2016年07月13日

コンパニオンプランツ

夏野菜が美味しいです。

ウチでも大変にならない程度に
家庭菜園を無農薬でボチボチやっておりますが

この季節になると、ご近所さんからも頂きます(笑)

でも、それぞれに味が違って美味しいです。


キュウリの側には、ネギとマリーゴールドが植えてあります。

虫がつかないんですって。
こういうのを、コンパニオンプランツって言います。

または、共存作物とも呼ぶそうで、野菜や花と一緒に植えることでよい影響をあたえ、共栄しあうとされる植物のことを言うのだそうです。

コンパニオンプランツを植えることで

病気や害虫の被害にあいづらくなる
生育がよくなる
風味や味がよくなるといった作用があり

野菜の場合は、農薬や化学肥料の使用量を減らすこともできます(*^_^*)

あとは微生物で土壌を豊かにします。

植物そのものの生命力が強くなると、虫がつかなくなります。
雑草も、あえて取らない場合もあります。
雑草に虫が寄るため、野菜への被害が減ったり、雑草の根が水分を蓄えていて、それがみずみずしい野菜になることを助けていてくれるからです。
(「雑草という草はないんですよ。どの草にも名前はあるんです。どの植物にも名前があって、それぞれ自分の好きな場所を選んで生を営んでいるんです。人間の一方的な考えで、これを切って掃除してはいけませんよ。」という、昭和天皇の言葉を思い出しますね)

管理できてるのはホントに小さな範囲で、他はほぼ放置ですが(^_^;)

畑にも、小宇宙が(笑)

体内にも、小宇宙が。

繋がってるんだなぁ〜゜+。(*′∇`)。+゜

同じものってことが、よくわかる。

どこから入っても、同じ世界を観る。

理解が深まると、愛しくなりますね〜

こうやって、世界は広がっていく(愛は広がっていく、とも表現できる)。

実際的に触ってわかる、見てわかる、
見えない世界のこと。

地球にあるものに、触れるとわかる、見えない世界のこと。

動くと繋がる、ご縁や絆。

動かすから、おもしろい。


思いっきり生きてみよう。
こうしてみたい、を次々と。
わからなかったら、わかりそうな人と。

地球を楽しんでみよう(広すぎてピンとこない? 笑)



posted by Kaoru at 18:12| Comment(0) | 微生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする