2016年11月20日

「在る」ことそのもの

あたたかな思いやりの前に

小さな手のひらが包んでくれる
純粋な思いを前に


これ以上の幸せがあるだろうかとひたる




一緒にいることをただそのまま喜んでくれる

かわいらしい言葉を聞かせてくれる

新鮮な目線を与えてくれる



考えることは好きだけど(ほとんどの時間をそれに使ってるけど ^_^;)

甥っ子を見ていると

何だかどうでもよくなってくるなぁ(^_^;)



ひたむきに生きている人を前に

言うことなど何もなくて。



「自分の人生を生きる」

「個人の体験」

それに勝るものなどなにもない




posted by Kaoru at 22:26| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: