2019年05月28日

軌道修正のバランス

自分の中で

「これはとても偏っている」という領域があるのであれば

それはいつか
真逆の方(偏りをバランスさせる方)へと修正が入るでしょう。



変化を余儀なくされている感覚があるのなら


押し出される方とは
真逆の体験の中にいたということなので


どんなに
自分で嫌だと感じていても
変えたくないと感じていたとしても
(あるいは積極的に変えたくなっていることもあるかもしれません)

真逆の世界に飛び込むことにより

新しい価値観を得て
一皮むけるときです。


「真逆」を否定して
避けているのではなく

受け入れられると
それはバランスするのかもしれません。


あるいは
新しい環境に入ったのならば

すぐに
手放すことを考えず

少し
・・・せめて何かをつかんだと思えるときまで
観察していると(真逆の体験をすることで)

こういう世界(人)もあるんだなぁ


と自分の枠を広げることになります。


慣れ親しんだ世界を離れるのは

抵抗を感じたり
嫌だなと感じたり
不安に感じたり
億劫に感じたりするかもしれません。


でも変化は

新陳代謝。


あえて
偏りの真逆の体験へと飛び込むことにより

新生するタイミングです。


そこで
新しい価値観に触れて
自分をひとまわり大きくしたら


やがて
また「現状」が「通常」になったとき

自然に
新しい価値観へと生まれるタイミングを迎えるのでしょう。




libra-3868581__480.jpg





posted by Kaoru at 06:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: