2016年01月10日

ふたたび。

一時退院後、ふたたび入院、10月15日、腎動脈下腹部大動脈人工血管置換術、腹部臓器分枝へのバイパス移植術、胸腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術(人工血管置換とステントグラフト挿入、両方をすることからハイブリッド手術と言うのだそうです)を受けました。
今回は、12日月曜日が祝日だったため、9日から入院していました。

2度目の手術も、前回と同じくらいの規模で、同じような流れになり、6〜8時間くらいかかるだろうとの説明でした。
しかし、実際には腹部大動脈の人工血管の置き換えだけで13時間かかり、胸腹部大動脈瘤へのステントグラフトの挿入は、日を改めて手術することになりました。
(ステントグラフト挿入をまとめてやるか、わけてやるか➡人工血管の置き換えだけであまりにも時間がかかるようなら、身体に負担がかかるので、次の手術にするということもあります、と術前に相談があったのですが、私は分けてやる方を希望しました。でも、その時の状況でどちらでもよかったですが。最終的にはお任せしました)

主治医がホントにいろいろ考えてくださってて、今回の手術は、イタリアの医療チームが120人くらいの患者を対象に成功させているやり方(身体にできるだけ負担をかけずに、カテーテルを駆使する方法)を考えているのだと説明を受けました。

一時退院後の診察までの2週間の間にイタリアチームの発表を知ったりとかして、術式を練り直したらしいです。

再解離するまでは、従来のやり方(脇から斜めに下腹部までを切開するやり方➡肋骨を1ヶ所は切らないといけなくて、横隔膜も切り込むらしい)で話が進んでいたらしいのですが、イタリアの医療チームが行ってきた方法は、胃のあたりから下腹部までを切開するというやり方なのだそうです。
その方法にはメリットがあって、
現在、内臓へと血液を送る血管は偽腔(解離してできた血液の通り道)を、足へと血液を送る血管は真腔(本来の血液の流れ)を流れており、再解離後、更に真腔が狭くなって右足の血流が悪くなっているのだそうです(右足が左足より冷たくて、自分では気づいていなかったのですが、たまたま知っている整体師さんが気づいてくれて、主治医に相談した方がいいと進言してくださったのでした。そしたら、血流が悪くなっているからだとの説明があったのでした)。
脇から下腹部までを切開する方法では、右足の血管がよく見えなくて、カバーしきれないとのこと。
しかし、イタリアの医療チームが行った胃のあたりから下腹部までを切開する方法であれば、左右どちらの血管もよく見えるため、より確実な手術ができるようになるとのことでした。

今回手術を受けた部位は、脊髄に流れる血管を触るため、稀に下半身に麻痺が出ることがあるのだそうです(なぜそうなるのかも、だいぶわかってきてるらしいです)。

麻痺が出るかもしれない話は、前から聞いていたので(そもそも大丈夫と楽観していましたが)、もしも麻痺が出たら、その時には絵を描こうと思っていて(身体を動かせるうちは動けることをやる)、そうなったらなったなりのプランも私なりに考えているので、ここから先はこれも運を天にお任せです(笑)

でも、麻痺が出ないようにするために最善を尽くしていてくださって、そのための準備や、手術中に行う予防策の説明も聞きましたが、まず麻痺は出ないだろうなと思わせてくれるものでした。


元主治医に手術を打診されてから、何となく一年くらい、先延ばしにしてたんですよね。
で、今かな、って思って大学病院に転院したのですが・・・(それからもなんだかんだで半年以上延期でしたが ^_^;)

一時退院中の診察中、「一年前に来てたら、背中から脇、おなかまでを一気に切る壮絶な手術をしていたでしょうね」
と言われ・・・

たった一年、今回の手術においては、たった数週間の間にできなかったことができるようになっていたりなどして進歩している。
すべてがなるべくして流れているような。
あまりのタイミングの良さに、続きの人生が待っているんだなぁ、と感じて。
ギリギリまで待つという選択肢もあるのかもですが、決めました(また想定外の出来事がなければ、の話ですが・・・^_^;)。

でも、必要であれば、また何かしらのアクシデントがタイミングを合わせてくれることでしょう(笑)

そんなふうに、何とはなく信じていました。
大丈夫な気しかしていなかった(笑)




posted by Kaoru at 09:34| Comment(2) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前ヒーリングやルミエールでお世話になりました者です。2度目の手術との事、私には祈る事しか出来ないのですがまた元気になられた薫さんにお会いできたらと思います。この前、薫さんの事が何故か頭に浮かぶのでHPを見たらその日が8月の手術の日でした!今回も気になって見たらマルファンのページが更新されていたので失礼かもしれませんが、コメントしました。
きっと沢山の人が祈っていますょ。私も。
Posted by 葉子 at 2015年10月03日 22:59

コメントありがとうございました<(_ _)>

メッセージを見つけた時は、とても嬉しく、そしてありがたく、大きく励まされました。

実はその後も、何度も折れそうになったのですが^_^;

そういうこともあるよね、と頑張っているような、いないような・・・(笑)

終わってみれば、傷が増えただけでいつもと同じ現実なのですが、やはり意識は影響を受けているようで、何かが少し違っているようです。

これから、授かった時間を大切にしようと思います。

たくさんの偶然の中に、いただいたメッセージも、とても励みになりました!

本当にありがとうございました!(*^_^*)

またお逢いできる日を、楽しみにしております(^v^)

Posted by Kaoru at 2015年12月28日 08:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: