2017年10月25日

ゆっくりでも歩けば景色は動く

これまでの

あなたのがんばりと努力は

すべての人生は

決して無駄ではない



ただ
巻き込まれるように感じたり
振り回されるように感じたり
翻弄されるように感じたりしても


今までは
そうだったとしても

長い年月をかけて

あなたは
大きくなってきた
力をつけてきた


自分で立ち上がるとき。


最後の最後で
自分を救えるのは

自分しかいない


自分の足で歩くとき
(自分の人生を自分で引き受けるとき)

はじめは
怖くても
勇気を出して
一歩を踏み出すと


ほんとうに
始まるから。

扉が開いていくのを感じられると思います。

それは
自分で歩き始めたときに
初めて見える世界。



bridge-19513__480.jpg





posted by Kaoru at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: