自分のものとして引き受ける)
やれることをやるようになって

ようやく
見えてきたものがある。


ちゃんと
愛は循環している

ってこと。


それは


まず自分が
愛の流れそのものにならないと見えないものかもしれない。


まずは

「飢餓状態」にあると知ること

それを
少しずつでもいいから

埋めていくこと。


気をつけないといけないのは

「欲しい欲しい」は
同じように「欲しい欲しい」人を呼んでしまうということ。


それは
あまりオススメできない・・・

なぜなら
幸せにはなれなかったから。


「愛の奪い合い」
なすりあい
責任転嫁しまくり
なじり合い

が止まらなかったからです(;´д`)

(欲しい欲しいもの同士だからね💦)



その負のスパイラルから抜けるには

やはり
自分が変わるしかない。


与える側へと。

あふれる側へと。

あふれるもの同士なら
感謝に満ちた世界にするのも夢ではない。


でも
難しいのは

「ない」と思い込んでいる者にとって
「与える」ことはとても苦しいことだということ。

「ないものはあげられない」、
やってもやっても報われない(と思い込んでいる)から。

だから
なかなかアクションに繋がらない。
(与える側にまわれない)


でもこの「ない(飢餓状態)」「報われない」にも
罠があって

自分の思う愛の形しか
受け取れていない
ということ。

「認められたい」過剰な期待があるため、自分の期待値を埋める反応を求めていること。
それが返って来ないと、自分に重要感を持たせられないこと。
おおげさに大切に扱われないと不機嫌になったりすること。
・・・などなど


そのため、
あふれる者から
「ない」と思っている者に与えることも難しい。

あげても
あげても
「ない認定」されるから。


自分のところに来ている「愛の形」は
いろいろあって


自分を満たしていくには

まず
そのひとつひとつに
自分が気づくことから始まります。


自分目線から

少し他者目線になること
とも言えます。

それが無理だというのなら

何でも
いい方に信じる
心の強さを鍛えていくことです。


相手を気遣う
目線を持つことです。


いま
大きな振り分けが起きている領域は
「大人の対応」ができるかどうかです。


こどもじみた感情的な表現のおしつけは
うまくはいかないでしょう。

バッサリ削がれて終わりです。

監視や糾弾、制限が
きつく感じられるかもしれませんが

それは
周りからの目線を意識した
冷静な客観力を養うため。
(つまり大人になるため 笑)


社会のために
自分をどのように使うのか。

どのような自分で在るのか。


広い社会の中で
自分の存在感を確かめるため。

そして
在り方を洗練させるため。


自分で自分の人生の責任を負い
自分の魂の役割を遂行するため。

社会の役に立つ
自分を創るため。


このように書くと
重たく感じられるかもしれませんが


少し他者目線になること

相手を気遣うことを意識して


今の自分にできることを
できる範囲でやることです。

心を尽くすこと
とも言えます。

それをやってこそ
自分の思う「反応」が返ってくるようになります。


愛し愛される世界に行くためには

そこに
自分を寄せていくことが大切なのです。

その努力だけは
必要なのです。



floral-arrangement-453709__480.jpg





posted by Kaoru at 10:30| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

道標は目の前にある

どんなに反対されても
止められても

やりたいことに気づいた魂は
止まることができない。


やりたいと思うことを続けるだけ。
その中で、ご縁のあったものを大切にしていく。
それが拡大の始まり。


大切なのは

自分にとっての「核心」(信念・覚悟)と
明るい見通し(希望)と
実行力(継続力とも言える)


自分の人生の中で
何を大切にしたいのか?


それが決まれば

どのように生きるかが決まる。

何をすればいいのかが決まる。


あとは
そのエネルギーを少しずつ広げて

大切なものを大切にしていく。
自分にご縁のあったもの
自分をとりまく世界を
そのまま大切にしていく。



その上質な波動の中に



奇蹟はあらわれる。



water-20044__480.jpg





posted by Kaoru at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

好きなものを分け合うことの喜び

若いご夫婦がやっていらっしゃるのですが(多分)

おいしくて
おいしくて

ドはまり中です(笑)


_20181227_173657.JPG



昨年クリスマスころには

あちこちに配り

結局
全部で50個くらい買ったでしょうか(笑)


塩からあげなのですが

揚げたてが
おいしくて
おいしくて(*≧∀≦*)


絶妙な塩塩梅と

カリッじゅわの食感。


びりけんや
長岡市台町1-8-22


一度食べたら
また食べたくなりますよ〜



大阪出身のご主人。

たこやきもあります

他、長岡野菜を使ったお弁当やお惣菜もあります。


からあげも、スパイシーや中華風と、バリエーション豊か(*^_^*)


でもねぇ


やっぱり
塩からあげなの〜



差し上げた方からも
いまだに
「おいしかったねぇ」
「うまかった〜
「黙々とガッツいた」(笑)
の声をいただいております(*^_^*)

私も嬉しい(*´艸`*)

喜びが喜びを生み
繋がっていきます

豊かな気分を味わわせていただき
感謝です



new-years-eve-3036577__480.jpg





posted by Kaoru at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

最後の砦を開くのはあなたの想い(決意)

起こったことを

良い悪いと評価するのではなく


そのまま受けとめてみよう。

そのようになったことには
意味があるのだと

受けとめてみよう。


一見
不運や良くないことのように
見えるかもしれない。


でも
勇気を出して
受けとめてみると


次への扉が開くから。



それは
とても
勇気が要る。


でも
潔く飛び出してみると


思わぬ風が吹いて

本当の幸せへと

導かれる。



それも
決して
安易ではないかもしれない。



でも
あきらめないで。

その旅の先には


あなたが求めるものが
待っている。



あなたが

ずっと
ずっと

大切に守ってきたものが


待っている。


ice-crystal-2871068__480.jpg





posted by Kaoru at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月02日

魂の輝きは必ず生まれる

魂は知っている



やろうと思っていることを

知っていて

そしてやろうとする。


そのときがくれば

衝動は大きくなって
スイッチが入ったかのように

そちらへと
走り出す。


もともと
持っている輝きは

消えることはなく

照らすべきところを
照らし


光を増して行く。



その光は

自分がいるべき場所へと導いてくれる。



光を大きくするには


自分にできることを
心をこめてやっていくこと。


それが
たとえ
自分の本意でないところにいるように
感じられても

自分の最善を尽くすこと。


出発点は


「今ここ」からだから。



「今」に込めたエネルギーが
未来を創っていくから。



それがたまると
あるとき

あふれて

次のステージへと
連れていってくれる。


そうして
今ある自分がふさわしいところへと
導かれる。



あなたには
ちゃんと
行き着くところが待っている。


snow-2910676__480.jpg





posted by Kaoru at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

2019年 新年のごあいさつ

new-years-eve-3882231__480.jpg



謹んで新春のお慶びを申し上げます
本年もよろしくお願いいたします


旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。


どのような歳をお迎えでしょうか。



節目節目で行う行事には
絆を深める役割もあるような気がします。


お正月の準備は
家族の幸せを願う
儀式のようです。


また
新たな気持ちで
新しい未来を受けとるための
儀式のようにも感じます。


それらの「儀式」を通じて

自分にとっての
素晴らしい未来を迎えると決める。


気持ちを確かなものにするための

儀式でもありそうです。



素晴らしい歳でありますよう

お祈りしております。



happy-year-3848864__480.jpg





posted by Kaoru at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

懸命に

なにごとも
一生懸命な姿は美しい。


偏見をも打ち砕く。


それを本気でやっているのだとちゃんと伝わる。


「一生懸命」に応えるのもまた
同じ熱量がいる。


本気には
本気度が試されるのだ。


そこに「魂」はあるのか、と。



応えるも
応えないも

自由。


ただ、自分がどこを目指すか?
それだけなのだ。


それぞれの段階には
それぞれの景色が広がっている。


どこを目指してもいい。

どの段階で
チャンスをつかんでもいい。


自分のペースで
自分にとっての
素敵な世界を目指そう。


new-years-eve-1040633__480.jpg





posted by Kaoru at 10:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

可能性を広げるのも自分の在り方次第

年末の天気、大荒れの予報が

あまり風も雪も大したことなく

むしろ晴れていて

大掃除やお買い物がスムーズにできました(*^_^*)


今年のことは今年のうちに

今日のことは今日のうちに



そのとき
そのときで


完了させる


そして感謝で終わると

(つまり、自分にできる範囲で、やりきる、生ききるということです)



次へがスムーズです。

それも、素晴らしい次が。



今日も晴れ


あと1日。


今日もありがとう。

素敵な時間をありがとう。


明日もありがとう。



毎日を大切にすればするほど

日々が愛しくなるし

喜ばしいことがある。

だから
自然に感謝の気持ちで終わる。


どんなときも

自分の在り方
今を決めるのだと実感しています。



今日も楽しもう


lucky-guy-3888732__480.jpg





posted by Kaoru at 09:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

自分から遠ざかる

ポジティブな気持ちを持ちやすい人

ネガティブな気持ちを持ちやすい人


どんなに
ポジティブになろうと言っても

そうはなれない人もいます。

そのようなデザインだったりします。
(ネガティブを体験するのが必要な時期だったり)

設計図がそうならば
「そうなれない」が自分のデザインなのだから

「なろうとする」のは、なれない人にとっては「不自然」だということになります。


むりやりなろうとするのではなく

なれない自分なのだと知ること。

そういう自分がいいや。と認めてあげること。

ネガティブにすぐに意識が行ってしまうのは
リスク回避に役立ちます。

そこからどのように立ち直れるかということに
とてつもないエネルギーを発揮することもあります。

常から
そのようなことを無意識のうちに考えているからです。

だから、
ネガティブが落ち着く人は
ポジティブが落ち着かなかったりします。

でも
それでもいいのです。


ネガティブにも
ちゃんと意味はあるから。

役に立つこともあるから。



そうなれないことに苦しんでいたり
そのことを悪いこととして否定していると

ずっと自分を否定し続けることができずに(苦しいから)

それぞれの立場から
そうでない人を否定するようになる。

ポジティブな人は、ネガティブな人を。
ネガティブな人は、ポジティブな人を。


でもこのままでは
あまり建設的ではなく(笑)


そうである自分を受け容れると

いたずらに
相手を批判・否定することがなくなります。

相手を否定することで自分を守る必要がないからです。


それだけでも
エネルギーの捻れは解消されます。


自分を受け容れることができると

相手を受け容れることもできるようになります。


自分を弱いと知っている人は
相手の弱さを否定することができません。

それは自分の弱さを責めることになるからです。


相手を非難することができる人は

自分を受け容れられていないのかもしれません。

自分だけは違う(できている)と思っているのかも・・・



自分を完全ではないと知ることが完全なのだけど(笑)


どちらが
自分は幸せだろう?

みんなは幸せだろう?


誰に何を言わなくても

「自分が自分であるだけ」で


自然に周りの人にも
「自然体」を教えることになるのです。


弱さを見せても
それは決してカッコ悪いことなのではないと。


そのようにしかできない
つい、そうしてしまう
ことは

そういう性格なのだと
(そのような成長過程にあるのだと)

受け容れてしまおう。


それでも
どうしても
それをなおしたいのであれば

「またやっちゃった」と
気づくたびに、気をつけよう。

それくらいでいい。


むりやり抑え込んで
自分から遠ざかるのは

苦しいし
悲しいから。

それでも
その時々で

頭ではわかっていても
そのようにしかできないのは


自分の過去を振り返ると・・・
「そのことにも意味があった」としか言えないかな・・・



あなたは
どんな答えを出すのだろうか。


あなたには
それが真実。

そして
それは変化してもいい。
しなくてもいい。

成長するたびに
見える景色は違ってくるから。


teddy-bear-2866435__480.jpg





posted by Kaoru at 07:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする