2016年09月17日

まっさらに

常から

心をまっさらにしておけば

何があっても

振り回されることはない。
(振り回される要素がない)


身軽でいるから

どんなことにもすぐに対応できる


執着や憎しみ、怒りなどが
自分を人生の流れを
重くする
動けなくする

何にも縛られていなければ
「こうでなければ」
「普通はこうだ」
にこだわらなければ

こんなにも自由

「あの人さえいなければ」
「これさえなければ」
・・・あれのせいでこれのせいで・・・
誰にも何にも絡んでいなければ

縛るものがないので


心はサッパリしている

足かせになるものもない


どこへでも行ける
何でもできる

どちらも「握りしめているのは自分」

放すだけで

たくさんのものが入ってくる


心に
魂に
余計なものをくっつけない

「何でもいい方に信じる」「善処する」「フラットでいる」という表現もできる

目に見えるものの本当の姿をどれだけ理解できているだろうか?

自分が見ているものは
自分がそうだと思っていることは

本当にそうだろうか?

自分が見ていない部分はたくさんあるはずで

誤解していたなんてこともたくさんあるはずで

それらの可能性を全部外すと

残るのは
「そのままの対象」で

見えない部分に対してもフラットでいるだけで
(いい方に信じるだけで)

違うものに見えてくることもある


思い込まずに
決めつけずに

まっさらにしておく


それがシンプルに生きるコツ




posted by Kaoru at 18:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: