2017年12月27日

場のエネルギー

これまで
たくさんの方々に教えていただいたことがあります。


自分のことなので、私にはわからないのですが
(そしてそれを言うのは何だか自画自賛しているようで、なかなか言えなかったのですが・・・)

せっかくなので
カミングアウトします(笑)


どうやら

セッションをやっている自宅が

神社やお寺と同じ空気感のようなのです。
(見た目はお寺と間違われますが 笑)


玄関から、前の道までのアプローチが50メートルくらいあるのですが

その道の途中で明らかにエネルギーが変わるポイントがあって
(それはお客様に言われてから、私にもわかるようになりました)

まるで結界を張り巡らせてあるような。

家が建った時代はだいぶ遡ります。
釘は一本も使っていないと聞きました。
昔の人のやることだから
何かしら
エネルギー的なしかけ(?)もしてあるのかも・・・

とも思えるくらいに・・・


敷地内を流れる小川の水の音、
風や鳥の声、
放置しっぱなしの草花(笑)

アプローチを歩き
「玄関に着くまでにも癒される」
と言っていただくことも多数。

「部屋の中も時間の流れが変わる」
「居心地がよくて根っこがはえる(笑)」
「力が抜けてホッとする」
「素の自分になれる」
「いいエネルギーが流れている」
「龍がいるみたい」
「精霊がいる」

などなど・・・

ありがたいそのお言葉の数々に
私も自宅に対する考えが変わりました。

何気なく
自宅で始めたのだけれど・・・

この「場所」こそ、癒しに大切な要素のひとつなのでは・・・?


そして
ふと
思ったことがあります。

アプローチは
「参道」と同じ働きをしているのかも・・・

それこそ、神社にある。あの参道です。


本殿にたどり着くまでに

身につけたものを
脱ぎ捨てて
本来の自分に還り
偽りない自分と向き合う


本当に大切なものだけが残り

帰るときには軽くなっている


そうそう「ご利益」も受け取ってね(笑)


お気軽に遊びにいらして、体感してみてください(*^_^*)



DSC_0597.JPG





posted by Kaoru at 12:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: