2015年06月08日

余計なものを絡めない

気持ちに余計なものを絡めないと、人生は、かなりシンプルになります。

何だか複雑になっちゃって、ワケわかんなくなってる状態というのは、

自分の本心に、いろんなものをくっつけている可能性があります。

プライドかもしれないし
虚栄心かもしれない

卑屈さかもしれないし
あまのじゃくになっているだけかもしれないし
変な意地かもしれない

で、アクセルとブレーキを全力で同時に踏み込んで、どっちにも行けない状態。


不満が生まれる時というのは、たいてい、自分の都合で世界を見ている時だと知っておくと、視点を自由にすることができる。

「不都合」とは関係なく、自分は幸せになれる!



もっと私を大切にしてよ!
愛してよ!
こっちを見てよ!
私だけを見ていてよ!


「認められたい」「大切に扱われたい」

究極の欲求、「愛されたい(認められたい)」


ただそれだけなのに


そのままに表現できなくて(大の大人がそんな幼稚なこと言えないという何か 笑)

相手に対する、反論できないような攻撃となって出てきたり
不平・不満として出てきたり
皮肉な言い方になったり

そんなことをしてしまいそうになったり、されたり、自分がモヤモヤで真っ黒になっているように感じられたりするときは、

ただ、

「愛されたい(認められたい)だけなんだな〜」

と、自分(または相手)に心の中でささやいて抱きしめてみる。

根本をしっかり掴んでいると、違う世界が見えてくる。

なぜその人がそうしたのか「その人なりの考え方があるはずだ」と思ってみると 視野が広がったり新しい世界観に気づいたり

わからなくても、きっと何かの理由があるはずだと思って吹っ切ると楽になります。


あなたの心の中に、相手が自由に生きる場所を作ってあげる


自分がモヤモヤしているときは、本当は、自分はこうしたい(されたい)んだなぁ、と、ただその事を認める。
で、慰めてあげる。

誰もわかってくれないと思っている中、自分だけは自分のことを知っている(あるいは、宇宙は、自分のことを見ていて、全部わかってくれている)

そのように思うだけで、私は大きな安堵感を覚えました。

いつも、そう言い聞かせてきた。

そして、実際にそうで、
気づいたら、満たされている自分がいた。

更に。

「わかりあえる人」は、必ずいるんだよ゜+。(*′∇`)。+゜

と、信じられるようにもなった。

・・・と、いうか、どうでもよくなった(笑)


いてもいなくても

私は私。

それでいいんだと思えるようになったから。



posted by Kaoru at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: