2019年01月29日

自分にエールを

他者が自分に何か言ってくるとき
(特に、何だか不愉快になるとき)

それは
たいてい他者自身のことを言っている場合が多い。

自分自身の問題を
相手の中に見つけて
言っているに過ぎない。


自分の問題を超えている人からの言葉や
超えている者の「聴く耳」には
「不愉快さ」がないから。

(「不愉快」だと感じる自分の中にも
実は「問題」があったりするのです)


だから
自分が誠心誠意
精一杯やっていて

それ以上はどうにもならなかったとき



他者の言葉に傷つくことなどないのです。


あなたは
精一杯やった。

誠心誠意やった。


たとえ未熟で
人並みにできなかったのだとしても
頑張った。


それは
他者にもわかるはずなんだ。


自分以上のことを求められるのは苦しい。

どんなにやってもできないから。


でも
誰にだって初めてのことはあるし

覚えれば、
慣れれば、
できるようになることもある。

ただ、訓練(時間)が必要だったってこともある。



だから
自分が精一杯がんばったのなら


そんな自分に胸を張ってもいいんだ。


だって
成長するんだから。


それを
自分でわかっていればいいんだ。


誰にわかってもらおうとしなくてもいい。

わかる人には
黙ってたってわかるんだ。

だから
自分は自分のやることを
誠心誠意やれていればいい。

その姿勢はいつか
伝わる。


だから
相手の人格の低さや理解のなさ、
心ない言葉に
傷つかなくていい。


あなたは
とっても
がんばっている。


flowers-3182324__480.jpg





posted by Kaoru at 08:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: