2019年04月25日

陽炎のように

つかんだ

と思った瞬間

それは姿を消す



見つけた

と思っても

また崩れて


陽炎のように
とらえどころがなく


探し続けている感覚は
多分
一生なくならないのだと

そのときそのとき
立て直し立て直し

行くしかないのだと決めても

やはり
「実感」を求めてしまう。


私は何をこんなに探しているのだろう?

何を求めて
こんなに虚ろなのだろう?


そこには
ピッタリはまるものが

あるのかないのか


見つけるまで
それに気づくことはなさそうで。


これだったか、と
見つけた瞬間にしか気づけなさそうで。

でも
見つけたと思った瞬間消えちゃうから・・・


探しようがありません(笑)


探しようがないのに

「欠けている」感覚はあるのね。

だから
自然に
探しちゃうのね。

何が欠けているのかもわからないまま。



迷子のように感じていらっしゃる方へ。

それでも

自分は自分。

それ以上でも以下でもない。


「自分」として
この世界に生まれてきている。


その瞬間
満ちた何かがあるはずなんです。


そうとは知らずに
満たしているのです。


孤独な挑戦は続く。



religion-3452582__480.jpg





posted by Kaoru at 00:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

自分を救う

周りに批難されたからと言って

傷つきっぱなしでは
あまりにも自分が
かわいそうで


それを回避するには
いろいろな方法があって

相手の問題だと
誰かのせいにもできるし

批難を批難と受け取らない
という方法もあるし

相手の立場や心情を理解して
なら、しかたないか、と
であれば、自分はどのように対応すればいいのかを考えることもできる。


周りに対して
どのような姿勢でいるのかは

「自分はどういう人か」
を表現する方法でもあり


周りに合わせることが
すんなりできる人もいれば

合わせることが難しく感じられる人もいるので

それぞれに
ふさわしい方法で
乗り越えられればそれでいいのだけれど


若いうちは
(若くなくても、心の状態や成長の段階などにおいて)
何かと摩擦も多くて

自分を形づくっていく上での
削ぎ落としでもあるので
痛みを伴うことも多く

傷としても残りやすいけれど


年齢を重ねていくうちに
(成長に応じて)

その傷さえも
アートにできるほどの
生命力や自分力にすることもできて

傷は消えないけれど
表現のしかたによっては

それは
とても美しい景色となる。


誰かに何かを言われて
落ち込むことが
あったとしても


その言葉を
よく観察してみると

だんだん

「その人自身の問題」か
「自分が過剰に反応しているだけ」か

何かしら
見えてくる。


他の誰かの話をしているのかもしれないのに
自分が言われたかのように反応することもあったり


わざわざ
“本人”を目の前に
言うだろうか?

と考えてみると

自分が相手をそのように疑っていたり
自分が反応しているだけだと気づいたり
相手の問題であることもあったり


いろんなケースがあるけれど

自分を救うには

相手も自分をも
責めない答えを見つけると

とても心が軽くなります。

(人のせいにしてもいい設計図を持っている人もいます 笑。その設計図を持っていなければ、同じことをしても、残念ながら許されないでしょう)


見つけた答えが
事実であるかどうかは別で
(その答え合わせは要らない)

自分の心が救われるのならば
少しでも世界が明るくなるのなら

自分を責めて
苦しくなるより

他者を責めて
世界を狭くするより

ましのように思います。


「揺さぶり」(自分にとって好ましくないこと)は

そのように信じた方がいいという
ベストアンサー

探るには
とてもよい時間で

「このように在り続けよう」と
改めて思える(進む先が見つかるような)瞬間を迎えることもあって



そして
自分が救われた言葉は

いつか
誰かを救うことがあるかもしれない。


古い傷
欠けた部分
つらかった過去
なかなか思い切れない悩み


金継ぎのように
それらの部分が
たまらなく美しく
光を放つこともあるのです。


自分にはありがたくない傷でも
それを魅力的に思う人もいるのです。


そのままでも
愛されます。


そのように
信じてみましょう。




autumn-1051908_1280.jpg








posted by Kaoru at 10:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

捨てる神あれば拾う神あり

邪魔だったり
必要なかったりして
捨てているものでも

その部分にこそ
実は大切なものがたくさんあったりして


自分の都合で切り捨てているものの中に
自分の気づいていない価値が
ひっそりと隠されていることもあるかもしれない


秘められた部分

誰も気づかない部分

価値がないと
見向きもされないものにこそ

宿るものがある


pattern-3119825__480.jpg





posted by Kaoru at 09:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

どんな時間を過ごしたいですか

庭が華やかになってきました

お天気のいい日も増えてきましたね

何度この季節を通りすぎて来たでしょう。


あと何度通りすぎるのでしょう。


有限のこの世界で

どんな生き方をしたいですか。


どんなふうに生きていきたいですか。


どんな人になりたいですか。


どんな時間を過ごしたいですか。


girls-739071__480.jpg





posted by Kaoru at 14:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

奇蹟は追い風のように突然に吹く

ほんの小さなできごとがなければ

ここにはいなかった


そんな
運命のイタズラのような


ふとした瞬間に起こる奇蹟(予定・計画通り? 笑)


それは
自分の予想も想定もコントロールも超えたはたらき



book-1356337__480.jpg





posted by Kaoru at 08:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

なりきり人生

あなたの夢がすぐに叶う方法が
ひとつだけあります。



それは

今この瞬間から
「叶った」自分で生きること(笑)


どんな人生を創ってもいいのなら

どんな自分で生きたいですか?




ちょっと遊んでみましょう。

「新進気鋭の画家」になりたいのなら・・・

キャンバスに向かって
なりきって絵を描いてみましょう。

そして描き続けてみましょう。

どこかでそれを発表しましょう(笑)



「素敵な奥さん」になりたいのなら
今からでも
自分の思う奥さん業を。



「作家」になりたいのなら
どこかにこもって(笑)
締切前の作家のように文章を書いてみる。



「歌手」になりたいのなら
独りカラオケでも
誰かの前でも
妄想舞台の上で歌ってみましょう。
休日には
変装してバレないように歩いてみるとか。
(有名人前提 笑)



今の自分の人生すら一時の幻なら


すぐにでも
別の幻を生きてみて
なりきってみて

過ごしてみると


おもしろい世界を垣間見ることができます(*´艸`*)



今の会社の中で
たとえば
「経営者」になりきってみると

これまでの自分の目には見えなかったことが見えてきたり。

わからなかった苦労がわかるようになったり。


様々な目線を持つことができるようになります。


なりきり○○


「前提」を持つと
自分の思考や行動が変わってきます。


○○なら、こんなことは言わない、やらない。

○○なら、こんなときはこうする。

理想の○○なら、きっとこういう行動をとる。


理想の○○の前なら、私はこうなる。



それをしばらく続けてみる。


夢が明確なら

それをずっと続ける。
叶う前から。


そしたら、もう、叶っているも同然ですし

そのうち
それにふさわしい何かを引き寄せています。



young-woman-2622740__480.jpg





posted by Kaoru at 10:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

なんの言葉も入ってこないとき

誰の言葉も響かない

そんなときもあります。



それは
自分で自分の心を閉ざしているとも言えるのだけど


本当に
純粋に
自分の言葉を探しているとき

自分を救おうとしているとき

とも言えて

そんなときは
どんな言葉を聞いても虚しく

自分で自分を救うしかなくて。


あるいは
疑いの心で真っ黒になって
(あるいは他のいろんな状況や理由で)
誰の言葉も入ってこない、というケースもあったりします。


でも
そんなときは
自分が苦しいから
必死で探す。

自分と向き合う


もがきながら
見つける。

いずれにしても
自分だけのエネルギーでいた方がいい時で。




重苦しさを感じやすい「時期」もあって

そんなときには
自分がやれることをやりつつ(やりたくなければやらずに)
時期が過ぎるのを待つ。



でも

いつか

見つかる。

必ず見つかる


つらいだけの人生ではないから。


「ある」を喜べると
次々に見つかってきます。



columns-801715__480.jpg





posted by Kaoru at 18:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

エネルギーの使い方

自分のやりたいことを
自分にさせてあげると

興味があること

やっていて
夢中になれることを

どんどんやっていると


それは
自分に授けられたエネルギーを
使っていることになるので


変に
エネルギーが停滞したり
こじれたりして

悪い出方になることを
回避することができます。


自分のためにもなって
周りのためにもなって


荒々しいエネルギーは
そのまま出すのではなく

少し踏ん張って
様子を見ると

思い違いだったり
一時の感情だったり
しばらくすると落ち着いたりするので


周りに吐き出して
嵐を巻き起こす前に

自分で
良い方向に
転換できることを知っておくと
よいのかもしれません。


(嵐を巻き起こすことで改革や新生を促す場合もあります)


自分でコントロール不能に思える感情も

いったん
受け止めて

自分にとって
楽しいこと
興味があることに触れてみると


いつのまにか

喜びの流れに戻っているのを感じられると思います


こうして
立て直し
立て直し


少しずつでいいから

進んでいこう。



daisies-388946__480.jpg





posted by Kaoru at 18:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

自分を上げるには

自分が
それを

一生懸命やればやるほど

エネルギーはそこで密度を高めて

いずれ
光を放つようになります。


ネガティブなことを
言ったりやったりするのは


何よりも誰よりも

自分にとって
損なことで
(身体や運気に影響があるのです)


波動は
喜びや感謝に宿る
高いエネルギーなので


自分がそこに
楽しみや喜びや
感謝を感じて
大切にできたのなら

それは
間違いなく
自分にとって
かけがえのないものになっていきます。


これも

自分が育てるものなのかもしれません。


そうしているうちに
触れる神秘があるのでしょう。



pink-2254970__480.jpg





posted by Kaoru at 10:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

いつでも最善のことが

つらいときほど

不安定な時ほど


いつでも最善だと信じ切れないけれど



それでも
最善は起こっています。




一見最悪でも


最善に繋がっています。



お天気のように

雨が降る日もあれば
晴れの日もあるように

人生にも
幸・不幸とリズムがある

でも
どちらも
より豊かになるための
揺らぎでしかなく


そのリズムの中で
自分がいかに生きたかが


あなたの人生の質を決めるのです。





rose-174817__480.jpg





posted by Kaoru at 10:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする