2017年11月10日

共鳴するもの、その響き。

『深く、激しく、真実を語りなさい。
世の中に受け入れられている考えと対立しても、感じることを臆せず表現しなさい。
まず当初は、あなたは理解されないでしょう。
しかしあなたの孤立は短いものです。
すぐに友人たちがあなたのところへやって来ます。
なぜなら、一個人にとって深く真実であることは、万人にとってもそうなのですから
フランソワ=オーギュスト=ルネ・ロダン


ロダンは
「すべて万物が自己の内面的本性を発露したときが美である」とも言っています。


それそのものにしか備わっていない「美しさ」。

それが唯一無二の「個性」。

唯一無二でありながら
つきつめると、それは深いところでひとつ。



「自分本来の美しさ」とは

やはり「神性」なのだとも言える。

そして
それは

ほんとうに

「その人らしい」ときに
不意に現れるもの。

そのままの自分の中に
初めから授けられているもの。


「本来の在り方」にたどり着いた時から


始まる。


photoshop-manipulation-1566435__480.jpg





posted by Kaoru at 07:24| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: