2017年04月01日

魂の傷、それも設計図にあるもの

誰しもが魂に傷を負っています。

一見幸せそうに見えるあの人も

実は心に傷を負っています。
傷のない人などいません。

そう。いないんです。


それは、ちゃんと設計図に書いてある。


生まれた瞬間に決まる。

いや、生まれた瞬間のエネルギーを使っているだけで、すべては、すでに決まっている。

自分の設計図を具現化するために

いろんな人や状況やこの世界にあるものを利用して

自分が「魂の傷」を体験しているだけ。

そして、どう乗り越えるか、乗り越えてどうしたいのか
なんのために乗り越えるのか、
それもちゃんと書いてある。

ストーリーは
既に幾パターンも用意されていて
どのステージを体験するか、それだけ。


はじめは、
自分でどうにかできるようなものには到底おもえないかもしれない。
そして同時に
自分で何とかしようとあがくものかもしれない。


ただ

「どうしてこんな体験をしなければいけないのか」

「なんでこんなに辛いのか、苦しいのか」

「どうして、自分ばっかり・・・」

そんな思いにとらわれることだろう。



でも

それは長くは続かない。

人生の途中で


ふと
新しい世界に飛び込む日がやってくる。



イヤな思いをさせた体験もあれば
(自分にとって「イヤな人」は、当の本人はそれが当たり前と思って暮らしている。正しいことをしていると思って暮らしている。それはその人は自分の設計図に沿って生きているだけで、その部分を自分が「イヤだ」と体験しているだけ。)

自分も、あるときは
誰かにとっての「イヤな人」となり得るだろう。

でも、そうとは知らずに
不愉快な思いをさせているとは思いもせず
今日を生きている。

同じように
誰もが自分の今日を生きているだけで。


でも、素敵な思い出をくれる人、体験も待っている。

自分も、あるとき、
誰かにとっての「いい人」となり得る。


独りでは存在できなくて
誰かを使って「自分」を映したり映されたりして

「自分」の生を味わっている。


だから
自分も誰かにとっての
「イヤなヤツ」であり
「いい人」だと知ると

誰かの「イヤなところ」と「いいところ」を
過剰に反応せずに許せるようにならないだろうか?


自分が
世界に
人の中に
見つけるものは

自分の中にあるものでもある。

自分を通して世界を観ているので

自分が思うこと考えること話すことは

全部、自分の世界観を表わしている。

どうしようもなく
「個人」であることを

責めても仕方がないんだってこと。


じゃあ、どうするのか。

「誰か」や「状況」を見極めて
そこに
留まるか
次へ進むかは
自分次第。

どんなふうに生きるのかは

自分の設計図が発動している。

何が起こるのか

自分の周りにあるものを使って体験している。

たくさんの人と
状況と環境が

巧妙に絡み合って。

時に
敵であり
英雄であり

いろんな役どころの「個人」が

自分の人生に入れ替わり立ち替わり

現れて

お互いに
必要な体験をしている

この奇跡


自分に与えられたものを嘆いていても
残念ながら何も変わらない。


大切なのは
それをどう受け止め
どのように昇華させるか、
いかに光の体験へと変えることができるのか

ということで


つまり
「何が起こっても自分はどう在るのか」
ということで


自分の設計図を忠実に再現してくれる人たちを
キャスティングして
できごとも用意して

生まれてきて

ただそれが起きているだけで


変えられるのは

それを
どう受け止めるのか
(世界をどう観るのか)

ということだけ。


どんな世界にもできる。
どんなことが自分に起こっても。

それだけのちから・強さも
一緒に授かっている。


だから
つぶされそうに思う夜でも

息をひそめて
乗り越えよう。

どうしていいかわからないときは、
ただ生きているだけでいい。


傷も
光も

みんなが
同じように持っている。

ただ、自分のはすごーくよく見通せて、ひとのは見えにくいだけ。

だから、自分だけが不幸に思えるだけ。



必ず

「幸せだった」
「最初からここにあった」

と気づく日が来るから。





posted by Kaoru at 15:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

あなたにとってどうなのか?

「ある人に鑑定してもらったら、良くないものがくっついているから祓った方がいいと言われた」

と、そのことをずっとずっと引きずって、思い悩んでいた方がおられました。


何を言われても
それはどうすることもできませんが(もう聞いちゃったんだから)


それ以上に本当によくないのは

「ずっと思い悩んで不愉快・心配でいる状態」が保たれていることです。


「言われたことを何かにつけて思い出して不安になっている」こと自体で
すでに「よくないこと」が起きています。


でも、言われりゃそれは気になりますよね。
聞いちゃったものは、消すことはできない💦


しかし、結論から言うと、

「そんなことは気にやむ必要がない」


ということです。


なぜなら

「自分の思いが現実を創っているから」です。



いいほうに心を使えば昇り調子に
悪いほうに心を使えば下降調子に
なるだけのことなので


ずっと気にし続ければ
そのようになるだけです。

気にせず
パッと気持ちを切り換えて
明るい方に意識を向ければ

とたんに世界は明るくなる。


悪いことを気にしていると

心は自然とその証拠探し
を始めます。

で、「やっぱりね

と納得します。


明るい方を向いていると

心は自然に良い証拠探しを始めます。

それでも「やっぱりね

と納得するのです。


その積み重ねが

結果

どんな人生を創るでしょうか?


他の人のことなど気にせず
(他の人を無視しろと言っているわけではありません。他の人がどうあろうとも)


自分の心に光を通して明るくなるように暮らしましょう。



他者には他者の生きる道があります。

自分には自分の生きる道がある、

それだけのことです。

自分の人生をよりよくするために
大切な時間を使いましょう(*^_^*)



心配しないで。
あなたは守られているし
大丈夫なようになっているから。


心を明るく使っている人に
よくないことが起こるはずなどないのです。


(それでも人生に現れることがあるとするなら、それはあなたにとっての宿題かもしれませんね。

でも、それにも、自分ができる範囲で善処しているだけでいいのです)




posted by Kaoru at 12:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

自分の中の監視員

このままではダメ
あの人より劣っているからダメ
私なんかダメ
生きてる価値もない

若い頃
私の中の監視員は厳しかった

時に酷いいじめっこのようでもあった

その監視員の自虐的な厳しさが自分を苦しめている
他者からの言葉を悪意あるものに翻訳して私に届けている
と気づいて

私は私の中で
モンスターとして育ったその監視員に別れを告げた

それでも
私の中の何かは許せなくて
無意識の向こうに葬り去った監視員を
「現実の世界の人間」として送り込んだ(^_^;)

私の中の監視員は
今でも厳しいが

今は
自分が弱気になっているとき
怠け心が出てきたときなどに
叱咤激励してくれるコーチとして
再任用しています(笑)

「厳しさ」も使いよう

それを、どこに向けるかによって
破壊的にも建設的にもなれる


あなたは
自分にとっての道具を
どこに向けているだろうか?




posted by Kaoru at 12:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

すべては「世界」からいただいているもの

それぞれに
設計図を持ち

それぞれに違って
どうしようもなく「個人」なのだと知ると

「違い」がおもしろく思えてくる(笑)


あれが悪い
あの人がおかしい

・・・とジャッジしていたときには
絶対に味わうことのできなかった観念で


自分がどうしようもなく「自分」であるように
相手もどうしようもなく「相手そのもの」で

そもそも
「自分」は悪意あって過ごしているわけではなくて

それが「いい(正しい)」と思っているから
その考え前提で動いているわけで


自分がいいと思っていても
相手が「いい」と思っていないこともあって

相手が「いい」と思っていても
自分が「いい」と思えないこともある

そこが違っているだけで

それぞれでいいじゃないか

と思えると

「なんでそんなこと言うの?!💢」が減ってくる
(逆に、「なんでそんなふうに言うんだろう?」とわからないこともありますが)

「相手はそれが正しいと思っている」から

そもそも悪意がないのです。それが普通。という感覚。
むしろ、よかれと思って言っていることすらあったりします・・・

聞く方には
いじわるに聞こえたり
悪意を感じることもあるかもしれませんが。

(実際にいじわるや悪意あって言うこともあるのでやっかいなのですど ^_^;)


それが本音であれいじわるであれ

どんな言葉も「悪意に受け取らない」
というのは

自分が心地よく過ごすためにとても有効な使い方で


相手もわざわざ嫌われようとして言ったりやったりしていないので

「悪意に受け取らない」ことで

いたずらに
摩擦を起こさずにすむので悪印象を与えずに済むと思うのです。


自分が好意的に受け取るか悪意的に受け取るかで
自分が返す言葉に宿るものが変わってくるので

なかなか人間関係がうまくいなかい、というときには
自分がどんな感情を乗せて喋っているのかを省みると発見があるかもしれません。


自分では気づいていないような
アプローチをしているかもしれないので。


客観視ができないので難しいこととは思いますが

すべて「自分が正しい」と思わないようにする(考え方はそれぞれに違うと思うようにする)だけでも
言動が違ってきます。

フラットにしておくと
クリアになる

とにかく場数を踏んで(たくさんの人と接して)
相手の反応を見て(それも人それぞれですが ^_^;)
自分を調整していくといいと思います(*^_^*)


フラットから進んで
より善寄りで生きるようにしていると
自分の周りから「不信感」がなくなっていきます。

人間関係もスムーズになっていきます。

自分にも
他者にも
正直に

そうしていると
(そう在り続ける)

やがて「そういう人」になれる。


自分を知る
相手を知る

理解する

大切なことです(*^_^*)

それ以上に


「自分自身である」

その状態で自分に合うもの合わないものを見極めるのも大切です。



成長の段階に応じて

教えてくれる人
教えてもらう人

助ける人
助けられる人

与える人
もらう人

がバランス良く配置されていて

(「何かを完成(完結・達成)させる」には、どちらも必要)


いい人
悪い人



もしかしたら

ちょうどよくいるだけなのかもしれない。

(いい・悪いは自分が決めているだけだけど)



自分の成長に応じて

必要な「世界」が現れているだけなんだ。
(「世界」を通して自分が観ているものがあるだけ)

必要な人が現れてくれて
必要な体験をさせていただいているだけなんだ。


それに気づけば
「世界」を望みのままに変えることも可能なのです。





posted by Kaoru at 16:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

ただ「そうである」ということ

それは「自分がもっとも落ち着くポイント(場所)」にある

心の中にも

ずっとずっと還りたいと思っていた場所へ



落ち着かなくて

どこにも居場所なんかなくて

探しても見つからなくて


でも必ずどこかにある



それは時に

「どこでもない」
「何でもない」
「どちらでもない」
ところかもしれない

何かにこだわらず


何ものでもないと決めてもいいのかもしれない。



そうすれば
何にでもなれる

「何か」として
存在するには
あなたには狭すぎる世界なのかもしれないのだから


でも
世界は変わっていく

たくさんの常識が覆り
既存のものは壊れ

より広い世界へと



あなたが
あなたであること(人によって定義が違ってくると思うけれど、私の思う「らしさ」とは、ついそうしてしまうことで、なぜかそうなってしまうもの、わかっちゃいるけど止まらない、などかな)で
調和する世界へと


多少変わっていても
それが唯一無二の個性として

受け入れられる世界


準備は進んでいる
多くの人がそのための活動をしている。



思いきり
自分を生きてもいい。


「どうしても思いきり生きられない自分」も
思いきり生きている自分。


であれば、
その自分でどう生きる?


それだけなのです。


あなたの
魂の奥にある
美しい光を
たくさんの人に映して


今日
あの人と自分が喜ぶために

何をしよう?




posted by Kaoru at 11:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

お彼岸過ぎて

今日は
お彼岸明けで
一粒万倍日です。


日頃からの感謝を感じる時間を過ごしました。


ただただ
ありがたく

リアルな未来を描き
エネルギーも調整できて

楽しかったです。


どんなに心が不安になっても

今、思うようにいかなくても

あなたはあなたの望む未来に到達できる。

あなたの「ひながた」に
たくさんの波動の高いものを送り込んで


より素敵な現実を
たぐりよせよう




posted by Kaoru at 12:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

決まっているけど変えることもできる

惹かれたり
苦手に感じたり
何とも感じなかったり

それも

自分の設計図に刻まれていて


他の人も
それぞれに設計図があって


何を魅力的だと感じるか
苦手と感じるかは

それぞれで違っていて

何を体験するのかもそれぞれで


同じものでも

感じ方がそれぞれに違うことからわかるように


この世界での体験から感じることは
自分が決めています。

好き嫌いは

個人の感じ方なので
それぞれに自由ですが

その「感じ方」、
「どのように感じるか」

がクセモノで


まるで

あの人が悪い

この体験が悪い

社会が悪い


ように

自分には見えてしまうからめんどくさくて(笑)


この世界にあるものは
ただどうしようもなく自分がそうであるように

ただ在るだけで


世の中にある
たくさんのものを通して(利用して)

自分がどんな体験をしているかだけで

そのことに気づくと


いろんなことを感じてもいいけれど

自分で苦手に思うものは

自分の感じ方を変えてしまえば

苦手ではなくなる可能性もあったり


スルーできるようになったり

そもそも
そんなことどうでもよくなったり


ただの独り遊びだとわかるから

どんな世界にしてもよくて(笑)


人から見て

ラッキーに思えること



まさに

その人自身の心の在り方の顕れで

その人を見ると

これがその人の望んだ世界(完成途中ではあっても)なんだなぁ、と

客観的に見えて

その人の周りを見ていると
その人の頭の中がなんとなく見えて

その人の話す言葉を聴くと
その人の世界がなんとなく見えて

自分をクリアに保っている人は

そういうところを見たりするので
そして判断材料にしていたりするので


素敵な人と過ごしたいのならば

まず自分がそうであるように意識する(素敵な人になる)のは必須で



どうしても

わかりやすいこと(目に見えるもの・学力や経済力など)で判断しがちですが

目に見えないところで
判断する人もいるのだと
知っておくと違ってくるのかもしれない。


運のいい人は

目に見えないものを大切にしています。


そういうものを大切にしている人は

言葉や考え方、心の美しい人が幸運だと(不思議なことを起こすと)知っているのです。
そういう人が咄嗟の時、悪意ある判断をしないと知っているのです。

信頼で結ばれている。

どう生きるかは、もちろん個人の自由ですけどね(*^_^*)
(どんなに自分で拒否していても、それがどうしようもなく、必要なこともありますし)


できる範囲でいいので
意識すると
誰でも世界を変えることはできるのだと

言い切ります(笑)




posted by Kaoru at 12:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

めじるしは北極星(小さな光)

今はひたすら
勉強の時期で

ひきこもってます(笑)


何をとりつかれたように・・・



ふと我にかえるときもあるのですが(笑)


夢中になってます。



私にとって夢中になれることがあるって幸せなことです。


雑多なことを忘れていられるし

充実感もあります。


やってるときはいいのですが

先が見えないので

道の途中って不安になるな〜(進路が果たしてこれでいいのかとか、無駄なことに労力をつぎこんでいるんじゃないかとか、これがすべて無駄だったら・・・とかいろいろ)と

変に味わってみたり(笑)


確信がなくても

今は取り組むしかなくて

もちろん
自分では
いいと信じているからやっているのだけれど


よりどころがないって

こういう気持ち・・・

「確かさ」、欲しくなるね(笑)


でも

人生に保証なんてそもそもなくて

先が見通せる人生もなくて
だからおもしろくて


迷いながらも
どうにかして

それでも
信じ続けて

進んでいく。


無駄にはしない

と、それだけは決めて。



それでいいじゃないか

と自分に言い聞かせて。



自分の心の中にある「聖域」に立ち返り

充電して

またこの世界を生きる。



自分が大切にしているもの

それを見失わなければ

いつでも
軌道修正はできる。


それは
「何を信じるか」と同じことなのかもしれない。




posted by Kaoru at 19:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

可憐に

庭の雪割草が満開です。

毎年楽しみな季節です。



DSC_0439.JPG


DSC_0441.JPG



順々に
いろんな花が開いていきます。


ちゃんと自然のリズムにのって

いつのまにか

花開かせている

時がくれば
ちゃんと開く

何も手をかけていないのに
(完全放置 ^_^;)


よく見れば

手をかけていないものなんて
たくさんあって
それでも

ちゃんと季節ごとに

入れ替わってる。


そんなふうに
自然にありたいものです。



DSC_0445.JPG
なんの花だろう?


posted by Kaoru at 08:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

たからものの時間

貴重なご縁をいただいて

濃密な時間を過ごし

いただく言葉

気づきや学び

私には
それがたまらなく魂にとってのごちそうで

この時間が積み重なっていくのが

嬉しくて
愛おしくて


ほんとうに
人に恵まれることに
感謝します


いろんなことに
恵まれることに
感謝します。


ありがとうございます




posted by Kaoru at 21:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする