2016年11月08日

不滅の光をまとって

くどいようですが(笑)
魂の本質は真・善・美、進化・向上、成長・拡大。

魂(根源)はもともとが健全で完全で

何も必要としない

ただ在るもの。

輝き続けるもの。

地球にいる間は
必要があるので

その魂の生命力により生きていて
様々な体験をする。

身体という「いれもの」が老いる(時間が過ぎる)ようにつくられているため

「死」に向かっているように見える。

けれど
魂は不滅で

その輝きによって生かされている。

身体が弱っても
心が弱っても
いのちはつないでくれている

身体にはもともと健康に保とう(治ろう)とするちからがあって
それは、そもそも不滅の魂があるからで

変わらず輝き続けている


身体にいいものを摂取するのもいいけれど

身体が健康を保とうとするエネルギーの方が
上回っていると思う。


生命力を輝かせるとき

健康はみなぎる。

魂が喜ぶことをしているとき

心も身体も最高に保たれる。


自分のいのちがさらに誰かや何かのためになるとき


必要なエネルギーはもたらされる。

「どんなことがあっても何とかなる」
とは、そういうこと。

寿命が来るまでは、生きている。

何歳まで生きるのか
など気にしなくてもいい。

いのちを輝かせているとき
そのエネルギーで寿命も延びるでしょう。

生ききったとき
やりきったとき

「ここまでやる」(こういうスタイルにする)と
魂が決めたときまでが

自分の寿命。

まっすぐに
自分の道を行けばいい。




posted by Kaoru at 00:39| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: