2020年10月25日

無邪気さが分離をかき消す

明るい見通しや
前向きに気持ちを保つことは

現実によい影響をもたらしますが

それには
ちょっとした「コツ」が必要です。


過去の私もはまってしまった罠なのでわかるのですが(笑)


望みを叶えようとして

思い通りにしようとして


無理矢理
思い込もうとした「前向きさ」には


同じだけの「影」ができるのです。


ポジティブを出せば出すほどに
内側には
「そんなのあり得ない」
「なれるわけがない」

知らず知らず
正反対のものを溜め込んでいる場合には


そちらの方が現実化してしまう。


外側も内側も一致していると

現実化は加速します。


日々
耳にする言葉は
知らず知らずのうちに
周囲からネガティブな想念を吸収することになるので

精査したほうがいいでしょう。


自分の思考がどちら寄りかを知っておくのは大切です。


日々、どんなことを考え、
何かのとき、心がどちら側に反応するのか。


自分の心がマイナスに反応した場合
ポジティブ変換していくことが
大切です。


心の中で練習をして
少しずつ上手になっていきましょう。


心の曇りを祓うと

まっすぐに光が通るようになり

まっすぐに世界を見られるようになります。


そして
自分が言う「言葉」は自分の耳も聞いています。

ですから
よい言葉を使う
元気になれる言葉、幸福感を感じられる言葉を使うようにする


言葉を前向きにする努力は

つまり、日々、自分の耳に届く言葉の質を変えていくことは

いずれ心に深く届くようになるのです。


なぜなら
日常的に使うということは

そこに「無意識に」も含まれるから。


意識的に思い込もうとする方法は
心に真逆のものも溜めてしまうけど


無意識にやってしまうことは
直接届く。


深く刻まれているから
「意識」をすっとばして
「無意識」に言ったりやったりしてしまう。


そこに直接届いたものが
現実に影響を与えている。

子供みたいに
そのまんまを届けると
現実は叶える方に動く。

だから
自分の耳が聴く言葉を大切に。



space-2638126__480.jpg





posted by Kaoru at 22:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: