2016年12月22日

心やすらかに

長い教師生活を送り、校長を勤めあげ、退職後も教育に関わり、さらに卓球教室もと、精力的に活動なさっている先生から、一枚の紙をもらいました。


そこには、こんなことが書いてありました。

「笑いがガン細胞を退治してくれるナチュラルキラー細胞を活性化させ、心身の免疫作用を強化する。
ある実験では、19名のボランティアの協力のもと、漫才、喜劇などを見て三時間ほども、笑ってもらったそうです。

笑う前と後の血液を調べたところ、笑った後では明らかにNK細胞の働きが活発になっていることがわかりました。
しかも、笑うことによってNK細胞が活性化する速度は注射で免疫機能を活性化させるよりも遥かに早かったそうですから、笑いがいかに人の健康にとって大切かを示しています。

また、日常生活でほとんど笑わない高齢者は、笑う高齢者よりも脳卒中の割合が高いことも、東京大学などの調査でわかってきたそうです。
健康だけでなく、苦境などを跳ね返す力は、笑うことによって生まれることが、スポーツの世界などでも証明されつつあります。
本当の強さとは、失敗をしても挫折しても、淡々とニコニコと生きていくことなのかもしれません。」


いただいたものなので、出典はわかりません。
でも、「笑い」が身体に良いと言われはじめてからけっこう経ちますが

ガン病棟で
「病室にパッと入った時に笑顔があるような明るい部屋の患者さんは治ることが多く、部屋に入った時に泣いたり、落ち込んだりして暗い感じの部屋の患者さんは亡くなることが多い」

そんな話も思い出しました。

自分の健康を保つには
自分の心の持ち方も大切な要因のひとつなのだと
感じています。


笑顔や優しさを
イライラしながら見ている人は、

自分の中にだいぶ怒りがたまっているのかもしれない。

それを放っておけない
過剰に反応してしまう
批判的になってしまう


ムリヤリ笑顔でいたりするから
「笑顔」をまっすぐ見れないし受け取れない


重なり溜まるストレス
息つくヒマもない

でもどうか
どこかで

一息ついて
自分のための時間をとってほしい。

あなたが誰かの笑顔に
屈折した思いでなく
そのまま普通に
喜びを見出だせるように




posted by Kaoru at 08:39| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

若さの秘訣

これ、女子には興味深い話題ではないでしょうか?(笑)

お友達が貸してくださった本に、「男はプライドに金をかけ、女は美に金をかける」と書いてありました(笑)

男性は、経済力や社会的立場など、社会的なもので評価されるので、プライドにお金をかけるのだとか。

ということは、女性は美しさで評価されるってことですよね(苦笑)

ま、その話の真偽はともかく、やっぱり美しくあれるのであれば、ありたいもの。

私がたどりついたところは、「自分の中に嫌なものを溜めない」です。

嫌なもの・・・

ストレス
不満
我慢
負の感情

などなど?

「自分の中」

には

「心」も「身体」も入ります

食べ物にもある程度は気を遣った方がいいのかな〜と、この年になってようやく思うようになりました。

ある方と、微生物(を利用する農法)や漢方のお話になりまして。

健康法みたいなお話にも触れたのですが

微生物を取り扱っている方が、健康にこだわって、口に入れるものにも徹底的にこだわり気を遣い、さらには老廃物を外に出し、浄化にも徹底的にこだわり、身体に触れるものにも徹底的にこだわり、そんな生活を続けていました。

そこまですれば、どんなにキレイになるかと思うでしょう?

しかし、結果は、それでも身体の中の不純物はなくならないのだそうです。

なぜなら、空気中にもいろんなものは混じっているし、完全にキレイな食材だけを探すのにも限界があるからだそうです。

それでも、食事に気をつける、老廃物・不純物を身体の外に出すなど、やらないよりはやる方がましでしょう。


その話を聞いて、私が思い至ったのは

好きなもの食べて好きなように生きる」でした(笑)

どれだけ食べ物やデトックスにこだわっても、キリがない。

完全にシャットアウトなんか、できない。

あれは良くない、これも良くない、と思いながら食べたり、
これは身体にいいから、と好きだと感じられないのに無理矢理食べたりするよりは、

なんでも美味しいと食べる方がよっぽどいい。

もともと自然治癒力や自浄力は持っている。
身体に何か入り込んでも、ちゃんと不要なものは体外に排出されるようになっている。

入れない努力は素敵です。

でも、キリがない。
そして完璧にはできない。

だったら、自然治癒力と自浄力をあげる方がいいのではないか?

そのためにできること

まずはストレスを溜めない

言いたいことを言い、やりたいことをやる。
(人道に外れないことなら何でもOK)

あとは、適度な運動とバランスのよい食事。

それもガッツリキュウキュウにやるのではなくて(やってもいいけど)、自分にできる範囲で。やれるところから。

それで変化を楽しめれば、どんどんやりたくなってくる。あとは、それに任せればいい。

食べ物は、野菜7:肉3を目安に食事を楽しむ。
ゆっくりたくさん噛む(噛みすぎは逆効果。ゆっくり味わって口の中で味が変わったら飲み込む、あるいは、自然になくなったらそれでいい)。

たくさん歩く
身体は動かすようにできている。
動かせば、正常に機能するようになっている。働くとバランスするようにできているのです。

たくさんの新鮮な空気を吸う
(たくさんの空気を吸うだけでも、細胞が満ち足りれば、自然に前向きになってきて、不平不満が減ってくる生き方へとシフトしてきます。そして自然に必要なものが集まってくるようになります)

他は自分でやりたいと思うことを試してみる

自分でやれそうだと思うことの組みあわせでもいい


自分に合うものは、自分がわかります。

(たとえば、私の場合。飽きっぽくて三日坊主。でも、続けられるものもある。私にとっては、続けられるものが合っているもの。のように)


やっているうちに、身軽になって、タイミングも良くなっていることに気づきます。


そうなると、ますますタイミングをよくしてくれるところと繋がっていきます。



心身(エネルギー体も)が整うと、人生全般も調うんです。




posted by Kaoru at 12:39| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

身体と心

じっくり身体と心の声を聴いていますか。

職場と家の往復だけで、忙しくしている時には、そんな心の余裕、とてもありませんよね。

でも、休日、ほんの少しの時間でもいいので、自分との対話、してみてほしいのです。

自分で思っているより、自分の魂は何でも知っています。

自分の思考からくるものではないかとか思うこともありますが、返ってくるもの、頭に浮かぶことが答えです。

自分自身にきいてみると、意外に、答え、返ってくるものです。

流さないで、しっかりキャッチしてみてくださいねぴかぴか(新しい)


posted by Kaoru at 20:09| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

ヨガ

ヨガで筋肉痛あせあせ(飛び散る汗)

なきがら(無空)のポーズがいちばん好きわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

ちょっと油断すると、そのまま寝てしまいますあせあせ(飛び散る汗)

ぷるぷるしないでポーズを決められるようになるまでは、長い道程のようです…もうやだ〜(悲しい顔)

発病してから今まで全然やっていなかったので、やっぱり筋力落ちてますもうやだ〜(悲しい顔)

この夏ようやく再開する気になりました。
あせらず少しずつ、やっていきますかわいい
posted by Kaoru at 18:01| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

いのち

月に一度、病院に通っています。
トロンボテストと診察のためです。

特設の医療相談室に、なじみの看護師さんがいるので、受診日には、必ず足を運びます。

そこには、いつもA4くらいのサイズの写真が飾ってあります。

既に亡くなられている方の作品、余命数か月と宣告され、それから写真を始めた方の作品。

ファインダーをのぞいて見える風景。
被写体に対する思い、世界に対する思い、そして、残された時間、自分の人生に対する思い。
いろんな事を感じます。

そして、時々ですが、そこでいろんな方との出逢いがあります。
皆様、それぞれに自分の身体と向き合っておられます。
とても尊いことです。

勝手にエネルギーをもらって、私もひたむきに生きよう、と思いながら帰路につきます。
ありがとうございます。

皆様の毎日が、心安らかでありますようにと願ってやみません。

posted by Kaoru at 22:09| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする