2017年06月06日

あたたかさに宿るもの

高い波動

それは

優しさ

思いやり

など


愛しい対象に向かって
あふれてくる思いのような
あたたかいもの


それを自分にも向けてあげよう


それが流れれば
そこに
自然に
癒しや奇跡が起こる土台はできあがる。




posted by Kaoru at 21:18| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

そのまま聴く

上司:「この書類、早くまわしてくれる?」
部下:「はい」


これだけの会話。

これだけの会話の中に
幾とおりもの解釈があると考えたことがあるだろうか?
(すみません、ヒマジンなんです 笑)


たとえば


上司:「この書類、早くまわしてくれる?」(今日は、会社にいるのが午前中だけで、午後から出張だから)
部下:「はい」(確か、今日は、午後から出張って言ってたな。じゃ、早く処理しなくちゃ)


この( )の中が
100人いれば100通り(^_^;)


他には


上司:「この書類、早くまわしてくれる?」(遅いな。もっとチャキチャキやれよ)
部下:「はい」(あ、忘れてた)


という場合や


上司:「この書類、早くまわしてくれる?」(クライアントが待ってる、急がなきゃ)
部下:「はい」(今、やろうと思ってたとこなのに。せっかちだな・・・)


という場合もあるかもしれない。



上司:「この書類、早くまわしてくれる?」(今日は、会社にいるのが午前中だけで、午後から出張だから)
部下:「はい」(はっΣ(゜Д゜|||) 私の仕事、遅かった?! わー、どうしよう、迷惑かけてしまったー!)


言う側が何も思ってなくても(自分の都合で言ってるだけでも)
受けとる側が事実以上に自分にダメ出しをしていたり


極端な話


上司:「この書類、早くまわしてくれる?」(今日は、会社にいるのが午前中だけで、午後から出張だから)
部下:「はい」(仕事ができないヤツ、と思われた! >_<)

勝手に否定された気分になっていたり
逆恨みに近いことを考えてみたり・・・などなど

自分の心についた癖で
こんなにも( )の中が複雑なことになってしまったりすることがある。

否定されて育ったり
ネガティブなことを言われ続けたり
自己評価が低いと
悪く受けとりがちで

いちいち気にする「めんどくさいやつ」(表現が悪いかしら)になってしまう(^_^;)
(そしたら優しい人はいちいちフォローしてくれるから、それもめんどくさいことにしてしまっている)


そのままで聴けば
なんでもない言葉を
(事務的会話で済ませられることを)

自分に対する愛のなさから
否定的に受け取っていると

その人にとっては

世の中はさぞ生きにくいところであろう。


だから
自分を愛する

つまり
自分で自分を認められている
ということは大切で

多少の悪意でも
跳ね返せるくらいに
自己肯定感が強いと
楽なのにね。


なんなら
どんな悪意でも
いいほうに解釈して
勝手に
「気が利く人だなぁ」とか
「優しい人だなぁ」とか
「ご親切に、教えてくれてありがとう」とか

思ってるくらいが

自分の世界は平和なのかもしれない
(解釈次第でいい人しかいなくなるから 笑)


( )の中は
往々にして
思い込みや刷り込みであることが多い。

相手の思惑とズレていることも多い。

その考え方のズレが
実際の関係性の中でも大きなズレをつくる。

だから
お人好しと言われても
オメデタイと言われても

いいほうに信じる方が

結局は

自分が生きるのが楽になるのだと思う。

いつのまにか
いい人だらけになるから(笑)


普段から
自分がどんな聴き方をしているのか
少し意識してみてもおもしろいかもしれません。

いかに
言葉にいろんな感情をくっつけて聴いているか
(同じように「起こったこと」にも自分の解釈をくっつけて見ているか)

笑っちゃうくらいに
思い込みがあるから。

そのまま聴く。
心の中がスッキリしている人は

言葉をそのまま聴いてくれます。
(あるいはいい方に)

そのまま聴けば何でもないことが
固有の感情がくっつくから複雑になって
時にケンカになったりもする。


自分が何かをくっつけて受け取っていると気づいたら

次は

何もくっつけずに
そのまま聴く練習をしてみましょう(*^_^*)

だんだん楽になってきますよ




posted by Kaoru at 13:00| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

そのままで完璧ということ

もっと、自然体に

もっと、悩みを少なくして

もっと、苦しまずに幸せになって

もっともっともっと

望みは空より高い(笑)



でも
これは実は自分へのダメだしと同じこと。


もっとこうならないといけない
もっとああなりたい

なんでならないの?!


どんなに
取り除こうとしても

どんなに
変わりたくても

どんなに
がんばっても


ダメなものはダメで
よいものはよくて

在るものはそう在り続ける。

それはもう
自分の一部として
受け入れるしかなくて

こうなりたいと望むのもOK
私はダメだと感じてもOK


どんな自分にもOK

悩むなと言われても悩むものは悩む
感じるなと言われても感じるものは感じる

それはもう
認めるしかなくて(笑)

悩ましいことも
ブレまくりの自分も
頑なな自分も
なにもかもふくめて自分なんだと
思えたら

大成功で


あとは
その自分で生きていくだけ。


どうしても、すぐ自分にダメだししちゃう・・・

それはそれでOK。

すぐにへこんじゃうし、すぐに人に影響されてグダグダになる・・・

それもOK。

だって、
どうしようもなくそうなってしまうってことは
それが自分てこと(個性の部分)。

それでOK。

そう受け止められれば課題クリア(笑)
自分で嫌だと思う部分も実は姿を変えて役に立ってくれているのだけれどね( ´艸`)


どんな自分でも

素敵なところはあるよ。


ない人なんていないよ。


だから、OKなの。



そういうふうに生まれついたのだから、それでいいの。
生まれついた自分でいいの。

それにはね、ふか〜いワケがあるから。

お互い、協力しあっているから。

完璧。

ちゃんと、つながるから。
完全なるキャスティングだから。

あがいても
ジタバタしても
OK。


もっと変わりたいと自然に望むのならば
変わるための努力を惜しまずに発揮してOK。

生きたいように生きるといい。

ベストタイミングで動いているもの。

もう、気にしても変わらないことを気にするのはやめて
(気にしてもいいけど 笑)
波に乗っていこう。

なりたい自分を目指しても目指さなくてもOK。

できる人はやるし、
やらない人はできない、それだけのこと。



食べ物にいろいろな効能があるように
人にも長所短所はあって
それは「多様な個性」なだけで
どんな自分になりたいかも多様でいい。

自然に生きているから
やれているから

悩むことがあるのもまた
その一部


イチゴにはイチゴにそなわっている栄養価があり、
イチゴのいちばんおいしい食べ方がある。

豚肉には豚肉にそなわっている栄養価があり、
豚肉のいろんなおいしい食べ方がある。


「いろんな」や「いちばん」を楽しんで

それぞれのままで。


それでいいの。




posted by Kaoru at 08:28| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

ひとつになればあふれる

事は自然に運んでいる

自然のいとなみは宇宙のリズム

そこに共鳴しているか
離れているか

それだけなので

自然・宇宙に同調するだけでいい


自然の一部になる
宇宙の波動に合わせる


そうすれば
本然のエネルギーは流れる


それが「自分らしく」に近づく方法のひとつでもある




posted by Kaoru at 16:15| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

豊かさの秘密はね

この世界は

豊かさに満ちあふれていて

誰でも
その豊かさに触れることができる

自分の意識次第で
それに気づけば

一瞬で

豊かになることは可能で

「私は幸せ(豊か)だ」
それが確かであればあるほど

自分の世界は豊かになっていく


それはどんな分野でも応用できて

うまくいくためには

「うまくいっている」

と思えていることが大切で


そう思って
リラックスできていると

自然にいろんなものが
「そのままの姿」で見えるようになって

うまくいっているんだから
うまくいかせようとする必要がないから
ほどよく力が抜けて
過剰なアピールや
神経質的な努力もいらなくて

残るのは
健全な努力で
そのままの自分で

自然にいろんなものが集まってくる


自分にとっても
「そのまま」でいいという意識が

あらゆる関係性を円滑にしてくれる

根本的に
「OK」で

その肯定的な目線は

他者に

自信と安心感をもたらすもので

他者にとっても
自分にとっても
思っている以上の力を(潜在的なもの)
を引き出してくれる

そうしているうち

幸せだと
豊かだと

思おうとしなくても

そうなれていて

それが当たり前になってくるので

どちらでもよくなってくる

(豊かだ幸せだと騒がなくなる 笑)


進化・向上の素はいつも

明るい夢や希望で


満足度が上がる度に

ポジティブ寄りにシフトできて

そのために必要な努力も
適切にできるようになっている。

注ぐべきところにエネルギーを注げるようになっている。


それぞれに

「うまくいくこと」は違っているけれど

それぞれにとっての
「豊かさとは?」

に沿って
心の状態を保っておくといいのかもしれない。

あなたにとっての

豊かさ・幸せとは?


それがわからなくても


「うまくいっている」
「私は愛されている」

このふたつがあれば大丈夫(*^_^*)




posted by Kaoru at 09:02| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

魂に聴け

魂に刻めるものだけが

あなたの人生をにぎっている。


魂が喜ばないものは

その時、刺激的でもすぐに飽きてしまう

それらは魂には必要がないから
高揚感がないのかも。


魂からの感受性(声)を磨く(聴く)と

自ずと
行き先が見えてきます。


感受性を磨くには

いろいろなことにチャレンジしてみて
何を感じるのか

実際に体験してみることです。

たくさんのものに触れてみる。

違いを感じているうちに、
「魂が喜んでいる」という感覚がわかると思います。




posted by Kaoru at 12:24| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

明るい見通しを持つことの大切さ

どんなに
絶望的な状況でも

どんなにパニックになろうと
腹立たしく思おうと
ジタバタしようと

(不安や悩みはほっとくとどんどん膨らんで、見えない影に怯える)



そんな状況下でも


心のどこかに
頭の片隅に


「なんとかなる」という

明るい見通しだけは

失わずにいよう

それが
艱難辛苦を
乗り越えるときのコツ


実際どうにかなるのです。




posted by Kaoru at 12:04| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

あなたが目指すところは・・・

誰かの言葉や
態度を通して

自分が浮かび上がってくる


それは相手のせいとかではなくて

その相手に
自分を映しているだけ

相手の言葉などに
反応している自分がいるだけ

弱いところをつつかれて
崩れるようなもの


自分の中の葛藤がなくなってくると


相手の言葉が

そのまま「相手の言葉」として入ってくるようになってきて
(自分に向かって変換されない)

自分の動揺がなくなる
(崩れなくなる)


穏やかな平和が
心の中に現れる


嵐は
「心の外」になる


平和は自分の中にあるし

その平和の中に入れたとき

静けさの中に

あらゆるものは
存在している


なぜか
そのスペースに
集まってくるものがある


あなたが得るべきは

この心の平和(静けさ・穏やかさ、スペース)。

そのままのあなた。

ついそうしてしまうこと。

誰に何を言われようと
淡々とやりたいこと、やれること。


その「スペース」から生まれてくるもの。


それが
あなたのすべてを叶えてくれる。




posted by Kaoru at 20:08| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

心を柔らかくして、頭をからっぽにして。

DSC_0508.JPG



今年の今月は
いつにもまして

嬉しいことがたくさんあって


いつの間にか

悲しいことも
辛いことも
苦しいことも

海の底で
静かに荒波が鎮まるのを待つようにして

乗り越えて

心の中に
希望が宿ってから

それがリアルになって


このタイミングで

どんどん目の前に現れて



やっぱり

確信は
はじめ、その姿はなくとも
善なるエネルギーのチャージによって


物質化する



魂を
ひたすら
ありがとうと
感謝と
喜びでいっぱいにすると

本当に
喜ばしいことにあふれて


なにも心配することなんてなかったと気づく


極論

現実で何があっても
心が幸せであり続けるならぱ

それは紛れもなく

「幸せ」で


幸せは心が決める


というのも本当で


いつでも
幸せに満ちることはできる

そう望めば


頬を優しくなでる風にも
愛しさを感じることのできる心があるならば




posted by Kaoru at 20:04| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

時間をかけて育てる

子どもの頃に
感じていた

自信のなさ

何を言っても
みんなの意見の方が正しいように聞こえて



今ならば
それぞれに違って当たり前

人は人、私は私

と言えるのだけれど




なぜか
そう思えずに

いつもいつも

自分の考えが間違っているような気がして

ひっこめてた。



ただの「個人的な感想」さえも

私には「否定」に聞こえて

とにかく
自己評価が低かった

(好き嫌いなんて、ホント、個人の感覚の問題だから、正否なんかないのに ^_^;)



でも

その自信のなさは
いつしか

自然に消えて
(ゼロではないけど ^_^;)


そういう意見もあるね



静かに思えるようになって


「自分が正しい」という
極端な主張よりは
私には
少し自信がないくらいが
ちょうどよかったと思えるようになって

(自信満々に誰かを否定するよりは、それも正しいよね、と引っ込めるくらいがちょうどいい、と思って)

どれもそれぞれに○

私は私、と受け入れられてからかな。
自分で自分を認められてから。

がんばってきたよね、って、○が出せてから。



どんなプレッシャーも困難も

自分を受け入れることで
劇的に変わって

誰とも何とも闘わずに
そのままの自分をそのまま認めるだけで

脅威に感じていた影は消えて


押し潰されそうな感覚も
影の方を見るからで

ひとたび
光(ありのままの自分・自分の良さ)の方を
見る(認める)ようになると

乗り越えられるものなのかもしれない。



影は実態がないだけに
大きくなっていくばかり

それ以上
力を与えるのはやめて
(不安を栄養に育てるのはやめて)

ひたすらに
光の種を育てよう


必ず輝かせることができるから


それを信じて

少しずつ歩いていこう




posted by Kaoru at 10:55| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする