2017年05月23日

神業的瞬間

人生の中には奇跡のような瞬間がある。


それは
自分の意思だけではどうにもならなくて

なるべくしてなった、というような

正に
「神に選ばれた瞬間」としか言いようのないくらいに完璧で


ハタから見て

奇跡的なだけに、羨ましく見えても

当の本人には
むしろ葛藤があったりして

その状況は他の人から見るほどには
すごいことではなかったりする場合もある。


特に
本人にとっては
「自分に起きたこと」なので

そんなにすごいとも奇跡的とも思ってなくて

その時は
ただただ精一杯で

なんだかそうなったという感じで

起きたら起きたで

その後大変なこともあったりして

起きてからが長かったりするので

大きな刺激を受けたことで
その後の人生が色褪せてしまったり

変に
また望んでしまったり(でも得られなくてフラストレーション)

ということもあるのかもしれない。


でも
死ぬまでは人生は続く。

そのほとんどが普通の生活で

それでも「生み出し続ける」には
エネルギーが必要で

他の人から見えるのは
ほんの一角に過ぎなくて

それがキラキラしていたのだとしても

その頂点を支える
土台の深さが大切で

その土台があるからこそ
輝ける頂点もあるのであり。

自分にとってのやり方で
土台にエネルギーを注ぎ続けていると

ご褒美のように

キラキラの奇跡に出会うことがある。



土台が深まれば深まるほど(豊かになるほど)

頂点の輝きは増す。




DSC_0545.JPG
多賀大社にお参りに来ました





posted by Kaoru at 06:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: