2018年07月08日

奥から湧く衝動に従う

より自分らしく

より自然に


自分を縛るものから
制限するものから自由に


羽ばたきたくなる。



なぜだか
そうしたい


その衝動を大切に。


なぜか
走る

そちらへと向かう


どうしようもなく
魂が向かう先へと

走り出す。


激変のとき。


自分がひらくことそのものが


多くに希望を与える。



そんな自分へと生まれ変わるとき。

臆さず
進路変更しよう。

自分の思う方向・タイミングでいい。
否応なしの変更になるかもしれない。


でも大丈夫。


起爆剤も
燃焼し続けるエネルギーも

今ならふんだんに供給されている。


あなたに起こったことなら
あなたにだけは
対処可能。


landscape-2077890__480.jpg





posted by Kaoru at 08:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

素敵な贈り物

思いがけず
素敵な贈り物が届きました!


誕生日でも
記念日でもないのですよ?!(笑)


ある日
普通の1日に

不意に届いた
プレゼント。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。


ありがとうございます!!


_20180706_130508.JPG



しかも、いただいたお茶は、

ある方からいただいてから、

やっぱり、素敵な人は素敵なものを知っておられるな〜と、
私も欲しくなり、

近くに取り扱いがないか、探していたもの。
(どうしてもなければ、いただいた方から直接購入すればいいか、とそんなにガツガツ探していたわけでもないのですが 笑)

偶然、大きなパッケージのものは
置いてあるお店を見つけたのですが、

私が探していたのは、

この小さないろいろの

_20180706_130709.JPG



さらに!
近くに取り扱い店があるのね!
ということもわかり

一気に
気分が急上昇です


夕方からもお楽しみがあるし


あー

おかげさまで
今日は、とっても幸せな気分です


ありがとうございます(*^_^*)
感謝いたします




posted by Kaoru at 12:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

力を使う場所

ねばり勝ち、なんじゃないかと思うこともある(笑)

相手がいてもいなくても
評価されてもされなくても

ひたすらにやり続ける。


その世界にい続ける。



そうして存在感は強まっていくものなのかも。



だからこそ

自分が何を好きか(本当に好きか)

続けることができるかが大切で

自分に適性のあることであれば
いつかそうとわかる日が来るけれど



がんばりやさんほど

自分に合わない環境でも

ギリギリまで頑張るので
大きなトラブルやゴタゴタ、精神的苦痛がないと進路変更は難しくて


そんなときは「ねばる」方向を
考えてみたほうがいいのかもしれない。

がんばる方向を変えてみるのもいいのかもしれない。


がんばる人ほど

自分の思いのままに
すっと進路変更した方が
(がんばるひとには、これが難しいんだけど💦)


こんなに簡単に進路変更できるんだ、と目からウロコかもしれない。



「こじらせてる」って
やっぱり

小さな頃からついてしまった
心のクセは大きく影響して

大人になってからも
それを
別の人間関係に持ち込んだりするから

ややこしくなる。


人間関係うまくいかないときは

自分が過剰に、そしてネガティブに反応していないかを
見直してみるといいのかもしれない。



ここでも

見当違いなところで

一人相撲とってることがあります。



意地の張り場所、
力の入れどころを変える


すごく楽になります



chipmunk-2323827__480.jpg





posted by Kaoru at 12:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

目撃者になる

いつもお世話になっております、ハッピーライフカフェさま。

Miyakoさんの企画がおもしろい!




ご興味がある方は、コチラ


↓ ↓ ↓


「チェルシーカフェで会いましょう♡」


観る側もいいと思いますけど、

参加する側もいいかも〜
変化が大きい気がします〜

何かが起こりますよ〜!


もちろん、ご本人さま、スタッフのみなさまの努力がいちばん大きいですが
(注がれてるエネルギーもスゴイ!)
でも、それだけじゃなく、そこに、何か、目に見えない力も働いてる。



そのパワーにあふれる空間の始まりに、ぜひ、立ち会ってみてくださいね


book-2929646__480.jpg





posted by Kaoru at 18:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

満たされない

「満たされない」は「原動力」のひとつになると私は思います。


「満たされない」を感じ続けるのは
決して楽しいものではありません。

求めても
手に入らないと
思い知らされて
がっかりもする。


虚しさもある。


でも

満たされないから求める。


どうしようもなく求める。



「満たされない」より
「求める」にフォーカスしたとき


その力の大きさを知ることになります。



探求し続ける原動力になっていると気づくのです。


自分ひとりでは
それを完結させることは難しい。
(自分の体感では虚しいままだから)


・・・これ、救いがないのか?!
・・・というと、そんなことはありません(笑)

自分が探求するものを
求めてくれる人がいるから
こんな自分でも
少しは
何かの役に立っているのかなと思える。


そのために
しんどくても
頑張ろうと思える。


たまに
しんどくて休んでも
またやりたくなる(笑)

つい
動いてしまう(;´д`)


どう思われようと

何を言われようと

これがいい
と思うものをアウトプットするだけ。



どこまでやれるかは
自分次第だし

やってもやらなくても自由。


私は
自分の中の
「満たされない」を
探求することによって

埋めることができる。

常に上を見上げることで

進んでいける。


そうしたい設計図で(笑)


それを通して他者と関わることもできる。


求めても求めても得られない。


私は、求めることに飽きたくないのかもしれない。

(「落ち着くと飽きる」という設計も持っていたりする・・・)


やー。
もう
計算ずくですな(笑)



teddy-1955__480.jpg





posted by Kaoru at 10:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

叱られる

『チコちゃんに叱られる』という番組があります。

たまたま見かけたのですが、


釘付けに!(笑)

おもしろっ!


・なぜ「男」と「女」がいるの?

・お別れするとき、手を振るのはなぜ?

・青信号はなぜ「青」という?

・電車で眠たくなるのは、なぜ?

・誕生日のケーキのろうそくはなぜ吹き消すの?



あたりまえのシーンだけど
改めて問われるとわからない。


で。
答えられないと

「ボーッと生きてんじゃねぇよ!」

と、5歳のチコちゃんに叱られる(笑)


答えも、知っているものもあれば、
へぇ〜!と思うこともあり。



・花はなぜいろいろな色がある?


A.花によって、虫の好みがいろいろだから。


花は虫に花粉を運んでもらって受粉しています。
受粉すると種ができて子孫を残すことができます。

虫に来てもらうために、花も多種多様にカラフルになる必要があって
様々に進化してきたのだとか。

どうやって
虫や鳥を花におびきよせるかという
植物側の戦略のひとつが、「花に色をつけること」なのだそうです。


中には、花の色を変える植物もあるのだそう。

受粉を境に色を変えるのですが、
それは、まだ受粉していない花を目立たせて、効率よく虫を集めるためなんですって。


カラフルな色は、人間を楽しませるためにあるわけではないのだそうです(笑)



めっちゃ自分の都合で進化してきたのに

それが人間をも楽しませてくれる。



自分が必要に迫られてやってきたことでも

誰かを励ますことも
あるかもしれないな・・・



そうとは知らずに

めっちゃ自分の都合でも(笑)

誰かのためになっていることも
あるかもしれないのです。


魂の本質のひとつは進化・向上。
よりよくなろうと自分を磨くのは、宇宙のリズムに同調していることであり


自分を高める(生命力をあげる)ために
がんばったことは

自然に

どこかで
誰かを

癒しているのかもしれない。

和ませたり
元気づけたり
貴重な気づきを与えたり
深遠な叡智を知らずに手渡したり
しているのかもしれないのです。



flowers-3441662__480.jpg





posted by Kaoru at 08:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

「在る」以上は波立つ。

批判を避ける方法は一つしかない。
何もせず、何もいわず、何者にもならないことだ。

まずはっきりと定義された明快で実用的な理想を持て。
目標あるいは目的である。

次に目的を達成するのに必要な手段を持て。
知恵、金、材料、方法である。

第三に、すべての手段をその目的に合わせよ。

垣根は相手が作っているのではなく、自分が作っている。
幸せかどうかは、自分次第である。

アリストテレス




jellyfish-698521__480.jpg





posted by Kaoru at 06:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

まっすぐな心

応援は

まっすぐな心に集まる。

ひたむきな姿勢に集まる。


一生懸命さはまた

多くの人に
元気と感動を与える。



へこたれない精神
向上心は

善き指導者を呼ぶ。



自分の在り方が

いつも

応援者や
称賛や
感動、あらゆるものをつれてくる。


自然に展開していく
流れをつくる。


DSC_0705.JPG
山に一筋だけ色の違う光が降りていました。
青白い、不思議な色でした(写真だと、見えないかな〜・・・)。
その光はすぐに消えました。




posted by Kaoru at 07:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

喜びを糧に

どうすれば
相手に喜んでもらえるのか

それを考えることが大切。


よく言われていることだし、
私も共感します。


使っている言葉は同じでも


動機」が違うと
現象も変わってきます。


純粋に
「喜んでもらえるのが嬉しい」というのと

心の奥に
「認めてほしい」気持ちがあって、喜ばせようとするのとでは

誰かに何かした後の「自分」が違うし

これから起こってくること」も変わってきます。



単純に
「自分がそうしたくてそうする」場合は
「相手が喜んでくれること」そのものが何よりの報酬となります。

だから
見返りを求めていません。


ただ、
「自分を認めてほしい」が動機の場合

相手が思ったように動いてくれないと(相手からの感謝がないと)
「なんだか、おもしろくない」と、相手に対して批判的にもなってしまいます。
相手が自分を認めてはじめて完了するので、それがないと、完了するまで、なんとか手にいれようとして
巧妙に問題をすり替えて(全然違うところで相手を攻撃したり)、何だか相手に絡んでしまう・・・

暗に見返りを求めている状態になります。


いつでも
相手が自分を認めてくれるとは限らないので
自分の思う報酬がもらえるまで
過剰なアピールになったり
あんなにしてやったのに・・・と、逆恨みしたり
小さな復習をしたり
他のところでも押し付けがましくなってくる。


そのことを
相手も何となく感じるので不愉快で

それにつきあってもらえない場合は、離れてしまうこともあったりします。

それがあった上で一緒にいることもあるので
一概には言えないのですが

似たような相手と一緒にいるもので

“その人である理由”が、自分側にあるとも言えます。

この考え方を認めたくない人もいることでしょう。



でも
ここを否定したままでは
壁を超えられない。


認めた上で、「どうするのか?」を考えると
変化が起こってきます。

「何で私ばっかり・・・」にならないのです。

ここで、自己肯定感(自分が満たされていること)が大切になってきます。
自分がそれをできればいい、
相手が喜んでくれればそれでいい、で完了するのです。
あとは、相手が誰であれ、どうであれ、
自分がそれをやっていくだけです。


自分で自分を否定している場合、
相手の言葉を「自分を否定する言葉」として受けとることが多いです。

相手の思惑など関係なく
自分がそのように受け取ってしまうのです。
(つまり、相手を「悪者」として処理しやすい)

このカラクリに気づいてしまうと
必要以上に自分で自分を否定したり
相手の話をねじまげて聞いてしまったり
自分を傷つけたりすることが激減します。

相手の言葉を、自分の中で感情や都合を絡めることなく
そのまま聞くことができるようになるのです。

そうなれると

人間関係も変わってきます

悪意すら善意に受けとるようになれれば最強でしょう 笑)


現象も変わってくるので
自分自身も
ずいぶん楽になります。


(でも、人には様々な関係性があるので、そうならなくてもいいのですが。どんな関係性をお好みか、ということですね 笑)

居心地のいい人と寄り集まるものなので。


そして、「居心地いい」にもいろいろあって、
本当に幸せだな〜と思える居心地の良さだったり、
一般的にはネガティブでも、
子どもの頃から馴染んだ心理的状況に自分を置きがちです。安心するから。



ここが、肯定的か否定的かで

ずいぶん生きづらさが変わってくるような気がします。


その中にいるときは
自分で気づかずにいることも多いのですが・・・


わたしたちには
「他者」がいます。



自分を映してくれる他者が。


ギャップを見せてくれることで

本当に自分が求めているものに気づかせてくれることがあります。


何だかうまくいかない・・・

というときは
本当の自分の心の奥の奥を覗いてみるといいかもしれない。


口で言っていることとは全然違うことを思っていることもたくさんあります・・・


現実に働くのは、奥の方。


誰かの言葉が刺さる。


そんなときは、

自分で自分を責めていないか
振り返ってみるといいでしょう。


だれかを責めてしまう。


そんなときは、

視野が狭くなり
何で私ばっかり・・・になっていないか
心を覗いてみるといいでしょう。


自分で自分を認められていれば

誰かの言葉が刺さるということはないし

相手の立場も正当に理解することができるので。


自己肯定感(自分を愛せていること・大切にできていること)は、こういった意味で

大切です。


自分で自分を立て直す力とも言えるし

何かあったときに自分で乗り越える力とも言える。


自分の人生に
自分で責任を持っているとも言える。

これさえあれば
どんな世界でも生きていける。


誰に頼らなくとも
自分で自分を
幸せにすることができるようになるのです。


little-girl-reading-912380__480.jpg





posted by Kaoru at 08:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

いつも見守られている

時々

目のような太陽を見ることがあります。


昨日の夕方も


見られていました(笑)



DSC_0703.JPG



覗いてるでしょ(笑)



夜には、星。

火星・木星・土星も肉眼で見えます。


今年の夏には、火星が15年ぶりに地球に大接近するようです。


ところが今、火星の模様が消失するほどの
火星観測史上最大級の砂嵐が発生しているのだそうです。


火星では度々砂嵐が観測され、珍しくもないことのようですが、ここまで大きい規模の砂嵐は、2007年以来、11年ぶりのことで、まだ成長を続けているのだそうです。

その砂嵐に、
NASAの探査車「オポチュニティ」が巻き込まれ、通信が途絶えているとのこと。

メリディアニ平原の「忍耐の谷」(Perseverance Valley)を探査中だったそうです。

オポチュニティは、太陽電池で動いており、
当初の設計寿命は約3か月と想定されていたにもかかわらず、もう15年間も働き続けているのだとか・・・



積極・攻撃の星で「忍耐」か・・・

自分が持っているエネルギーを自分で使わなければ外からやってくる、ということを考えると、ある意味、トラブルをよく起こす方が、自分で消化していることになるのだろうか(笑)
(私には合わないですが)


エネルギーは
抑圧されると

別の形をとって
思わぬところから現れる。

どんなことも
自分で招いている。


であれば

健全な形で使いきり
自分で指揮をとるほうがいい。



火星の砂嵐のように

魂も不安や恐怖、猜疑心などで曇ることがあります。

そのとき
光は遮られます。

でもそれも
成長の過程においては
不可欠なプロセスなのでしょう。
(セッティングしてるんだから 笑)


いずれにしても

どんな状況がきたとしても
善処することです。

たとえ
その時
対応しきれなくても

また次があります。

何度でもチャンスはある。

逆に言えば、クリアするまで
練習させられる(笑)

いつもエネルギーは届いている。

わたしたちは見守られている。


どんなことも
受けとめきれるような

懐のデカい人になりたいものです。
(いや、身長はデカいんですけどね・・・笑)




posted by Kaoru at 12:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする