2018年06月27日

いつも見守られている

時々

目のような太陽を見ることがあります。


昨日の夕方も


見られていました(笑)



DSC_0703.JPG



覗いてるでしょ(笑)



夜には、星。

火星・木星・土星も肉眼で見えます。


今年の夏には、火星が15年ぶりに地球に大接近するようです。


ところが今、火星の模様が消失するほどの
火星観測史上最大級の砂嵐が発生しているのだそうです。


火星では度々砂嵐が観測され、珍しくもないことのようですが、ここまで大きい規模の砂嵐は、2007年以来、11年ぶりのことで、まだ成長を続けているのだそうです。

その砂嵐に、
NASAの探査車「オポチュニティ」が巻き込まれ、通信が途絶えているとのこと。

メリディアニ平原の「忍耐の谷」(Perseverance Valley)を探査中だったそうです。

オポチュニティは、太陽電池で動いており、
当初の設計寿命は約3か月と想定されていたにもかかわらず、もう15年間も働き続けているのだとか・・・



積極・攻撃の星で「忍耐」か・・・

自分が持っているエネルギーを自分で使わなければ外からやってくる、ということを考えると、ある意味、トラブルをよく起こす方が、自分で消化していることになるのだろうか(笑)
(私には合わないですが)


エネルギーは
抑圧されると

別の形をとって
思わぬところから現れる。

どんなことも
自分で招いている。


であれば

健全な形で使いきり
自分で指揮をとるほうがいい。



火星の砂嵐のように

魂も不安や恐怖、猜疑心などで曇ることがあります。

そのとき
光は遮られます。

でもそれも
成長の過程においては
不可欠なプロセスなのでしょう。
(セッティングしてるんだから 笑)


いずれにしても

どんな状況がきたとしても
善処することです。

たとえ
その時
対応しきれなくても

また次があります。

何度でもチャンスはある。

逆に言えば、クリアするまで
練習させられる(笑)

いつもエネルギーは届いている。

わたしたちは見守られている。


どんなことも
受けとめきれるような

懐のデカい人になりたいものです。
(いや、身長はデカいんですけどね・・・笑)




posted by Kaoru at 12:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: