2017年08月12日

情熱が先、そして継続させるものも情熱。

「やりたい!」

にもいろいろある。

自覚アリでやりたいこと、

自覚なしで、どうしてもそうしてしまうこと、

やりたくないのになぜかそうなること、
(口ではやりたくないと言っていても、実はそれを必要としている場合はそうなることもある)


熱い、その気持ちがあるから走り出せるし、飛び込める。

その気持ちがあるから、何があってもやり続けることができる。


hourglass-1703330__340.jpg




「やりたくてやること」

「魂から望んでいること」

「つい、そうしてしまうこと」

「どうしようもなく、心が動くこと」

それが、先。

動き出すのが、先


動いている中

ラッキーなことが起きたり
ミラクルなシンクロがあったり

導きやサポートがある。

それは時に
過去、自分が苦しんだことの中にヒントが隠されていることもあります。


自らの情熱で動いている人間にとって、
「報酬」は必ずしもお金とは限らない。

自分にしかわからない「満足」があって

そもそもコントロールしようとしないし
結果にもこだわらない。
(多分、こだわりポイントは違うところにある)


ただ自分の「やりたい(ついやってしまう)」衝動のままに動いているので
やり続けることにフォーカスしているから

それ以外のことはあまり重要でなく
あとからついてくる感覚が強いのではないかと思う。

結果はあくまでも副産物でしかない。



何かを始めるとき

失敗したくないと思うもの。

だから動けないし
妥協も生まれる。
安易な選択をしたりもする。


だけど
情熱から動いている人に
失敗なんてない

あるのは
気づきと感謝と調和で

すべて
ただ自分の魂を表現するためのものだと
わかるから


やりたいことをやり続けるだけ。


そして
自分が豊かなように
みんなにも豊かになってほしいと願っているので
そのために動いている。

それが大きな動機(原動力・情熱)でもあったりする。


情熱を燃やし続けていると
なぜか
思いを可能にしてくれる状況が調う。
話が思いもかけないよい方向へ進む。



いろんなかたの本気に触れて
私の覚悟もかたまっていく。


そうだ、これをやるんだ。



あかりは消えない。

いつも
補充され護られ背中を押されて
ふたたび燃え上がる。



魂からの望みとは
そういうもの。



たくさんの
「本気」や「豊かになってほしいという願い」を
動かしていくもの。

そしてそれは
共鳴して
集まっていくもの。




「やりたい!」

この、「やりたい」には、
いろいろある。

ハッキリと自覚アリでやりたいことと

自覚なしでどうしてもそうしてしまうこと、

イヤだと思っていてもなぜかそうなること
(「イヤ」と口では言っていても巧妙にそれが必要でそうなってるケースもあり)

など・・・


でも

このことに関しては

譲れない、

こだわりがある、

どうしても見逃せない、

人任せにできない、

ついやってしまう、

どうしようもなく、心が動く、

魂から望んでいる、

そういうこと。

言葉を変えれば、「情熱」。



熱い、その気持ちがあるから走り出せるし飛び込める。

その気持ちがあるから、何があっても続けられる。

気持ちが、先。


あとは
やり続けていることによって
結果がついてくる。

結果はあくまでも副産物。

その中に

不意なラッキーがあったり
ミラクルなシンクロがあったり

導きやサポートが入る。


やるのが、先。


失敗したくない、

それはそうだよね。

でも

トータルすれば

失敗なんてない


自らの情熱で動いている人間にとって
「報酬」はお金とは限らない

自分にしかわからない「満足」を得ているのです。


だから

そもそも
コントロールしようとしないし
結果にもこだわらない。
(多分、「こだわりポイント」は違っている)


posted by Kaoru at 08:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: