2016年11月19日

苦しい疲れたもうダメ

いきなりネガティブな言葉を連ねてみましたが・・・

これらも
ただネガティブなだけではなく・・・


ちゃんと人生のリミッターとでもいうか

保護機能とでもいうか

自分がそれ以上無理をしないように
壊れないように
自然に危険や困難を回避するように

守ってくれているものとでもいうか。


だから

単純に

それはネガティブだからといって排除しようとしないで
そんな思いも大切にしてほしい(ああ、しんどいなぁ、悲しんでるなぁ、私。って知ってるだけでいい)

どちらもがあって
健全にバランスしている


人生のゴールデンポイントへの
調整をしているときかもしれないから

たまにはおとなしくしているのもいいのかもしれない。


私は体力的にはまるでヘタレで

すぐにヘナッとなって頑張れないのですが

術後1年経っての診察で
身体はゆるゆる治ってきていて
やっといろんな数値が正常値になってきて
体力が戻るのも緩やかで

しかし
せっかちな私は

もっと負荷をかけて時間も延ばして
そこまで頑張らないといけないのかな

と考えておりましたが

それをいう前に主治医が
「身体は適度に動かしてもいいけど、もっと負荷をかけたりとか時間をのばしたりするのはダメ」
と先に言われて

別の患者さん(50代)が
術後わずか1ヶ月ちょっとで
身体が楽になってサクサク歩けるからといって
毎日10キロ歩いて
心臓に負担がかかり
心不全になっていたのだそうだ。


ひぇ〜!Σ(×_×;)!


明らかに身軽になって
何をやってもいいよと言われたら嬉しくて
いっちょ体力でもつけるか!って頑張っちゃうよね〜

私は頑張りやさんじゃないから(笑)
(そもそも身体が重くて動けなかったし)
深刻なことにならずに済んでいたのでした・・・(・_・;|||)

頑張ったら、しっかり休む。
これ、大切。


根性なしのようにも
なまけもののようにも
思えていたけど(^_^;)

自分が無理できないこと、頑張れないものは
そのままで
ちゃんとバランスしているものです。


だから、自然に頑張れることを頑張ればいい。
自然にできることをやり続ければいい。

無理なく
できる範囲でできること

そんなことが
誰にでもあるはず。


今の自分に無理なくできることこそが
いまやれる最善のこと。

上を目指すなら
今の自分を出発点に
無理なく続けられて
少しがんばれることをやり続けること

お金も時間も
無理なく調うものの中でやれること、
これならやれる、ということが

今、できる最善のこと。

やりたいことのために
お金と時間をつくる、
それでもいい。

ない中でやれることは
本当にやりたいこと。
やりたいことしかできないはずなんです。

お金も時間もないと言いつつ
やりたいことをやっているはずなんです。

その「やりたいこと」が何なのか?

そこも、大切。

何にお金と時間をかけるのか。

何に使えば
いちばん
自分が満たされるのか。

消費ではなく、創造、を意識するといいですよ(*^_^*)




posted by Kaoru at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: