2020年07月16日

思いは生まれるものだから、持っていてもいい。

人は
心に

いろいろな感情を秘めている。


思っちゃうことは
思っちゃうし


感じることは感じる。


それをどうにかなんて
できるはずもなく。


自分をよく知るために
感情を見つめることはできる。


「感情」は
いろんなことを教えてくれる。



それは
それで

そのままでもよくて

「思い」はにじみ出ることもあるけれど

見た目通りではないことも多いから


「思い込み」でも周りを見れないから
(それが「ズレ」を生むこともあるので)


決めつけずに
否定もせずに


起こったことの
よい方を見ていれば
(本当はそこに悪意があったとしても、それでも)



影の方は薄れて

時に光が当たることさえある。

「感情」が動くから
人生も豊かになる。

越えていけば
一段と

強く逞しく

しなやかに
優しくもなれて。



どんなときも
そこには

見つけようとすれば
希望もあって


希望を見出だせないときには

ただやり過ごせば


また上向きにもなってくるから



どんなときにも

あなたを好きだと思っててくれる人もいるし

大切に思っててくれる人もいる。



落ちているときには
思いも及ばないけれど


あなたは
大切にされているし

護られている。



光がさしてくるまで

ただ命を守って。



lotus-614421__480~2.jpg





posted by Kaoru at 11:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: