2016年05月25日

若さの秘訣

これ、女子には興味深い話題ではないでしょうか?(笑)

お友達が貸してくださった本に、「男はプライドに金をかけ、女は美に金をかける」と書いてありました(笑)

男性は、経済力や社会的立場など、社会的なもので評価されるので、プライドにお金をかけるのだとか。

ということは、女性は美しさで評価されるってことですよね(苦笑)

ま、その話の真偽はともかく、やっぱり美しくあれるのであれば、ありたいもの。

私がたどりついたところは、「自分の中に嫌なものを溜めない」です。

嫌なもの・・・

ストレス
不満
我慢
負の感情

などなど?

「自分の中」

には

「心」も「身体」も入ります

食べ物にもある程度は気を遣った方がいいのかな〜と、この年になってようやく思うようになりました。

ある方と、微生物(を利用する農法)や漢方のお話になりまして。

健康法みたいなお話にも触れたのですが

微生物を取り扱っている方が、健康にこだわって、口に入れるものにも徹底的にこだわり気を遣い、さらには老廃物を外に出し、浄化にも徹底的にこだわり、身体に触れるものにも徹底的にこだわり、そんな生活を続けていました。

そこまですれば、どんなにキレイになるかと思うでしょう?

しかし、結果は、それでも身体の中の不純物はなくならないのだそうです。

なぜなら、空気中にもいろんなものは混じっているし、完全にキレイな食材だけを探すのにも限界があるからだそうです。

それでも、食事に気をつける、老廃物・不純物を身体の外に出すなど、やらないよりはやる方がましでしょう。


その話を聞いて、私が思い至ったのは

好きなもの食べて好きなように生きる」でした(笑)

どれだけ食べ物やデトックスにこだわっても、キリがない。

完全にシャットアウトなんか、できない。

あれは良くない、これも良くない、と思いながら食べたり、
これは身体にいいから、と好きだと感じられないのに無理矢理食べたりするよりは、

なんでも美味しいと食べる方がよっぽどいい。

もともと自然治癒力や自浄力は持っている。
身体に何か入り込んでも、ちゃんと不要なものは体外に排出されるようになっている。

入れない努力は素敵です。

でも、キリがない。
そして完璧にはできない。

だったら、自然治癒力と自浄力をあげる方がいいのではないか?

そのためにできること

まずはストレスを溜めない

言いたいことを言い、やりたいことをやる。
(人道に外れないことなら何でもOK)

あとは、適度な運動とバランスのよい食事、そして睡眠。



それもガッツリキュウキュウにやるのではなくて(やってもいいけど)、自分にできる範囲で。やれるところから。

それで変化を楽しめれば、どんどんやりたくなってくる。あとは、それに任せればいい。

食べ物は、野菜7:肉3を目安に食事を楽しむ。
ゆっくりたくさん噛む(噛みすぎは逆効果。歯がすり減るトラブルあり。ゆっくり味わって口の中で味が変わったら飲み込む、あるいは、自然になくなったらそれでいい)。
発酵食品を積極的に摂る(腸内環境を改善し、善玉菌を増やすのね)。

たくさん歩く
身体は動かすようにできている。
動かせば、正常に機能するようになっている。働くとバランスするようにできているのです。

たくさんの新鮮な空気を吸う
(たくさんの空気を吸うだけでも、細胞が満ち足りれば、自然に前向きになってきて、不平不満が減ってくる生き方へとシフトしてきます。そして自然に必要なものが集まってくるようになります)

他は自分でやりたいと思うことを試してみる

自分でやれそうだと思うことの組みあわせでもいい


自分に合うものは、自分がわかります。

(たとえば、私の場合。飽きっぽくて三日坊主。でも、続けられるものもある。私にとっては、続けられるものが合っているもの。のように)


やっているうちに、身軽になって、タイミングも良くなっていることに気づきます。


そうなると、ますますタイミングをよくしてくれるところと繋がっていきます。



心身(エネルギー体も)が整うと、人生全般も調うんです。




posted by Kaoru at 12:39| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: