2018年05月29日

幸運は軽やかに

普段、何気なく使っている言葉

無意識の行動

そこに宿るものが
運命の鍵やチャンスをにぎっていることがあります。


運のいい人は

「波動」に気を遣っていることが多く
(自然にそれをやっている場合も多い)

運のいい人ほど
幸運になれると言われることを
どんどんやっている。

すぐに実践する。


やっている間に
心の使い方もわかってきて

多分
それが良い循環をつくっているのだと思う。



だからこそ
その波動をまとっているものは

幸運な人に選ばれていく。


少しでも波動を下げそうなものは
選ばれない(そっと離れていく)


たった一言が
少しの行動が

幸運を引き寄せることもあれば

遠ざけてしまうこともある。


他者を
周りを
環境を
社会を


批難する前に

自分の運命を嘆く前に



自分は幸運に好かれるような

言動を
生き方を
しているかどうか

振り返る方がはやい。



そして
ひとたび
下げていると気づいたら

それを引きずらずに

上げる工夫をしてみる。


それが
幸運のコツのひとつ。



ladybug-1478029__480.jpg





posted by Kaoru at 12:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

眠りの森

数日前から

眠くて
眠くて
眠くて
眠くて・・・

今日はゆったり温泉につかって

たっぷり眠ることにいたします



cat-1941089__480.jpg





posted by Kaoru at 18:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

道なき道

『老子』第41章より



大方無隅
大器晩成
大音希聲
大象無形
道隠無名


大方には隅無く、大器は晩成し、大音は声希く、大象は形無し、道は隠れて名無し。


四角形をはてしなく大きくしていくと、四隅はないように見えてきて、それが四角形であることすらわからない。
大きな器は完成するまでに時間がかかり、それがどんな器になるのかわからない。
あまりに大きな音はかえってほとんど聞こえず、
きわめて大きな形をもっているもの(現象)は、ほとんど姿が見えない(認識できない)。
「道」(宇宙の摂理)もまた、無形無限のものであり、人智をはるかに超えたものであるがゆえに、知りようがない。


わかりきることなどなく

答えは
出せたら嘘なのかもしれない。

「縁」や「奇蹟」もコントロールできたら嘘なのかもしれない。



でも

それは
確かに存在している


たとえ認識できなくても
コントロールできなくても

起こるときには起こる。


それに出会うためにできるのが
宇宙のリズムに
魂の望みに
添っていること。



あるがままの流れに添って

日々を精一杯生きて

不意のギフトを喜べれば

それで充分。


そうとは知らずに

自分の道を歩いているものだから。

道の上にちゃんと奇蹟も幸運も
(もちろん不運やアクシデントも 笑)

あるから。

でも、どんなに不運だと思うことでも
ただそれだけではないことに気づくと

とたんに
奇蹟は身近なものになる。

当たり前に起こせるものになる。


あるがままを喜べれば

それは
幸せな人生。

世界は計り知れない。
知りきることなどできない

その大きな世界の小さな一部に
どんな人生として刻むのか。

意味をつけるのは、自分。
決めていい。
意味のあるものにするのかしないのかは、自由。
自分次第。

あなたは
人生にどんな意味を見出しますか?


tree-3094982__480.jpg





posted by Kaoru at 15:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

大きな希望を

大きな夢を
希望を持てると

それに向かってがんばれる。



大きな夢とか言ってないで

コツコツ今を大切に地道に生きることに
喜びを感じる。



どちらが
しっくりくるでしょうか。




どちらのタイプだったとしても


どうしようもなく

『目指すところ』は
誰にでもあって


そんなに大げさな
夢とか希望とか大志とか使命とかではなくても



なぜか
そうしたい

いろんな経験を経て
こうしたいと思うこと

そんな日常の延長上にあるようなものでも


『目指すところ』で。


まずは自分が幸せになりたい

家族を守りたい

あの人のために役に立ちたい

世の中を良くしたい


見ている先は違っても

だれもがどこかを目指している。



自分にとっての
「大切なもの」がある。




それを大切にできていれば

すでに魂の望みのひとつはクリアできていて


周りがどうか、ではなく、

どんなことをしているのが
いちばん楽しいのか

それを共に楽しめるのは誰なのか


そこから
大切にできていれば

世界は広がっていく。


自分の足元から
世界は広がっていく。



まずは
自分がどんなことなら
喜べるのか

誰に何を言われなくても
結果を気にせず
「やりたい」と思えるのか


それを見つけよう。


「自分」がハッキリしている人は
わりと容易くそれを見つけられるけど

中には「よくわからない」と言う人もいるかもしれない。


でも、そういう場合は
人との関わりの中で「自分」を見つけられる人かもしれない。



だからそういう場合は

大切な人が喜んでくれると自分も嬉しい

そう思えることが
自分にとっての「喜び」。


そんな喜びを与えてくれる人を大切にしよう。


どうすれば

ひとりでも多くの

そういう人に会えるのか。


その中にヒントがあるかもしれない。


「自分が関わるもの」。



どんな関わりごとが

自分を幸せな気持ちにしてくれるのか。


あとは、それをやるだけ。



どんな場合にも

自分の足元から。


関わり方も、
自分の力で、そうさせたい!
ではなく、相手の力で、そうなってほしい。

自分の力だけでは限界がある。
思い込みもある。

相手の最善のためには
相手自身に力を発揮してもらうことが大切。


そうしてこそ
ひとりひとりが輝く。



誰の心にも
希望は灯る。

その灯火は
みちしるべになる。

自分を
位置づけてくれるもの、
方向付けてくれるもの、

力を発揮させてくれるもの。

輝かせてくれるもの。

導いてくれるもの。

それは
生まれたときからずっと


自分の中で燃え続けている。



candles-141892__340.jpg






posted by Kaoru at 10:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

海で遊ぶ。頭上にあったものは・・・

空に不思議な模様が浮かびあがっていて

黒いすじ雲なのか

雲が割れて空が見えているのか

どちらかは
わからないのだけれど

なんとなく写真を撮って

帰って来て見たら


太陽の周りに虹(日暈)が写っていた



撮るときは眩しすぎて見えなかった(笑)


_20180522_123803.JPG



DSC_0700.JPG



1日お天気は良かったのですが

海で遊ぶには寒かった(笑)


砂遊びしていると
波の音も
いつのまにか聞こえなくなって

頭上には
ずっと日暈も出ていたのに
気づきもせず(笑)


おひさまは

いつもそこにあって



当たり前のものほど
無関心になって
忘れてしまいがちだけど


普通にあるものでも

実は奇蹟にあふれていて


誰でもが
奇蹟に抱かれているということで。


そう思うと

一瞬一瞬も

何だか大切にできそうな気にならないだろうか。




posted by Kaoru at 17:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

元気が出る言葉

とっても元気になれる言葉を見つけました。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。

それから
何の確証もないのに

心がウキウキです


こんなふうに

いつでも
魂に栄養が供給されるような

素敵な言葉を見つけられるといいですね


どんなときも
どんな状況でも

あっという間に笑顔になれる(笑)



同じように
この言葉を必要とされている方には

こっそりお伝えしようと思います





rose-3363810__480.jpg





posted by Kaoru at 23:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

目標があると行動はシンプルになる

「理想」があると

いるいらないの判断がしやすい。




ハッキリした
自分の望みを知っていると



やるやらないの判断がしやすい。



自分の持っているイメージの世界に


ふさわしいか
ふさわしくないか


シンプルになるから。




feather-3010848__340.jpg

posted by Kaoru at 12:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

美しさとともに

ネイティブアメリカン、ナバホ族の祈りの言葉。



『美しさとともに歩くとき』


わたしが歩くとき

世界もわたしと共に歩く

美しい世界がわたしの前を歩く
  
美しい世界がわたしのうしろについてくる

美しい世界がわたしの足元にある

美しい世界がわたしの上にひろがる

美しさは周りのすべてにある

わたしが歩くとき

わたしは美しさと共に歩く

わたしの歩みは美しさの中で終わる





「そのように生きる」という

姿勢でもあり

決意表明のようでもあり。


この目線を持った人の周りには

本当に
そのような世界が広がっているのだろう。


調和に満ちているのだろう。



この人の隣にいるのは
心地よさそうだ。




forest-2686087__480.jpg





posted by Kaoru at 12:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

監視しすぎない

樹木希林さんの言葉が印象的でした。


「理想の夫婦像というのは

もともとのところが尊敬している

尊敬しているところがまず根底にあって、一緒に添っていく

私が勝手に思っているんですけど

夫婦がうまくいくには
家内が夫を尊敬するのがいちばんいいんじゃないかと思うの。

尊敬があって添っていくと
夫婦でもって夫の目指すところを見ていくと
家庭はだいたい、いい家庭になっていきますね。


だけど私の場合なんかは
夫を口では尊敬すると言ってるけど
どこかで足を引っ張ってるみたいなところがあるから

うちの夫は
「おまえな、オレのことを尊敬しろ」と言う。
「してますよ!」

なんか、尊敬しているように見えないらしい(笑)

だから
尊敬という言葉はあるけれど
尊敬しないまま来ちゃいましたね。

年に一回は
会うか会わないかですが
いつもどこかで気にしていますね、大丈夫かなって。

他の家族は気にならないけど
夫のことは大丈夫かなって。

本人は大丈夫なんですが」



『旦那が嫌いです。どうすればいいですか』
の質問に。


「向き合うから。

向き合うから欠点が全部見えてくるわけ。


あ〜あ、なんでこんな人と一緒になったんだろうな、と思うと嫌いになるのよね。
向こうもそう思ってるわよね。

だから別のところへ
「目的」に向かっていくのがいいんじゃない。

ある程度旦那には無関心でいて
目標に向かう。


あんまり子どもの方に目を向けると
子どもも疲れるみたいだから

世の中の、自分たち夫婦で参加できることだとか
何か探してください」



その後
『すごいと思う人はいますか?』の質問には



「全面的にすごい、という人はいない。

このときのこの人はすごい、
このときのこの芝居はすごい、

だからといって人格者として
全部が整っているかというと
そんな人間はいないんだから

それぞれの
尊敬する場所はあります。

欠点はあって当たり前なんだから


夫が嫌いですっていうのは
その分だけ、あなたも嫌われています」




嫌われないように、
って気を遣うより、
神経すり減らすより、


初めからこう思っていた方が


気が楽になるんじゃないかな(笑)



ま、それができないから
苦しいんだけど(^_^;)




完璧を目指すから
完璧を求めるから


つらくなるのかもしれないですね。


どこかで
自分を
相手を

縛る監視の目を
緩めてあげないと


それでも
高みを目指して
よりよいものをめざして

つい頑張っちゃう

のであれば

それも「自分」だから


その努力は決して無駄ではないけれど。

そして、大切な人に幸せになって欲しい、って思いが強ければ強いほど
つい、言っちゃうよね。

でも、「相手にとってどうか」はまた別なんだよね・・・


自分に努力(完璧を求める心)が向かっているのは
自分のことだからいいけど、
(苦しくなってきたら、どこかでやめるから)


それが相手に向かってしまう場合は

気をつけないとね。
(そこで摩擦が・・・^_^;)

相手は自分と同じではないから。
(気をつけてるけど、つい、ね・・・-_-;)


自分眼鏡で世界を見渡しているから


自分が「認定」したらそうなるから。



できるだけ、フラットに。



どこで手放せるか(腑に落ちるか)も
いろいろ人によってタイミングがあるから・・・



どんなにがんばっても


どうにもならないときは


「どうにもならない」を受け入れるしかないのかな、と。

そして、どうにもならない中でも
自分にできることを見つけて
やるしかないのかなと。


やりたくない人はやらないしかないよね(笑)




でも
どういう状況でも
その中で

自分を納得させながら

その「納得」がある意味
自分にとっての答えであることもあり



やっぱり
それぞれが
まず自分の人生を立てること
自分の人生を楽しむことにフォーカスしていれば

ちゃんと
それぞれが

自分の人生を考えるようになる

自分の人生に添うようになる。純粋に。
監視(指摘)する側のエネルギーに影響されることなく。


相手の嫌なとこ探しよりは
(いや、自然に目につくんだろうけど 笑)


多少
相手に無関心、
干渉しないところがあってもいいのかも・・・


(これも程度問題、バランスは大切です)

自由にさせておきながら
愛情や尊敬では繋がっている、というような・・・

(キレイゴトに聞こえる人もいるかも・・・💧)



「まずは自分を満たす」
「放っておけばうまくいく」
「ムダを愛する」

ってそういうこと。



見つけてしまったら
言いたくなっちゃう。


ずっと監視し続けられていたら窮屈。


そしてダメだしされ続けたら意気消沈していく。



それを上手にがんばるちからに変えていける人もいるけれど


日々
ダメだと言われ続けたら


それがしみついてしまうよね・・・


人は
ネガティブを溜め込みやすい。


ネガティブの方が印象に残りやすい。

若いほど。


それは
危険回避(生命維持)のためには
必要な能力だけど


毎日、それだけじゃ
楽しくないよね(笑)


だからこそ、

あえて
ポジティブを探していく。

気持ちを切り替えていく。


その意識が大切。


「問題」に注目して
「問題」にパワーを与えるのではなく


「目標」にフォーカスして
「目標」「自分の未来」、「自分が思う大切なもの」にエネルギーを注いでいく。


自分も
相手も

監視しすぎない。
(見えると腹が立つでしょ 笑)

否定・批判しすぎない。


どうせ
自分も同じだけ嫌われてるから、大丈夫(笑)
(ネガティブが目立ってわからなくなってるかもしれないけど、同じくらい愛されてもいるけどね)

それすらも
ふんわり抱きしめる(笑)


好きな人がたくさんいる人は
同じだけ好かれているのね〜(*´艸`*)


周りがどうあれ

「自分がどうか」で世界は決まっていく。

どういう世界にするかは、自由自在(笑)
自分次第。



candle-2671870__340.jpg






posted by Kaoru at 09:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

イチゴづくし

今日のランチは

パンケーキがおいしいというお店へ


DSC_0696.JPG
このホイップの量ったら

DSC_0693.JPG



DSC_0689.JPG
そして、このスムージーのかわいさったら

DSC_0692.JPG



ホントはロコモコも食べたのですが、ガッついたため
写真は存在せず(笑)


堪能いたしました(*´艸`*)




posted by Kaoru at 22:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする