2016年11月03日

科学と精神の融合

目に見えない世界を、量子物理学がよく説明しているのは興味深いことです。

逆かな。
研究してみて見えてきた世界は
仏教などが示す世界観で既に伝えられていたことだった・・・

とってもとっても小さい世界まで行くと
そこに広がる世界は宇宙そのものだった

昔の人は、どうしてそれを知り得たのだろう?
今の科学ですら解明できていない世界を

なぜなのか?
はわからないが
ただそうである

誰もが根源と繋がっているということではないか。
誰もが感受性を持っているのではなかろうか。


もう
どちらか一方では、世界を理解しきれないのかもしれない。

「ひとつ」は
あらゆる分野に映されていることで

すべてを融合して初めて見えてくるものがあるのかもしれない。

その時はじめて
バランスするのかもしれない。

一部を生きるひとりひとり。
みんなが全部を構成している。

どれひとつが欠けても成立しない世界。

あなたはこの世界に必要な存在です。


自然の中に広がる世界を感じることが
大いなる一と繋がるため(感じるため)の方法なのかもしれない。




posted by Kaoru at 08:01| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: