2016年04月27日

いつでもあなたの傍(中)に

あなたは独りで子育てをしているのではありません。

あなたは、あなたにできる、あなたなりの愛を表現すればいい。

あなたが、足りないと思っていても、手がまわらないと感じていても、

あなたが授かった子は
あなただけが育てているのではありません。

わたしたちがついているのはもちろんのこと、

時々現れる近所の人や周りの人々、
出逢った友達、パートナー・・・
社会に出れば社会が、

すべてがあなたの子を育てているのだから。

安心してこの世界に送り出してください。

時に寄り添い、
時に励まし見守り、

時に喧嘩し、反発しあいながらも

あなたは
あなたの子は

決して独りではないと

わたしたちは、いつもあなたとひとつであると
覚えておいてください。



・・・なんでか、とても言いたくなったので、アップします。





posted by Kaoru at 12:51| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: