2017年02月08日

足るを知る

自分に合うものは何か

自分にとっての最良は何なのか

心地いいと

嬉しいと

感動すると

感じるものは何なのか


本当に望んでいるものが
これまで思っていたものとは違うものだったと気づくかもしれない。

魂からの望みは


すべてを失ってなお

自分の中に残っている。

なくそうとしても、なくせなかったもの、それは?


それが魂からの望み。

魂からの望みには「形」がない


目に見えるものではないから

見つけにくい


でも
それは最初から最後まで
あなたの中にずっとあるもの



「私はこうだ」

これは枠をつくってしまうこと


「知る」ということは時に

限界を設けてしまうこと


何だかしらないけど
よくわからないけど

すべてを知ることなんてできない

この状態が「無限の可能性」と繋がっていることなのかもしれません。


「ある」とは「ない」ではないこと

「どこにもない」ことが「すべてにある」ということ

だから大切なことは「目に見えない」、「取り出せない」


だからこそ、誰の心の中にも
在り続けることができるもの。



「知った」瞬間に
消えてなくなるもの

「無限大」


でも

たとえ目に見えなくても
感じることはできますよね。


でも、つかまえられないもの。


「なんとなく」や

「うまく言えないけど」や

「直感!」なものは

そこに触れています。



「それ」は
永遠に説明なんかできないようになっているし
形にもできないようになっている。


「取り出した」瞬間
それは「嘘(? 適切な言葉が思い浮かばない・・・なかったこと? ないもの?)」になってしまう。


「知った」瞬間
できる「枠」。

「決めた」瞬間
できる「限界」。


この世界で
多くの存在と調和するためには
規律正しく
マナーやルールを守って生きることも求められるけど
(そういう世界なんだから順応して 笑)


心はどこまでも自由に

見えないものとひとつになって

軽やかに生きていこう




posted by Kaoru at 08:12| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

不思議だけど、ホントに。

たとえ八方塞がりに思えても

魂の望みに沿っているものに繋がる道はいつでも開かれている。


他のことはできなくても
抜け道のように
やるべきことはできるようになっていて

それこそがあなたが
今とりくむこと


だから
気落ちしないで

いろいろ試してみるといい

なぜか
スッとうまくいくことが見つかるかもしれないから

これはやる気が出ない、どうも腰が上がらない、と思っていても
なぜかこれはできる、ということがあるから

あなたにはわかるようになっているから

「やりたい」と思うことを
これならがんばれると思うことを


あなたがやることになっていることは
どんなにあなたが気落ちしていても
もうやりたくないと思っていても

やれるようになっている。





posted by Kaoru at 21:05| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

「在る」ことそのもの

あたたかな思いやりの前に

小さな手のひらが包んでくれる
純粋な思いを前に


これ以上の幸せがあるだろうかとひたる




一緒にいることをただそのまま喜んでくれる

かわいらしい言葉を聞かせてくれる

新鮮な目線を与えてくれる



考えることは好きだけど(ほとんどの時間をそれに使ってるけど ^_^;)

甥っ子を見ていると

何だかどうでもよくなってくるなぁ(^_^;)



ひたむきに生きている人を前に

言うことなど何もなくて。



「自分の人生を生きる」

「個人の体験」

それに勝るものなどなにもない




posted by Kaoru at 22:26| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

豊かになるためにできることとは?

できることはひとつ(言い切っちゃいますよ 笑)。

「本当の自分」でい続けることです。

生まれついた自分」でさえいれば
「生まれ持ったものを生かす」生き方をしていれば
その状態(本当の自分)を知ってさえいれぱ
必要なことは起こるし
必要な出逢いもあります。

豊かになるためにできることがあるとすれぱ

それは
いついかなるときも

「本当の自分」でいること

がんばって仕事するとか
努力してスキルを身につけるとか
稼ぐために働くとか
愛されるために美しくなるとか
(それはそれでいいですが)

豊かになるために何をしよう?
ではなく


自分の中にあるものを表現するために
何を使うか?
何をするか?
を探すこと

つまり、「本当の自分」をしっかりとつかまえていること

「本当の自分」を思い出せば(たどり着けば)
やりたいことは見つかるし
どんどんできるし
ご縁も広がる

「本当の自分」にも
いろいろあります。

家族を大切にするのが自分
という人もいれば

バリバリ仕事をするのが自分らしい
という人もいる

ひとつのことに集中するのがいい
という人もいれば

複数のことを同時にやるのが私らしい
という人もいる

より不安なく迷いなく
心に負担なく
(あってもいいけど)

たとえ不安も迷いも負担もあったとしても
それを超えて「やっぱりやりたい」「やるのが楽しい」
と思えるのか

そこを探ることはがんばる。
自分で居続ける努力はする。

やりたくてやっている自分にたどりつければ

誰に言われなくてもやっているし(思いつくし)
誰かに何を言われようともブレずに立っていられる。


そして「願えば叶う」状態にもなる

自分の生命を輝かせると
すべてはうまくいくようになっている




posted by Kaoru at 19:24| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

人の数だけいろいろな世界があるから

自分の意識が広がっている範囲の中でしか答えを見つけられない。

自分の知っている範囲の中でしか気づきを得られない。

その時々の成長の段階の中で見つける答えは違う。

見る世界に応じて答えも変わる。


だから

今あなたにとって
目の前の人が出した答えを

自分とは違うものでも

その人の世界には今その答えが最善なのだろうと

見守ってあげよう



posted by Kaoru at 20:48| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

奥深くにある光のぬくもり

自分の中心(“自分”は“愛”や“本質”などに置き換えられます)から生きる

中心から来る光は必ず届きます。


相手(自分以外)がどんな言動をとろうとも(それは相手の自由)

「自分はどうするのか(どう在りたいのか)」

ただ、それだけをやっていれば

自分が発した光はいつか届く

常から相手に厳しかったり、批判したり、疑っていたり、信じられなかったり
で自分を覆っている人には

まっすぐに、その光は届かないこともあるけれど

自分が発し続けたものは
相手の疑いや否定を超えて届くもの

相手の氷(どうせ嫌われる、とか、心のキレイな人なんかいない、という諦めとか、口でいくらキレイゴト言っても、誰だってコロッと態度が変わるんでしょ、という疑い、自分なんか、という自己無価値感などなど・・・)が溶けるまでには

少し時間がかかったとしても

あなたは最善のあなたでいよう


「もしかして、こういう人なのかな・・・?」と
安心して(あなたを信じて)
心の殻から出てこれる時まで

(疑いは深いほど信じるまでに時間がかかるし、信じやすい人、ジャッジしない人にはすぐ届く)

不信や偏見で
自分を武装しなくてもいいのだと気づく時まで

人に対する怖さが和らいで
スッと信じても大丈夫な人がいるんだと
気づく時まで

(不信や怒りが
怖さとか傷ついた体験からきていることすら忘れてしまうくらい
長く持ち続けてたから
簡単には手放せない)

あなたはあなたの、現実を創り続ければいい




posted by Kaoru at 12:12| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

あらゆるものの中から選ぶもの

よく言えば「共生」「調和」
悪く言えば「混沌」「混乱」

いいでも悪いでもなく
世界をそのまま認めて

その中から「自分は何を選ぶのか」「どう生きるのか」

という時代へ移ろうとしている。
もう始まっている。

どんどん、気づいていく

自分が「それは愛ではない」と思っていたことさえ
実は「愛だった」ということに。

表裏一体、ひとつだった、ということに。




posted by Kaoru at 18:43| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

音に宿っているもの

音。

周波数。

音にはエネルギーがあります。

その人が使うべくして放たれた言葉は、その人に力を与えます。

ある言葉(音)をきっかけに、そのかたが魂からの記憶を思い出すこともあります。

なぜかこの響きに、

懐かしさを感じる
心がざわつく
魂が反応する

なんでかわからないけど、その音に反応する───

私たちが思っている以上に言葉には影響力があるのかもしれない。

香りにも色にも

物にはすべて周波数があって、

敏感な方は通じ合える

香りも色も形を変えた「言葉」で

それは通じ合う

心と心も

通じ合う

同じこと

だから惹かれ合う

「音」がキーになっていて
心の扉が開くこともある

そうして

この世界に散りばめられたエネルギーを利用して

私たちは

必要なときにベストタイミングで

魂の目的を思いだしながら生きている

そうとは知らずに

でも確実に


あなたの中の最も素敵なものをシェアできるといいですね。

放てばさらに素晴らしいものが入ってくる



あなたの笑顔を宇宙(偉大なる何か、神、創造主、しっくりくる言葉に置き換えてください)は見捨てない。

健気な心を
純粋な気持ちを
無垢な喜びを
不屈の精神を
あたたかい思いやりを
密かな親切を
許しの心を

これらは幸福への切符

自分自身へと還る魔法の音(周波数・エネルギー)。




posted by Kaoru at 00:42| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

感性の神様

頬を撫でるやわらかい風に天使を想う

瞬く星に遥かなる空間を想う

誰かの優しさに神を想う

清らかな水に生命の豊かさを想う


山河に歴史を想い

自身に太古から続く遥かな時間と命を想う


心と魂が震える(喜ぶ)あらゆる瞬間に
何か大きなちからを感じる

あなたの感性の中に神はいる


あなたが喜ぶそのときに

神ははたらく




posted by Kaoru at 08:36| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

たくさんの関わり

この頃は

たくさんの関わりの中から見えるものが楽しくて

観察しつづけています。
興味があるので意図せずそうなります(笑)
「見つけ出す」のが楽しい
「見えてくる世界」が楽しい


その人に必要なものは、その人の前にちゃんと現れているもの

そして、ちゃんと、それをキャッチしている(出逢えている)もの


それでOK

大丈夫しかない


私は自分の体験以外からも
こうして様々な方からそれを見せていただけることが幸せです。


人生はその中に
飛び込んだもの勝ち(笑)

なりふり構わずでいい

がむしゃらでもいい

それが合わない人は必ずしもそうでなくてもいい

でもすべてを手放して身軽になって

失うものは何もない

という心境で

思いきり飛び込んでみると

これまでにはない体験が待っている


それをするかしないかそれは自由


自分の人生にマニュアルはない
オンリーワンだから

前例もなければ「こうでなければならない」もない

あなたにしかつくれない、あなただけの人生だから

それは時に孤独な道行きかもしれない

でも、オンリーワンなんだから仕方ない

けれど、多様な人生が絡み合うのを楽しむことはできる

あらゆるパラレルワールドを見ながら

重なる世界を感じながら


好きなように生きていい


振りきったもの勝ち(笑)


もちろん、いつ悩んでもいいけれど(それも人生の一部)

楽しくないなら続かないから

自然にバランスはとれるようになる


バランスがとれるようなことが起こってくる


だから

あなたはあなたらしく


輝くだけでいい




posted by Kaoru at 06:23| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする