2017年08月21日

うつろいゆくもの

人の評価はいろいろで

ある人は
ある個人を「素敵」だと言い、

同じ個人を
ある人は
「腹黒い」と言う。


なぜ

こんなにも

評価がわかれるのか?



「その人」に
何を見るかは

人によって違う。

自分特有の「思い込み」もついてくる。


いかに

「その人」に対する「評価」というものが

どのようにでも変動するものであるとわかるだろう。


そして必ずしも

それは

その個人の「本質」をつくものではないことも言っておこう。


「その人」がどうであれ

自分は
どう感じて
どのような関係を築いていくのか

そのほうが大切。


そして
いかようにも変動する「他者からの評価」を基準にして

自分の考えを変えないほうがいい。
混乱するから。

あなたは
あなたが見たものを信じるのがいい。

できるだけ
そのままを見るようにしたほうがいい。

たとえその矛先が
自分に向くことがあったのだとしても

それは
相手の心の問題(を前提にした、ものの見方)であることが多い。

攻撃的な(⬅ほらね、これも評価 笑)その人と同じように
自分を痛めつけてはいけない。

あなたには
あなたの素晴らしさがあるのだから。


自分が大切にできるものを大切にするのがいい。


autumn-513779__480.jpg





posted by Kaoru at 08:10| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: