2016年11月29日

本気でそう思えるようになるには

私は愛されている
私はこのままで価値がある
私は私のままでいい
私は豊かだ
私は運がいい


アファメーションとも呼ばれる肯定宣言

私は滅多にすることがありません。

やらなくても充分に幸せです(笑)
こういう人もいるので

「やらなくちゃ実現しない」とか
「やっぱりやらないからうまくいかないのかな」

とか思う必要はありません。

「日々、目の前のことにしっかり取り組む」
でも同じことだからです。


思うことが現実になる
思えばそうなる

これは、その通りです。

ただ本当に
そう思えるようになるまでには少し努力は要るかも。


毎日毎瞬(できうる限り)
そう思い続けること。



そのようにふるまうこと


つまり、ひとつであること。


そうしていると
不意にその通りのことが起こり始めます。

そのことに気がつきます。

その、小さな成功体験が
確かさをかためてくれます。
「やっぱりそうなんだ」という思いを強めてくれます。


「私はラッキーだ」

と思っていると

ラッキーなことが目につくようになる。

いつのまにか
感度がラッキーをキャッチするようになります。


そうならなかったり
全く変わらなかったりしても
むしろやっぱりアンラッキーなことが目についたとしても

途中で
「やっぱり私はアンラッキーだ」
「バカみたい。あるわけないのに」

反対の方を承認しないように。

それをやり始めている自分に気づいたらすぐさま
ラッキーなことを見つめ直す自分に正す

すぐに結果が得られなくても気にしないで
ラッキーを見つめ続ける。

そもそも
結果を期待するものではないし
コントロールが及ぶものでもないので。

起こらなければ起こらないをラッキーにする(笑)


結果も好転も期待せずに
ただラッキーを見つめ続ける。

そして、そうであり続ける。


ひとつになる。


大切なのは
そうなりたいこと(たとえばラッキー)とひとつになりきって


そのように過ごすこと
そうあり続けること

ひとつになりきって
ラッキーを周りの人にも分け合ってゆく

なんて素敵な在り方ですね。

自分がラッキーを起こして
周りを巻き込んでゆく。

生活のすべてを
まず自分からラッキーで埋め尽くしてゆく


なりたい自分は創れます。


自分の世界だけは思いのままに変えてゆくことができるのです。


望みとひとつになればそれはもう叶っている


やらなくても既にラッキーな自分に気づけばいいだけだから。


こうなりたいなー、と思うことはありますが
それだけです。

本当にそうなってほしかったら
既に動いています。

それでも
結果にはこだわりません。
期待もしません。

なるようになればいいと思っているので。
ならなくてもいい。

で。

やっぱり嬉しいことがたくさんありますし
感謝しかないのです。

占いでも(勉強はしていますが)
あまりそれ基準では動かなくなりました。

気が向いたらやってみますが
たいていはどうでもいいことが多いです。

それを聞いたからといって
気にもしないし
縛られもしません(様子はみますよ。勉強してるから 笑)

なぜなら
自分の思いがいちばんだと知っているからです。

自分がどうしたいのか

を最優先させると決めたのです。
自分で創ると決めたのです。

だからか

やっぱり自分の思いが何よりも真実だと証明するようなことがよくありますし
自分がキャッチするのが先です。


人は誰でもそれと繋がっています。


自分のままで世界と調和するようになっています。

そのままのあなたと
私は一緒にいることになっています。

そのままなんかじゃないよ、ネコかぶってるよ。

ええ。
そのままなんかじゃない、ネコかぶってるあなたと
私は一緒にいることになっています。


お母さん、よく怒るし、こわい。
「よく怒るお母さん」から何かを学ぶようになっています。

イジワルな友達
優しい友達

いろんな人から
何かを学ぶようになっています。

その状況を自分で選んじゃってることもあります・・・


だから
「そのまま」も何かの役に立っているんです。

よく怒る自分

を反省してみたりもして・・・


でも

「それ込み」

の関係性だったりするんです。

自分をいろんなものに映して

自分がどう在りたいのかを探る。


そうやって


「自分」という存在を確かなものにしていく。

確かになればなるほど

自分に言い聞かせる時間は少なくてすむようになる。


思えばすぐ

の自分がいる。


自分が確かにそう思えれば
それは
現実になる。




posted by Kaoru at 20:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: