2016年04月30日

苦しみはなぜあるの?

苦しいと思うと苦しい。

ただ「幸せだという体験がある」と同様に、ただ「苦しいという体験がある」と知り
「過ぎ去る」と知っていると

「苦しみ」は

ただ通りすぎるだけ。


気にし続けると、それはそこにあり続ける。

「苦しい」と感じている自分は、そこに在り続ける。

同じ苦しみでも、

受け止める心と態度が違うと、それは違うものになる。

どう見ても
苦しいだろうなという環境の中にいても
それを感じさせない人がいる。

それは、苦しい環境を「苦しい」と思う心で受け止めていないから。

その違いだけ。


でも、その違いが違う現実を創っている。

あなたが創りたい現実は、どんなものですか?

はじめは大変に思えても、それを続けていれば、そのうちいとも簡単にそうし続けている自分がいることに気づくでしょう。




posted by Kaoru at 08:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: