2016年04月20日

やりたいように、生きたいように

「やりたいようにやり、生きたいように生きる。そうしているだけですべてはうまくいく」

これは、

言葉も
行動も

波動の高い境地から行うことなので

「ネガティブなようには使わない」ことが前提です。

そこには、善意があるだけ。

逆に、
嫌味として受け取ったり、
悪意に満ちて行動するところに向けて放っているものではないので、そういうものを持っている場合には、当てはまらない言葉なのかも。


だから、ありのままであることに何の心配もいらない。

善意と理解があるだけなんです。

ただ「自分である」ことに、「悪」なんてないんです。

自分が自分である、これは、厳然たる事実。

そこに対して「言われること」などがあるのだとすれば、それは「その人の目を通した言葉、価値観」でしかない。その人が、そう考えたり思ったりしているということ。

人と関わっているようでいて、実はそこには「自分」があるだけ。


話すこと・どう行動しているのか

人柄はそこに表れる。

どうしようもなく、そうしてしまうこと、つい、やってしまうこと
それもその人の「らしさ」な部分、「素」なので、ここを変えろと言われても、どうしてもそうなっちゃうものは、そうなっちゃうよね。
それに、「成長の段階」もあるので、ある人の目にどのように映ろうとも、実情はいろいろです。


わかっているひとは、いたずらに誰かを傷つけたり、ジャッジしたりすることはないんです。


だから、やりたいように、生きたいように生きていれば、はまるところにちゃんとはまって、自然に調和するんです。

善意が原点なので。



posted by Kaoru at 12:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: