2015年02月14日

天命

自分の設計図とにらめっこしています。

まだまだその全容を知るにはあまりに未熟な私ですが、自分の設計図を眺めていて、ふわりと見えてくるものがあります。

魂は、本当はこうしたがっているんだなぁ とか、
なんで敢えてこれを選んでいるのかなぁ? とか、
本心はめんどうだと思っているけど、やっぱり、いずれはこの部分と向き合わなくてはいけなくなるのかなぁ? でも、これがここにあるということは、ちゃんとやっていけるんだなぁ とか
この先は・・・? など。

時間がいくらあっても足りません^_^;
あっという間に過ぎてしまう・・・

案外、魂の目的って大それたものではなく、ホントに日常的なもので、だからこそそこに「いい」「悪い」が相俟って存在しているんだな、とか

これまでの様々なあらゆる体験を通して、魂は高みを目指していて、すでに設計もされていて、

そのためには、自分にとってのメリット・デメリットを知るって、とても意味のあることだと思いました。
私は、すべてを知りたい(どんなに知りたくても、秘められていることもありますが。それはそれで深追いはしません)。

「いい」「悪い」でジャッジされているのでは決してなく、ただ、それを「どう使うか」が問われているのだということ。

「いい」「悪い」で設計図を見る人にとっては、時にそれはとても受け容れ難い(読みたくもない)ものになるのかもしれません。

私の設計図の中にも、大変なものがありますよ(T_T)
ええ、タフ(?)な神経を持つ私にも(笑)それはとても受け容れ難いフォーメーションが。
知った時は、さすがに動揺もしたし、ガッカリもしました(笑)

でも、ただありのままを受け止める、その姿勢でいると、設計図はとたんに違うものに見えてくる。

同時に、これまでの自分を振り返って、なぜあんなに内的葛藤があったのか、納得がいったのです。
原因を知って、安心する感じ。
今まで、何となくふんわりと、「こうではないか」と依りどころもなく思っていたものが、「これか! これが原因か!」と、「関連付ける」ことにより、芯がしっかりした・輪郭がはっきりした感じ。

それじゃあ、仕方ないよね、って。
もう、受け容れるしかない(泣笑)


そうすると、受け容れたと同時に、「なんだ、過酷な中でも、けっこう頑張ってやれてこれたじゃない」と、これまでの自分も思い出され、更には、それをどう乗り越えればいいのかという対策も見えてくる。

総てを知った上で、自分の人生と向き合う「覚悟」をする。

この効果、絶大でございます。


知り得たデメリットは、自分の意識次第(使いようでもありますが←これがいちばん大事)で避けることも、他用することも、有利に使いこなすことさえ可能。
避けるよりは、他用するほうが、他用するよりは、有利に使いこなすほうがいいかな。

メリットは、ただそれだけで充分に恵まれているのですから。喜んで享受すればいいわけです。

多重構造になっている設計図、それはただそのものであるだけでなく、
「いい」「悪い」を味わい(はじめはそんな余裕はないかもしれませんが)、乗り越え、その全体の中から、自分にとって好ましいものを抽出し、自分を創りあげ・・・
「超越する」ためにあるものです。

超越できるのです。

この宇宙の根源には、進化・向上、成長・拡大するという、意志のようなものがあります。
この世界に「いい」も「悪い」もいろんな状況・環境が用意されているのも、それらあらゆるものを使って進化するためです。

そのために必要な「生き方」を持って生まれた人には、それをまっとうするための総ての「力」「機会」が与えられています。

その「おおもと」、根本から生まれてきた私たちは、すなわち「おおもと」です。
ですから、望めば自由に宇宙とひとつになることが可能です。

その中から生まれ出たのですから、自然に天の意思(進化・向上)にそって生きることになります。
もしも、魂の使命、目的、生きる目的などがあるのだとすれば、進化・向上を、それぞれの身体をもって、それぞれのやり方で直接実行すること、とも言えるのではないでしょうか。

何のために生きているのかわからない・・・

そう思い悩んでおられる方。

人間である以上、いや、この世界に存在する以上、天(目に見えない大きな力、神、創造主、偉大なる何か、宇宙、好きな言葉に置き換えてください)の力(意志・意図)を授かっていない存在などありません。
等しくすべてに及んでいます。
そこから生まれてきたのですから。

天の願いに沿う生き方をしているということになれば、天からのサポートは間違いなく入りますし、自然に成功へと導かれます。

自信を持って(「天の意思を代行している」くらいの意識を持って 笑)、今、自分のやりたいことをやっていきましょう。
天の意思は、あなたの本質(素の自分、本然、真我)の中に、ちゃ〜んと授けられています。

ここに生きて存在している、それこそが「見えない何か、大きな力」を持っている証拠。
それと別々だったことなんて、一度もない。

「自分らしく生きる」
これが、天から与えられた「使命」です。
そのために必要なものは、最初からすべて与えられています。

必要以上の結果や、体力や、生命力、治癒力、それは、自分が自分の中心にいること(つまり、宇宙とひとつであること)でついてくるようになっています。

ネガティブ・ポイント。
何のマイナスにもなりませんね。
それらを遥かに凌駕する無限大の力が備わっているのだから。

それは、総ての存在に言えることです。例外などあり得ません。ご安心を。
そして、だから、思い出してください。
自分は、素晴らしい存在なのだと。
かたくかたく、これを信じる。
信じ続けることで、それが現実になる。
そうすれば、それがますます自分を強くしてくれる。


何だか、自分で書いておいて、元気出てきた〜(笑)
↑根本的にノーテンキなんですね(笑)
でも、この突き抜けた(笑)ノーテンキさ、非常に困難な配置を持っているが故の恩恵なのかもしれませぬ。

あることを通して、それをどう受け止めるかで次の行動が変わってきます。
それを受け止め、どう生かすか、その行動の蓄積が、その人の成長へと繋がります。
受け止め方を、自分に置くか他者に置くかで(要するに、ヒトのせいにするかどうかってこと)、随分その後が変わってきます。

うまくいかなかったら、別の方法を試してみる。
その試行錯誤、創意工夫が成長させてくれる。

自分が「そうしたい」と思うように、やってみることです。

その繰り返しが、自分を高めてくれます。
いずれは他者や周り・環境をも巻き込んで、高みへと。

そして、そんな生き方こそが、天から与えられたもの、「天命」(魂の使命・目的)なのだと思います。


posted by Kaoru at 10:30| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: