2019年06月15日

足りないものは何かに気づくと何を補給すればいいのかがわかる

思春期の頃は

本当に問題ばっかり抱えていました(^_^;)


苛立ちの多く、問題の生じる根本的なところは


寂しさからくるものでした。


なぜだかうまくいかない

どうしてこんなにもいつも息苦しいの


どこにも居場所がないような


誰とも心がふれ合わないような


やり場のない怒りと感情



求めるものが、ちょっとズレているような・・・違和感


人間関係における、違和感。


それが
落ち着き始めたのは


私がずっと欲しかったものは「愛情」だったんだ

と気づいてからでした。



本当は、もっと傍にいて欲しかったし、
もっと大切にして欲しかったし、
自分だけを見ていて欲しかったし、

・・・

「本当は」が

ぶわ─────っと出てきて、気がついた。


こりゃイカン💦

飢餓状態だ💦💦💦


これじゃ、誤作動も起こすわけだわ(^_^;)

素直に欲しいと言えなくて
弱く見せたり(相手に優しくしてもらうため→コントロール)
思うようにもらえなくて、怒ったり、変なところで相手を攻撃したり(上からの威圧→復讐)
一見、優しくしたり(そうすれば愛されると思っている→交換条件)

で、これらの「あの手この手」がうまくいかないと
よけいフラストレーションは溜まるわけです(^_^;)
関係性もギクシャクするわけです・・・

すべては
自分を愛してほしいから。

でも、たいていは、そのことに気づいていない。
だから、いつまでたっても真に癒されない。


どれほどに
自分が愛情に飢えているのかがわかって

はじめて

満たしてあげなくちゃ

と思えた。



それを、誰かからもらおうとしていたから

おかしくなっていたんだ。



つらい
しんどい
苦しい

居場所がない


これは
私にとっては

愛情が不足している(自分を大切にできていない)サイン。


心にたっぷり栄養補給が必要な時です。


何をすれば満たされるのか?

それはひとりひとり違うけれど

自分にとっての
「心の潤い」でいいのだけれど

あー、落ち着く。

って、

やっていると落ち着くこと、
少しは気持ちが軽くなること、

ホッとすることでいい。


また
がんばれるから。


おなかがすいたら
食べ物が必要なように

心にも絶対的に
愛情、優しさ、思いやり、あたたかいふれあい
などの栄養が必要なんです。


あなたが
ほっこりするものは何ですか?


満ち足りていると
(愛はたくさんもらえてる、と思えるだけでいい。いっぱい持っていると、誰かから奪う必要がなくなる)

いろんなことが
スムーズに運ぶようになります。




vienna-434517_1280.jpg





posted by Kaoru at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: