2019年03月19日

どんなに与えてもなくならない

イベント情報



惜しみなく与えてもなくならないし


与えれば与えるほどに
そこに奇蹟が見えてくる。


出し惜しみしていると
そこで止まってしまう流れがある。


計算やコントロールは
流れを
なんだかおかしくしてしまう。

無私無欲の心に
神は宿る。



purple-flowers-2191635__480.jpg





posted by Kaoru at 09:09| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

未来からの情報





心があたたかくなるような

しめつけられるような

希求する気持ち

弾むような気持ち



繰り返し目にするたびに


自分の中に「確かさ」として
刻み込まれていく。


いつか
それは


私の目の前に現れる。


rose-3944019__480.jpg





posted by Kaoru at 22:05| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

あなたのためだけの表れ

自分以外の人にはなれないけれど

自分だけの計画と展開がある。



他の人に起こって
他の人には経験できないことも


自分の人生には起こることがあって
また、計画のないものは起こらない。



自分をよく見せようとして
憧れの、あの人のようになりたくて

どんなにがんばっても

自分以外の人にはなれないから

やってもやっても
できなくて苦しいことは見切りをつけてもいい。


できることは
自分がもともと持っているものを洗練させていくこと。
(自分の中の“善なる部分”をどんどん使っていくこと)

自分なりの美意識や良くするためのこだわりを表現していくこと。


ステージアップすれば
広がる世界が変わり
出逢う人たちも変わっていく。


けれど
それも
もともとの計画のうちで


自分のうち
変化させていくことはできても

それを人の中に持ち込むことはできないから
(他者と響き合うことはできても、他の人にはなれないという意味で)


いいも悪いも
「自分を生きる」、それ以外にはできない。


これまであった
嫌なことや
苦しかったことは


自分の持つ設計図の「低い表れかた」なだけで


始まりは初級編からスタート

・・・といったように


初め
自分の人生に起きて
そのように認定していた「自分」は

洗練させる・高めていくために
低い位置から始めなければいけなかった

だから

そこで自分を決めてしまうのではなく

これからいくらでも
変容可能で

誰でも大バケする可能性を秘めています。


低いままであるはずなどなく
(つらかったら、やっぱり、よくなりたいとがんばるから)


過去は過去。
終了したもの。

その中で
学ぶことは学び
このようにしていこう、と決めたことがあるはず。
(それもいつでも修正可能)


あたたかい人にはあたたかい人がつく、と言われているけれど

それは
もともと持っているその人の設計図とおりのその人で
その人の世界もあたたかいから
自然に同じものが集まっているだけ。


自分の周りを見回してみて
望みのものでなければ

今すぐにでも
自分のエネルギーの使い方を見直して

望みの世界を創るために
力を注いでみよう。


周りを見て
あの人素敵だな、と感じるところは
あなたの素敵なところであり

あの人みたいになりたくないな、と感じるところは
訂正ポイント。


それを「あの人」として認定してしまわずに
自分のものとして見るようになると

進化のスピードがアップします。


「あの人」のままにしておくと
いつまでも
自分の中にあるエネルギーを

自分のものとして使えないのです。


悪いからといって嫌悪したり
そんな自分を否定したままでいると
それは強化され

どんな自分でも受け入れて
まるごと好きになれると

補完されるような出逢いが生まれる。


だからこそ
未来に希望を持って

ますますよくなっていくと
当たり前に思いながら

自分にできることをやっていきながら

成長している
自分を感じながら

それを喜びながら

楽しみながら


自分の未来を信じていてほしい。


自分の人生に現れたことやものを大切にしてほしい。


かけがえのない
唯一無二の「表れ」だから。


あなたが
待っているものは


それを手にするに相応しい自分になれたときに

不意に現れるようになっています。



gift-1196258__480.jpg





posted by Kaoru at 09:09| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

生まれた気持ち

自分の中で生まれて

ひとたび
それに気づいたら



それは
表現するしかなく

何かしらの形で表現し

生まれた気持ち
どこへ向かうのかを

見届ける責任がある。


それは

生まれたときに
素直に出してあげるのがいいのだけれど
(最高の旬 笑)

計算やためらいやコントロールしようとすることで
ズレが生じることがある。


気持ちが

ハッキリしない
テンションが上がらない
なんだか今ではない気がする

などのときは


タイミング合わせであることもあるけれど

生まれた気持ちは
どんな形にせよ
成就させるまで
自分の中にあるから

いずれ
何らかの形で
この世界に表現されることになる。


だから
恐れることなく
そのまま出してみよう。


結果が思わしくなかったとしても

(成就しないとわかったら、愛を持って完了させてあげよう。自分の中に影を落とさないように。)

あなたが
行動したエネルギーは
宇宙に蓄積されていて


そのひとつひとつの
ささやかな望みが

大きな望みへと結晶するのだから。



spring-697755__480.jpg





posted by Kaoru at 22:22| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

「調和」は広がる

自分との調和をはたした人
自然に周りとも調和するようになっていきます。


では
自分との調和とは?


入り口は
身体からでも
心からでも
どこでもいいでしょう。

身体も心も
エネルギーの受信機の一部です。


身体を調えると
心を調えると


つまり
自分の外側も内側も調えると


エネルギーの通りがよくなります。


身体を調えるには
いろいろな方法があります。

体力づくり全般(ヨガ、筋トレなど)

断食、呼吸法などもいいのかもしれません。


心を調えるにも
いろいろな方法がありますが

多くは自分と向き合い
気づきと学びを繰り返して
心を癒していく作業となるでしょうか・・・



身体がクリアになると
心も調いやすく


心がクリアになると
身体が調いやすくなります。
(調えたくなってくる、というか・・・)


波動が上がるわけですが

そうすると
自分にとって好ましいことが増えていきます。

自然に関わるものが
善いものになっていきます。


自分にとって最善の選択ができるようになるし

必要なものが集まってくるようになる。

情報が降りてくる。



80年代、校内暴力や家庭内暴力がクローズアップされたことがありました。

その頃、ある校長が給食をパン食から和食に変えたのだそうです。

すると、生徒が「キレる」頻度が低下し
また、図書館に集まり読書する生徒も増えたのだとか。


食から調えるのもいいのかもしれません。


腸内環境が荒れていると、ジャンクフードなどを欲する傾向にあるとか、
永平寺で修行する僧の食事は精進料理ですが、修行してから(その食事に変わってから)アレルギーが治った、
昔の日本人は、質素な食生活でも驚異的な体力を持っていた
という話も聞いたことがあります。


身体の中を調えてクリアになると
食の好み(身体が欲するもの)も変わる感じがします。

集中力もかなりアップするように感じますし
踏ん張りが利く、注ぐべきところにエネルギーが注げる
そんな感じもあります。

とにかく
頭は冴えて
身体は軽い。

思考もまとまり
非常に効率がいい。

とっても気分がいいです。

自然にニュートラル(ポジティブ)になる感じ。

自然にネガティブなことから離れていく感じ。


身体はもともと
健康に保とうとする力があって

余計なものを入れて
身体の邪魔をしなければ

本来の働きをしてくれるものなのかも。


心にも同じことが言えて

不安や疑念で曇らせなければ
つまり、「問題」から意識が離れれば
本来の生命力100%になるものなのかもしれません。



roses-2604125__480.jpg





posted by Kaoru at 10:31| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

心についたクセを祓う

なんでも悪い方に考えてしまう

これは
しぶとく私の中にある
心についたクセです。
(いや、設計通りなのか? 笑)

あまり心配事のない今でも
不安になることはあります。


でもそれは
すぐに「気のせい」だと気づきます。


不安に揺れたときは
「そんなことない」と打ち消します。

そして
これまで
どれだけ
多くの感謝に触れてきたかを思い出します。


こうして
心の安心を取り戻します。



この作業・・・

完全なる私の妄想で
現実に何かあったわけではなく
(いや、心の不安を刺激する何かはあるのですが)
私が感じていることが実際にあったわけではなく

ただ、自分が疑って
自分で不安を煽っているだけで


でも
そんな事実はないから
それを知って安心しているわけです(笑)


これ、多分
自然に不安に感じないことができている方もいらっしゃるだろうと思います。
もともと不安はあんまり感じない、という方も(そもそも、疑わないから)。

私には少し難しいだけで・・・


不安を感じないようにしようとしてもできないし
(そしてまた不安ポイントも人とは違うらしく。当たり前だけど)

心のクセを改めようとしてもなかなか改まらないし(笑)

こうなると
できることは

感じても
(自分が不安材料を探して感じているだけだから)

何とか工夫して
安心材料を探して打ち消してあげること・・・


心の曇りのお祓いです(笑)


する必要さえない人もいれば
すんなりできる人もいて
私のように難しさを感じる人もいる。


若い頃
衝撃だったのは

ポジティブな心の働かせ方を親から自然に学んでいる人がいる一方で

私のように
野放しで、やり方すら知らず
傷つきっぱなしで
むしろそれを人のせいにしたり(苦笑)

心の使い方がまったく違うと気づいたときです。


あるとき

このように誰でも
自分の心を立て直しているのだと

その作業を
自分でやるのだと
気づいたときは軽くショックを感じました(笑)


私、何にもしてなかった!
って。


みんな
どうして笑ってるんだろう?

毎日こんなに楽しそうなんだろう?
自信に満ちあふれているんだろう?

苦しいのをどうやって乗り越えているんだろう?


と不思議でなりませんでした。


どうして私はこんなに
毎日、つらいんだろう?

と思っていたから。


今思えば
自分が感じやすいだけで

悪い方に受け取ってただけで

気にしやすいだけだったとわかるのだけど。


悩まない人なんていないと
思っていても

周りが悩んでいるようには見えなくて

私は
自分だけ違うんだ
と思い込んでいました。


そして誰にも
それを言えずにいました。


言っていれば
そうでもないとわかっていたかもなのに(笑)


それはもう少し後のタイミングで気づくのですが


みんな
それぞれに
自分と向き合い

幸せになろうとしてる。

そのひとつひとつが
とてもいとおしくて。


自分のたくさんの失敗は

後生の失敗を
あたたかく受け止めることができて(笑)


私は欠点だらけで良かったなぁと

今になって思うのです。


失敗できない人は
きっと毎日が緊張の中で

他者の失敗も許せなくて

弾劾するようになって
あの人もこの人も嫌いになって

どんどん自分の世界を狭くして

息苦しくして


生きづらいことでしょう・・・


他者に向ける「矢」は
自分にも向いているのです。


ひとのせいにするのは
そのときは楽になっても

いずれ自分に返ってきます。


その悪循環を断ち切るには

自分の意識を変えるしかなくて

自分の言動を変えるしかなくて


心から安心して
大きく深く息を吸えるようになるためには


敵などいない
と自分で決めること

そして

完璧ではないことを認めること。
完璧でないことが完璧だと知ること。

自分も失敗するし
正しいとは限らないし

いろんな人がいるのだと認めること。

「違い」を許せるようになること。


周りを許せてない人は
いちばん「自分」を許せてない。


失敗してもいいと
許せると

周りに優しい人が増えていきます。

できないことを認めると
助けてくれる人が現れる。


できないことを認めることで
「受けとる」ことができるようになるから。


できる(できないといけない)と思ってると
「大丈夫です」と相手が差しのべてくれたものを
跳ね返してしまう。


時に
差しのべられた手を
「自分はできない」認定するようで
絶対に受け取れない人もいる。


自分で跳ね返したくせに
相手がそこで引き下がると
心の中では
淋しく思ったり

手伝ってくれない
気持ちをわかってくれない
と逆恨みしたりもする(-_-;)

そこで相手を
「不親切」認定することも・・・


それを超えて
それでも「いや、手伝うよ」
と言ってくれるのを
じとっと期待していたりする。


そうならなくて
「気が利かない」と相手を責めてしまったり。


そこらへんの
「こじれ」に気づくと
ずいぶんエネルギーがシンプルになる。


やってほしいと思っているならば

ただ
そのように伝えればいいだけなのに


それがなかなかできずにいる。

どうせ嫌だって言うでしょ、と決め込んでいたりして。


でも
それを嫌だと言う人もいれば
言わない人もいる。


それは
ただ
相手がそうであるだけで


嫌だと言われれば
別の人に頼むか
自分でやるか

も一回
頼んでみるか
(その時は都合が悪かっただけで、気が変わって今度はやってくれるかもしれない)


最終的には
どんな人とつきあうか
一緒にいるか

ということになってきて

自分が好きだと思う人たちと
繋がっていけばいいだけで



でも

できないと認めると

「できる人」に気づく。
それをスゴいと思えるようになる。

そして
自分ができるところで
恩返ししていく。

それでいいとわかると

エネルギーは
やわらかくまわっていくようになります。



独りじゃない。

みんなの、おかげだと気づく。



完璧でなくてもいいと楽になる。

孤独ではなくなる。


できることで認められて
自信もついていく。

そんなふうにシフトできるといいな。

自分の周りに
勝手に「スゴい人」が増えていくのです。


その繋がりが
嬉しくてたまらない
この頃です。



IMG201305078.jpeg





posted by Kaoru at 13:27| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

自分にとってのゴールデンポイントはどこなのか

この世界は満ちていて

欠けても埋めようと働く。



自分が下がると
上げてくれる何かがあり


自分が上がると
下がるような何かがあり


飛び出したエネルギーは
自分が下がることで
平らかにすることができる。


他者からの不愉快な言葉は
自分が受け取らなければ
発したもののところへかえる。
(By釈迦)


自分を心地よいポイントに持っていくためには

受けとることと
受けとらないことのバランス。


上がったり
下がったりの体験が

自分に中庸を教えてくれる。


上げたり下げたりしてくれる人がいるから


自分が中心にいることができる。


ネガティブなことがあったとしても
どこかでポジティブなことがあって
自然にバランスがとれるようになっている。

自分が「不快」に居続けない限り。



water-217172__480.jpg





posted by Kaoru at 22:05| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

ひたひたとしみこんでくる感情

心打たれるときは
どんな時ですか?


さりげない優しさに?

理解を示してくれたときに?

誰かの頑張りを見たとき?

プロフェッショナルな仕事っぷりに触れたとき?


感謝と思いやりに包まれたとき?


あなたが
誰かに
美しさを見つけるとき

その美しさは
あなたの中にも宿っています


同じ部分が共鳴しているのです。


心打たれるとき

それは魂が震えている(反応している)ときとも言えて


あなたの真の望みにつながっていたり

ご縁のある人を教えてくれていたりします。


anniversary-1867767_960_720.jpg





posted by Kaoru at 12:11| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

求める者から与える者へ

周りに求めるだけで

期待するだけで


過剰なその欲求があった頃は

誰も愛せず
愛されず
(愛されてはいたけれど、自分には見えず)


孤独で苦しかった



でも

自分の人生を
自分の思うように使うようになって

少しずつ信念も見えてきて
形になってきて

自分から
アクションを起こして

何も期待せずに(つまり、自分の人生を自分のものとして引き受ける)
やれることをやるようになって

ようやく
見えてきたものがある。


ちゃんと
愛は循環している

ってこと。


それは


まず自分が
愛の流れそのものにならないと見えないものかもしれない。


まずは

「飢餓状態」にあると知ること

それを
少しずつでもいいから

埋めていくこと。


気をつけないといけないのは

「欲しい欲しい」は
同じように「欲しい欲しい」人を呼んでしまうということ。


それは
あまりオススメできない・・・

なぜなら
幸せにはなれなかったから。


「愛の奪い合い」
なすりあい
責任転嫁しまくり
なじり合い

が止まらなかったからです(;´д`)

(欲しい欲しいもの同士だからね💦)



その負のスパイラルから抜けるには

やはり
自分が変わるしかない。


与える側へと。

あふれる側へと。

あふれるもの同士なら
感謝に満ちた世界にするのも夢ではない。


でも
難しいのは

「ない」と思い込んでいる者にとって
「与える」ことはとても苦しいことだということ。

「ないものはあげられない」、
やってもやっても報われない(と思い込んでいる)から。

だから
なかなかアクションに繋がらない。
(与える側にまわれない)


でもこの「ない(飢餓状態)」「報われない」にも
罠があって

自分の思う愛の形しか
受け取れていない
ということ。

「認められたい」過剰な期待があるため、自分の期待値を埋める反応を求めていること。
それが返って来ないと、自分に重要感を持たせられないこと。
おおげさに大切に扱われないと不機嫌になったりすること。
・・・などなど


そのため、
あふれる者から
「ない」と思っている者に与えることも難しい。

あげても
あげても
「ない認定」されるから。


自分のところに来ている「愛の形」は
いろいろあって


自分を満たしていくには

まず
そのひとつひとつに
自分が気づくことから始まります。


自分目線から

少し他者目線になること
とも言えます。

それが無理だというのなら

何でも
いい方に信じる
心の強さを鍛えていくことです。


相手を気遣う
目線を持つことです。


いま
大きな振り分けが起きている領域は
「大人の対応」ができるかどうかです。


こどもじみた感情的な表現のおしつけは
うまくはいかないでしょう。

バッサリ削がれて終わりです。

監視や糾弾、制限が
きつく感じられるかもしれませんが

それは
周りからの目線を意識した
冷静な客観力を養うため。
(つまり大人になるため 笑)


社会のために
自分をどのように使うのか。

どのような自分で在るのか。


広い社会の中で
自分の存在感を確かめるため。

そして
在り方を洗練させるため。


自分で自分の人生の責任を負い
自分の魂の役割を遂行するため。

社会の役に立つ
自分を創るため。


このように書くと
重たく感じられるかもしれませんが


少し他者目線になること

相手を気遣うことを意識して


今の自分にできることを
できる範囲でやることです。

心を尽くすこと
とも言えます。

それをやってこそ
自分の思う「反応」が返ってくるようになります。


愛し愛される世界に行くためには

そこに
自分を寄せていくことが大切なのです。

その努力だけは
必要なのです。



floral-arrangement-453709__480.jpg





posted by Kaoru at 10:30| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

印象に残る人に

普段から
思いやりや
親切の心で接していると


自分で思っているよりも
はるかに

他者の印象に残るようです。


それは
違った職場への引き合いや
ヘッドハンティング

思わぬお誘いなど

として
現れます。


相手の立場に立ってのスタンスや
どうしたら相手に喜んでもらえるかという視点を持った姿勢は


自分が仕事を頼むならこの人にお願いしたい
という

「次」への導きの道をつくることになる。


それは

単なるラッキーでも

運がいいのでもなく
(そのように見えますが)


その人の日々の心がけ
生き方に依るのです。


注いだ良質なエネルギーは

そのような形で
必要なときに現れます。


運のいい人になりたいのであれば

日々の自分の生き方を見直してみるのが
いちばんの近道かもしれません。


羨むだけでなく
妬むだけでなく


ラッキーな人」になるために
自分にできることをやっていく。


ラッキーは
降ってわくような
偶然の産物なのではなく


常日頃の
自分のエネルギーが
あるとき現実化したもの

つまり
「創れる」もの。


roses-821705__480.jpg





posted by Kaoru at 09:39| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする