2019年07月01日

夢をあたためることは自分を育てること

夢をあたためることは

少しずつ

少しずつ

現実化(叶う瞬間)に近づいているということ。


その課程で
夢や理想を

少しずつ

自分に近づけること

とも言えて


それは
言葉を変えれば

目指すものが自分にしっくりくるように
自分を育てていく時間


とも言えます。



私は
以前


「夢を叶える」というと

夢は大きいほどいいとも言えますが(笑)

実現不可能すぎて(笑)
はじめから
どこかで
「無理」だって知ってた(笑)



今なら奇跡も叶うと知っているけれど


願いかたが
少し
ズレていたのかも・・・


何でもかんでも
魔法みたいに
願いさえすれば「なる」のだと勘違いして

自分に無理難題ばっかり課して

そして叶えられずに疲弊していくという・・・(笑)

叶わないのは当然だけど(笑)


最初は、すぐに叶いそうなことから始めて、
叶いグセをつけて、

「自分にはできる!」という思い込みも入れて
やってみるといいかもしれない。


今では

今現在の自分の延長上に
未来はあると思っているので

そんな
無理難題を課すこともなく(笑)




叶うまでに
時間がかかりそうなものや
すぐに叶えられそうなもの

などの種類もあって


叶えるために今できることは何か?

そして
それにどうやって近づいていくか?


の方に関心があるので

両方から
向かっている感じです。



両方というのは、


望んで、あとは天にお任せして時期が満ちるのを待つ





今できることを精一杯やりながら夢に近づいていく


のふたつです。



やり方はふたつですが、

「夢」は平行していくつかが進んでいます(笑)


叶うまでに時間がかかるであろうものも

その時々によって
少しずつ微調整しています。


それが自分にしっくりくるかどうかを感じて

しっくりくるように調整していくのです。


でも「叶えたいこと」を意識すると(本心に気づくと)

自然に自動補正がかかり

必要な体験も集まる気がします。


それに、
願うことはどこかで
叶うと知っているものです。

だから、叶うことを疑いもしない

「私はやればできる」と知っているように

いろんなことをやって
達成させてきていると

自分がいつでも叶えることができると知っている状態になります。




そして
少しずつ
少しずつ

「叶い」にピッタリの自分へと近づいていく。


そうして
夢をあたためていく。

始めたことを
洗練させていく。


こうなりたい
こうしたい
やってみたい

初め
そんな、小さなサインから。

それらの心に素直になって
どんどんやってみて

続けられるものかどうかを感じ分けてみる。

好きなことは
続くし
疲れない

好きなことに関する興味や好奇心、情熱は尽きなくて

時に疲れはてても

また立ち上がれる

(立ち上がるキッカケになる何かが起こる)



やがて「夢」は
いつの間にか

自分自身であること以外のなにものでもないくらいに同化していて

自分であることをやめられないのと同じ感覚で
夢を生きている自分に気づきます。



受けとるのにふさわしい自分になったときに
それは不意に現れます(叶います)。



silver-61989__480.jpg





posted by Kaoru at 18:08| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: