2018年11月28日

過去の自分が目の前に現れるとき

持っていた悩みは

いつか

ふたたび、自分の目の前に現れます。



自分の行いと

全く同じものを持っている人が現れます。


その時
初めて


自分が持っていた悩み
その自分の状態を

他者のものとして見て(客観視したとき)


わかることがあります。



悩みは同じでも

その悩みに対するスタンスはそれぞれで

その人の
魂の成熟度によって様々です。



同じものを持っているから
気持ちはわかるけど


それを
どのように乗り越えるのかは
その人次第で


代わりにはなれないから



最終的には
どうしようもなく
自分で持つしかない、
自分で超えて行くしかないと

どこかで
決めなければいけないときがあって


それは
苦しいけれど
つらいけれど


ほんの一時で


自分で持ってみると


案外
軽く感じられたり(笑)


なぁんだ、
これでいいんだ、



と気づくことがあったり。



不意に
抜け道が見えたり。


何とかできるから大丈夫なんです。



自分で引き受けたときに
初めて

自分に授けられている奇蹟も発動するようになっているから。



悩みは

こうして客観視できて

その時に
いろいろなことに気づき

やっと
過去のつらいことに
心の底から感謝できるようになり
(“感謝しなさい”の意味がわかるようになり)


完結するのかもしれない・・・。


それも
受けとる準備ができたとき
(自分を磨き続けて、自分が成長したとき)に

やっとわかることなのかもしれません。

その繰り返しで
必要なときに
必要なものを
見せてもらえるのかもしれません。


ひとつの学びが終わり、次のステージへ進むときとかね。




つらい方へ。



それは
どうにもできないことに感じるかもしれません。


大きな決断をせまられたりして
すべてを失うような怖さも感じるかもしれません。


でも
そこには
乗り越えるためのエネルギーも同時に授けられており


動けば
わかることもあります。


こればっかりは
他の人には頼めないことなのです。


なぜなら
自分の魂のおしごとだからです。


最初の一歩を
自分の力で踏み出しさえすれば

そのあと救いの手が入ることもあります。
それも確かにありますが、
「初めの1歩」は、自分からなんです。



また、
長い時間をかけて
気づくことであったりもしますから


焦らずに

今すぐどうこうしようとせずに
(今すぐどうこうしたい場合は、とりあえず核心に触れるところで行動を起こすしかないのですが)


自分の魂のおしごとにフォーカスして
(自分を高めていくとか、もっとわかりやすく言えば、「修行」とか 笑)

修練(陰徳)を積んでいくうちに


「その時」を迎えるのです。




今のあなたの
「つらさ」は

未来のあなたの前に現れる
過去の自分と同じ悩みを持った誰かのために

役に立つことなのかもしれません。


あなたが
脱出したその軌跡が
そのまま

未来の悩める過去の自分への(混乱するね 笑)
アドバイスとなるのかもしれません。

今、自分が乗り越えれば、
過去の自分は癒されます。



compass-3408928__480.jpg





posted by Kaoru at 12:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: