2019年02月03日

目には見えないから

「愛されてた」

あるとき
そのように気づくことがある。


生まれたときから
この身に浴びて

それが
当たり前で育ってきたから

見えなくなってたけれど


言葉で伝えてくれないから

わからなかったけど


逆のことばかりされるから
ないと思ってたけど



見えないからと言って

それは「ない」のとは違う。


あるとき
かけ違ったボタンのように

すれ違ってしまったこともあれば

「ない」認定したことも

気づかないふりや自己憐憫で
見えなくなってたことも

あったとしても


誤解が解けたり

考え方が変わったり

逆の立場を経験して
これまでわからなかった価値観が
理解できたりして


何かしらの体験を通して


時を超えても

あなたは

いつか

それを受けとる。



確かに存在したエネルギーならば

いつか届く。



だから
今は

見えなくても
信じられなくても

たとえ
違うもののように見えても


確かにあるのだから


「ある」と思って生きよう。


そのように生きていると

本当に見えてくるようになるから。


気づいた時には
もう遅かった

ということのないように


気づく前から
気づいて


愛されている自分になって


生きていこう。

それは間違いないのだから。


paper-3061485__480.jpg





posted by Kaoru at 14:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: