2018年11月03日

「誰に見せても恥ずかしくない自分」の強さ

自分から発信したものを

誰に見られても恥ずかしくないという
自分への誠実さ、正直さ、素直さ。

これは
恐れを知らず不安を知らず

快適です(笑)


そのままでいいから。



強さ

というと

正しくなければいけないような
力がなければいけないような
そんなイメージになるかもしれませんが


弱いままでも

欠けているままでも

正しくなくても(笑)
(正しさって、人によって違うから)



私は最善を尽くしている

という自信が

弱さを見られても平気でいられるという
強さを持たせてくれる。

弱いままでも
やれることを精一杯やっている
と思えるから。

そして、それを見ていてくれる人は、必ずいます。

よくても悪くても
どっちも見てます(笑)

見ていてくれる人は
言葉もかけてくれることがあります。

「よくがんばっているね」と。
「素敵だね」と。

その繰り返しで
どんどん自分の世界が広がり
安心感を持ってそこに存在していることができて
ほどよく力が抜けていて

周りの評価に左右されない。

あんまり傷つかなくなるしね。

(ああ〜。今気づいた。
自分の世界が狭く感じるのは・・・独りぼっちに感じるのは・・・自分で周りを疑って周りからの愛を受け取なくて、自分で狭めているんだ・・・)

自分のいいところを知っているって
素敵。


これは、周りがいいと言うことではなく
(周りが教えてくれるということもあるけれど)

自分が、自分でいいと思えているところ。


そこをいとしく思うだけで
こんなにも
人生が輝いてくる。


お花畑でもいいわ(笑)

しあわせだもの゜+。(*′∇`)。+゜





crocus-2139395__480.jpg






posted by Kaoru at 11:00| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: