2019年12月13日

肯定と否定

「肯定」にも
「否定」にも

それぞれの役割がある。


自分を鍛えなければいけない時期・自分で納得のいく答えを探している時期に伸びるには
「否定」の力が役に立つこともある。

ものごとの新しい側面を発見するためや
これまでの常識や当たり前を覆すには
「疑い」の力が役に立つ。


自分を確立させていく時期には

苦しいけれど
自己否定は
成長のために必要なものとも言えそうです。

自分が確立されれば
あとは「肯定」の思考で
自分を保っていける。

どんなときにも
ものごとを柔らかく受け止めていくちからが
役に立つようになっていきます。


どんなことにも
ポジティブな「使い方」があるのです。




oriental-2162253__480.jpg





posted by Kaoru at 23:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

叶うは巡る

誰かの願いを叶えてあげると

あなたの願いもいつか叶うよ


christmas-3666649__480.jpg





posted by Kaoru at 12:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

真実はすべてを超える

愛ある言葉

自身の体験から得た答え

誰にとっても通用する
普遍的な意識・言葉


「真実」


それは

時に誤解されることがあったとしても

そのとき
受け入れられなくても

時を超える

人種・国境・時代、偏見や差別などをも超える


純粋な思い
相手に対する配慮

なども

人を変えていく力を持っている。



無欲で
フラットで
ただ、そうであること。


「ほんもの」は

どんな困難も超えていく。
選ばれていく。

繰り返し
人の口にのぼる。


消えることなどないのです。


だから

あなたは
ただ自分に正直であればいい。
誠実であればいい。

そのエネルギーは
「信頼」として積み重なり
あなたを守ってくれる。




christmas-3878222__480.jpg





posted by Kaoru at 20:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

被害者であり加害者

平和で穏やかになった
今だからこそ思えることかもしれないけれど


自分だけが

傷ついたと思っていても

人は生きている間に

どちらも体験する。


どっちかだけということなどなくて

そうとは知らなくても
傷つけたり
怒らせたり
むかつかせたりすることもあるのです。

自分も
腹が立ったり
怒ったり
不愉快な思いをしたりと

いろんな感情があるように。

それでも
狭い視野(思考)の中で
つまり自分目線では
ずっと「被害者」だと思っていた。

何でもかんでも

誰かのせい
何かのせいにして

自分を守っていた。
自分が傷つかないように。


でも
そうとは知らずに

最初に相手を刺激したのはこちらなのかもしれない。

こちらにそんなつもりなど毛頭なくても
相手がどう感じるかはまた別のお話で


立場や状況、環境が違えば

当然
価値観の違いも出てくるわけで

知らずに地雷を踏むこともある(笑)

知らずに
よかれと思って
言い続けていたことが
相手にとってはそうじゃなかったとか

相手によっては
「否定」されたように思われたり

「文句」を言われているように聞こえていたり

「悪口」を言われているように思えたり

していることもあるらしい。


こちらが全然気にしていなくても
相手がすっっっっっっごく気にしていると

悪気ない何気ない一言が
逆鱗に触れることもある。

だから
何でそんなに怒るのかがわからない。


これは
「わかりあえない」例だけど


刺激してしまった?

気にしてたんだ(気にする人もいるんだ)💦

そのように
気づくことは

まさに
引き出しを豊かにしているということで


いろんな立場や状況を
理解するための貴重な体験で


そして
被害者だと思っていたけど
被害者でもなんでもなかったのかも
という気づきは

さらに

これまで
しっかり握っていた
誤った価値観を手放す準備をしているということでもあり

逆に
最初に刺激していた(相手を不愉快にさせていた)のは自分だったのかもしれない(←自覚がないからね 笑)


という衝撃の気づき(笑)

だからといって

悪気はないのだから
そこで摩擦が起こるようであれば

ただ「合わない」のだから

関係性を
マッチする方へとシフトすればいいのだけど


私が言いたいのは


始まりは自分だったかもしれない
と気づいたってことは

そこを改良していく準備ができたってこと!


気づかなければ
それでいいと思ってるんだから
変える必要性も感じないわけで。

でも
そこで気づいたのだから

これからは
ますます

余計な火の粉が立つのを防げるわけで。


「そのままの自分」であっても

相手によっては

相手を不愉快にさせることはあります。
苦手意識を感じさせることもあります。
(ホロスコープを見るとわかるのだけど)

それは
ただ合わない(刺激し合う)のであって


あなたそのものが全部悪いわけではないのです。

合う人、

自分でマイナスポイントだと感じている部分に価値を感じて
そこがいいねと言ってくれる人は必ずいます。


合わないところで
むりやり

自分をおしこめてしまわないでね。


相手に批難される・否定される

それは

そもそも
相手が自分の価値観をおしつけているだけのことも多い。

「否定された」と勝手に怒っている場合も多い。

(だから、「細かいことは気にしない・何でもいい方に受けとる」が生きてくる)


みんな違うのだということを忘れて
自分の立場から
自分を正当化して(ま、自分が正しいと思ってるから言えるのでしょうけれど)
相手を否定しているに過ぎないのだから、

でも実は
「刺激される」のも
自分の問題なのですが(笑)

どこに反応するのか(ムキになるとかね)を見ていると
その人がわかります。

何を気にしているのかがわかります。

テレビを見ながら呟く言葉でさえ
テレビの中のニュースを取り扱っているようで
自分のことを話しています。

「私はこう思う」と。

それはその人の過去の中から生まれた言葉で

これまでの自分の価値観から生まれるもの。


その言葉を聞いていると
その人がわかります。


誰かを批難しているとき
自分の中の罪悪感を消そうとしていたり

自分はその人とは違うのだと主張しているのだったり
正当化しているのだったり
(まぁ、誰でも自分は正しいと思うところはあるけれど)

批判点に気づくということは
自分も同じものを持っているという何よりの証拠だったり(笑)
(違いすぎると理解できなかったり、どうでもよかったりして、わざわざ「問題視」しない)

でも
それもこれも

相手が何を話すのだとしても
その人自身の問題であり

価値観の違いでしかない。


違いを楽しむ余裕ができると楽になる。



自分はいいと思っていても
そうは思わない人もいる。

許容範囲の広さも違う。

相手の主張は
「へぇ〜、あなたはそう思うんだねぇ」と聞くだけでいい。

そこに
自分の価値を絡めてしまうと

自分がブレるし
上がったり下がったりが他者に依ることになる。

それは
苦しいし疲れる。


自分へのダメ出しにもなるから。


誰かの評価が
あなた総てを表しているとは言えない。

だから
あなたは
あなたの価値を見つけて
堂々としていればいい。


知らずに傷つけていた
こともあれば

知らずに救っていた
なんてこともたくさんあるのだから。


「反応」は相手に任せて(相手の自由)


一緒にいることを喜んでくれる人を
大切にすればいい。


自分の心にフォーカスすればいい。
自分はどう在るのかを考えていけばいい。


その先に
自分にふさわしい「ご縁」はあるから。



flowers-806328__480~2.jpg





posted by Kaoru at 19:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

ほんの少し信じるだけで

信じられなかったり
疑っていたり
ネガティブな思い込みなどがあったとき


「どうせ○○」と思っているとき


○○のことをやってみるといい。


「どうせ」じゃないこともあるから。

これまでの思い込み通りじゃないこともあるから。


向き合ってみると
怒ってたんじゃなく
ただ熱心なだけだった
とか

わかることもあるから。


そして
何より
疑って怖がってたのは
(○○だと決めつけて勝手に嫌ってたのも)
自分だったと気づくこともあるから。


思ってたのと違った(^_^;)
もよくあることだから。



ネガティブ上等!
ドンとこい!

と思っていると
拍子抜けするほどに呆気なかったり(笑)


受け入れるとそれは消える。


自分の一部にしてしまうと
目の前からは見えなくなる。
だから気にならなくなる。

両者の間に
あらわれていた
なぜか嫌われる↔️怒ってる人だから関わりたくない
という問題が消える。


問題」は
全然「問題」なんかじゃなかった

どちらにとっても
受け入れられた気がする↔️単なる思いこみだった


と、怖れからくる幻影(緊張感など)が消え

あとには
あたたかさが残る。


ほんの少し目線を変えるだけで
世界はこんなにも優しくなる。



christmas-1904536__480.jpg





posted by Kaoru at 12:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

ありがとうございました【占いの館】

本日ご縁がありましたみなさま、ありがとうございました〈(_ _)〉


また、美味しいおひるごはん
最高のスイーツ
段取りの良いサービスをご提供いただきました
Kirarateaさま
nekonoyumeさま
keikoさま

1日お世話になり、ありがとうございました〈(_ _)〉

おかげさまで快適でした。


また、
ご一緒させていただきました

Angel grassさま
月の西 とわこさま
楽しい時間をありがとうございました(*^_^*)


写真を1枚も撮っていませんでした・・・


でも
とりどりの紅茶もスイーツも
クリスマスバージョン
キラキラ

堪能いたしました


クリスマスケーキも予約できました( *´艸`)


今年のイベント参加は今日が最後となります。


また来年、機会があれば企画or参加させていただければと思います

お問い合わせをいただきましたみなさま、ありがとうございました〈(_ _)〉

(個人セッションは自宅でやっております 笑)


いつも頑張っていらっしゃるみなさまのこれからの日々が
ますます豊かで幸福でありますよう

お祈りしております


大きな変化の節目、
スムーズにシフトできますように



christmas-1050995__480.jpg





posted by Kaoru at 21:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

あなたの成功脳の状態は

量子力学コーチ高橋宏和さんによれば、
赤ちゃんのような脳が究極な成功脳なのだそうです。

地球に生まれてきた以上(笑)、誰もが初めは成功脳でした。

赤ちゃんは目に見えるものを模倣し、周りのことを吸収して、あっという間に成長していきます。
それは素直で、好奇心旺盛、物事をシンプルに考え、善悪の判断もせず、固定観念がないからだそうです。


気になるのは常に目の前のことで、その周りに広がる人間関係で悩んだり、未来の事で悩んたりはしません。
しかし親の教育や育つ環境の中、成長の過程で「常識」という思い込みが潜在意識に溜まり、それが信念になってしまうから「できない」人になっていくのだそうです。


赤ちゃんのときは何もなく可能性は無限大でした。

成長過程で身につける固定観念を融かして、フラットな状態で新しい学び等をインストールすると、新しい固定観念が出来るそうです。それをまた融かして新しく書き換えて・・・と繰り返し、常にこれまでの思い込みを外し、自分にとって必要な新しいエネルギーを、自分の目に映る世界の善なる部分から取り込んでいくようにすると、成長し続けていけるようになるそうです。

素直、好奇心旺盛、物事をシンプルに考え、善悪の判断もせず、固定観念を持たずに
なんでも自分の人生のものにしてしまう

これぞ
成功する在り方(笑)

そんなフラットな中でも
どうしても出てくる「こだわり」が
「自分らしさ」とも言えるのかもしれません。



最先端の科学量子力学においても「観測しない限り人間と人間の宇宙は存在しない」との定義が発表されています。


「思いが現実化する」
「答えは既に自分の中にある」

自分がそのように思う(観測する)から
現実化する(存在する)。


あなたの中に生まれたものは

あなたが観測(見つけて気づいて表現)しない限り
この世界に生まれてこれない。

あなたが
ふとそうしたい
やってみたい

なぜだか思うこと
興味があること

などは

あなたを通して
生まれたがっているもの。


この世界に顕れたがっているもの。


あなたが諦めてしまえば

表現してくれる誰かのところに行くでしょう。


あなたが生むのか
他の誰かなのか

その違いでしかないけれど


あなたを通して生まれることもできる(あなたは夢を叶えることができる)のです。


それにエネルギーを注ぐのか
育めるのか

完成させられるのか


あとはあなた次第。


自分の内面に授けられたものを見つけるには
静かに自分の魂が発している微細なエネルギーをキャッチすること。


それは瞑想で浮かび上がらせることが可能なことも科学的にわかってきています。



今日は
静かな時間をつくってみよう。


これまで
否定して
ないことにして

見ないようにしてきた

本当の気持ちを救うために。


あなたが救われれば
あなたに繋がるすべての存在が癒されていくから。



candle-3854101_1280.jpg
posted by Kaoru at 08:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

素晴らしき哉

そもそも
自分に授けられているものを生かすのなら

それは
タイミングをちゃんと迎えるし

サポートも入る。

それにまつわる
奇蹟の出会いもあれば

困難に打ち克つ強さも同時に授けられている。


自分に授けられているものを
生かしている限り

天寿を全うできます。

あ、逆か。


天寿を全うするということは

自分を生かすということ。

なのね。



どんなときも

生ききるといい。

思いっきり悩んで

泣いて

笑って

怒って

喜んで

楽しんで。


それが
あなたの素晴らしい人生。


christmas-4581554__480.jpg





posted by Kaoru at 18:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

逆転した立場からの気づき

どうしてこんなことを言うのだろう?

なぜこんな態度なのだろう?

そのとき
わからずに
不愉快な思いをしたとしても


いつか
逆の立場になって

そうか


わかるときがきます。


たいてい
悪気はないことが多いです(笑)


探求心からだったり
良かれと思ってのことだったり

事情がよくわかってなかったり(認識の違い)


「されたり」「したり」を体験すると


ほんの小さな
考え違いや
思いの行き違いなのだとわかります。



そんな
ささいなことで
関係性が壊れるのは
悲しいことだけれど

「相性」もありますしね・・・


スッとわかりあえなかったり、響き合わないのは
そもそもそんなに相性がよくないのかも。


「合わない」人には
話が通じないものです(笑)
誤解されたり
悪く受け取られたり。



それでも
「よい方に信じる」ことで
相性など超越できることもあるのですが。

(本当に良い部分が見えてきたり、あ、なんだ、○○なだけなのか、と気づいたり)



「目の前の方は総てが師」

「相手・周りは自分を映す鏡」


このように思っていると

自分への理解が深まります(*^_^*)



sri-lanka-3608332__480.jpg





posted by Kaoru at 18:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

エネルギーのつりあい

どんな人と一緒にいるのが
心地いいですか?


明るい方へと思考の働く人が

何でも悪い方悪い方へと考える人と一緒にいると
違和感を感じるように


エネルギーのつりあい・ふつりあい(ゴールデンポイント)があって


お互いの望みを生かし
尊重し合い
適切な距離感で

一緒にいて

ホッとする人は誰ですか。



自分の魂を生かすとき
共に前を向ける相手は

どんな人だろう?


toys-3227436_1280.jpg





posted by Kaoru at 12:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする