2018年05月10日

心に空いた穴

どんなに努力しても
がんばっても

いろんなことを

どれほど試してみても

いいと
思い込んでみても

笑顔でいてみても

感謝してみても


心に空いた穴はふさがらない


いちばん欲しいものが
手に入らないから


みんなが言うようには
ちっとも良くならない



そう感じるときは


手に入れようとがんばるのを

やめてみてもいいかもしれない。


考えるのを
悩むのを

やめてみてもいいかもしれない。


こうするといい

と言われていることが

あなたには
合わないのかもしれない


そもそも
何のために
そうなりたいのか

それは
ほんとうに
魂の望みに沿っているものなのか


完璧であろうとすること

完璧を求めること

完璧を求めるあまり
大切なものを見逃していないか




ムリヤリ笑うのを
もうやめられない


「イイ人」を
もうやめられない



だったら
やめなくていい

笑顔も
イイ人も


すでにあなたの一部だから。


長年
時間をかけて
そうなれたのだから



でも

それでも

なぜか

うまくいかないと感じるのは



「本当は」

心の中に

違うものをいつも
映しているからかもしれない。




顔では笑っていても

心では泣いて


見た目「イイ人」ではいても

心の中では
真逆のことを考えている




だとしたら


心の中に「あるもの」は

在り続けているわけで

それが現実を作っているのかもしれません。


心の中に浮かぶものを

否定して
それでも
笑っているように言っているのではなくて


そりゃー

笑う気にならない日だって

怒り狂いたい日だって

泣きわめきたい日だって


あるさ(笑)



いじわるにだってなるし
毒づいてみたり
醜態さらしてみたり

そりゃー
あるさ。



それがいけないんじゃなくて


心の中の「穴」を感じきって

寂しいんだなー

とか

欲求不満なんだなー

とか

「ホントは」こんなふうに感じているんだなー

とか

でもそれを
すぐに消そうとするのではなくて

味わいきってみると

次のステップが
見えてくることがある。
(ずっとそのままではないから。気がすんだり、変えたくなったりして動くから)


笑顔や
感謝や


そういうものの向こうにある

自分がいつも
感じているもの



でも

「そんなふうに思っちゃいけない」と思って
封じているもの



そんなこと、言われなくたって、わかっているし、散々やってきている!

ってくらい
頑張ってきたことを

手放してみるのもいいかもしれない。

それでも

手放しても
手放しても

結局は
設計図のままの
自分でいたりするんだ(笑)


そして
そうとは知らずに

設計図のとおりの
自分を生きていたりするんだ。

知らなくても
生きたいように生きていれば
そのようになっている。

なるようになっている。

やりたくても
できないものはできないし

ならないものはならない。

求めていなくても
なるときはなる。

春に咲く花が冬に咲こうとしても

ならないように


そんなものに
抗うのなら

いっそ受け入れてしまった方が

スムーズにいくこともあるかもしれない。


希望を抱くのは
明るい言葉を使うのは
それでも
上を向こうとするのは

それが本質だから。


ついやってしまうこと。


でもそういうタイプでないのならば


たとえば

ネガティブなことを感じることにより
自分を奮い立たせるエネルギーに変換できる人もいるように


自分なら
こうする

自分は
ついこうしてしまう


それをうまく生かせるようになるといいのかもしれない。


それが
ずっと

否定されたまま

ということなど
あり得ないから。


生かせる場所が
その方法が
あるはずなんだ。

自分でどんなに否定していても
なぜか
それが求められ
それが許される


なぜか
風が吹く

という追い風スポットが。



すべては
(追い風も向かい風も)

生きている以上は体験する。


雨降らば降れ
風吹かば吹け

の心で


自分がいいと信じたものを

やっていくだけ。


感覚が違う人に共感を求めても
合わないだけ。


そこで
合わせようとしたり、させたりするのではなくて

自分で自分を認めて

違いも認めて



気がすんだら


嫌でも
また
歩き出す自分がいるから



どんなときも
どのように立ち直るか

それが大切。


心が泣いているとき

どんなふうに
自分を励ませるのか

どう思えば
また
元気が出るのか。


自分を元気にしてくれるもの
それが「自分らしさ」とも言える。


時間が解決してくれることもある。

自分の心のはやさに
寄り添って


自分の魂を置き去りにすることなく



できることをやろう。


tulips-3339416__480.jpg





posted by Kaoru at 12:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: