2018年10月20日

気の持ちよう

起こったことを

「不運」ととるか
「吉兆」ととるか

それは

自分次第で


起こったことは
単なる事象に過ぎず


どう思っていた方が

自分が幸せか


それで決めていい。



自分がそこに「福」を見出だすのならば

そこには確かに
「福」が宿ります。



このように


自分の世界から

不運をなくしてしまうこともできます。


roses-2198158__480.jpg





posted by Kaoru at 17:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: