2016年10月04日

不意にひとつ

先日(いつだったか・・・^_^;)

運転中に
不意に

浮かんできた言葉があった。


「“ふと思ったこと”をすぐに実行すればそれは既に願いとひとつである」

と・・・



そうかもしれない。

つまり、「願い」とひとつであるとともに、

「実現した」と、ひとつでもあるということ・・・


こうして、

どんどん自分でコントロールすることはやめて
波に乗っていくんだろうなぁ(*^_^*)


自分でコントロールしようとすることは
そうしようとしている時点でもう違うのかもしれない。
だって、どうにもならないことだってあるもの。


かといって、他者にハンドルを渡すわけでもなく
誰かに依存したり判断を委ねたりするわけでもない。


「ふと」

「思うこと」を

「やるだけ」の
とってもシンプルなエネルギー。


ふと思ったことをやる。
ふと思ったことをやる。

その繰り返しの先に

これまで願ってきたこと
魂からの望みすべてが
ちゃんと叶うようになっているのだと思う。

もちろん、やってみたからって、
すぐに結果に繋がるとは限らない。

でも、必ず、この先に何らかの影響は与えているはず。

それは、知らなくてもいい。


だから

叶えたい気持ちはわかるけど
叶えるためにいろいろやってみる のもわかるけど
(本当にそれをやるのが楽しくて、やりたいならやるのもいい)

そこは考えなくてもよくて
(どうやって? とか。いつ? とか。)

あとはお任せと言っても
「丸投げで何もしない」
とはちょっと違って
「願ってあとはおわり」
でもなくて
(それでもそうしたいときはそうしてもいいけど)

願いが生まれるに任せて
「どういう自分でありたいか」は日々の中でやり続ける

そんなイメージ?


何をどんなにしていても
来るものは来る
起こることは起こる

それは起こるにお任せ
そして、それを真摯に受け止めつつ
目の前のことを心をこめてやっていく

そういうイメージ。

その積み重ねが自分を高めてくれる。
波動を上げてくれる。

そしていつしか
自分の周りに
たくさんの
幸せが
感動が
感謝が
あったと気づかせてくれる。


最初から
すべてはあった と
気づかせてくれる。

起こるべくして起こっていることが見えるようになってくる。

自然にいろんなものが広がってゆく。
必要なことが起こるようになってる。

それに後で気づくこともある。

やってみて(過ぎてみて)
「ああ、そうだったのか」と。

ジグソーパズルのピースは
ひとつひとつのときにはわからないけれど
完成したときに
全体が見渡せるように

「そういうことだったのか」って

だとしたら、あの時あの瞬間の決断は
起こったことは完璧だった、って。

迷ったことすら、その一部だった、って。

もう、感謝しかない、って。
どんな瞬間も感謝だって。


そして、心のままに
自分のままで
いいのだと

最初からそうだったと気づく


“ふと”を楽しんでみる


その先に思いもしない世界は広がっていると思う。


今、目醒めるときだよ!
すぐそこに、ゲートが開いているよ!

ピン!ときたら、サッ!と。

迷っても迷わなくても
結果は決まっているけどね。

あなた次第。




posted by Kaoru at 07:53| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: