2016年10月13日

初心

疲れたとき
焦るとき

どうして初めにその夢を抱いたのか

どうして始めたいと思ったのかを思い出してほしい。

後は、実現するまで、ただひたすら続けるのみ。
進路変更してもいい。
やってみたり、やめてみたり、揺さぶって、自分の本当の気持ちを確かめてみるのもいい。

で、やっぱり、どんなに疲れても虚しくなっても

本当にやりたいことは、 また「やりたくなる」

やればのめり込む。
始めれば没頭する。


本当にやりたいから、続く。

心配しなくても、だんだんと、やりたくないことはやれなくなっていく。


好きでやる努力は、一流であればあるほどわかってくれるし、二流・三流であるほどバカにする。
と世界で活躍する指揮者が言ってました。

応援できる人は、多分、目に見えないちからが働いて何とかなることも、
やり続ければいつかは何とかなることも、知っている。
で、やっぱり、自分から生まれる衝動に従った方がいいと知っている。

応援できない人は、
怖れを抱いている。
うまくいくわけがないと自分も何かを諦めている。

周りの意見で自分を決めなくていい。


初め、それをやろうと思ったのはなぜですか?

それをやることでどんな自分になりたかったのですか?




posted by Kaoru at 12:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: