2015年01月19日

懐かしい人々

この頃、亡くなった人がよく夢に現れます。

亡くなった人が夢の中で喋ることはないとよく聞いていたのですが、めっちゃ喋っていました(笑)

一言も発さない人も中にはいますが、他は生前通りでした。

とてもお世話になった方で(過去生でも関わりのあった方でした)、夢の中で、その方が家を訪ねてきてくださり、土地を守ってくれると言うのです。

ああ、あの時の約束を、今、果たそうとしてくれているんだな、と嬉しく思いました。
嬉しく思いながら、夢の中では、その方がとっくに亡くなっていることも知っていて、亡くなってからしかできなかったんだな、と私はひとりで納得していました。


私は、敷地内の小川で魚を捕り(そんな魚、実際にはウチの小川にはいないのですが 笑→その捕獲のしかたがおもしろくて、今は冬だから、魚は泥の中で冬眠してるから、と、泥をさらうと、中からヤマメの大きいのが出てきて。←あり得ないたらーっ(汗) もう一種類捕まえたのですが、種類は忘れました)、山菜も採り、天ぷらにしてふるまいました。

ヤマメの天ぷら、半生で(笑)

でも、それをおいしいと食べてくれました。らしいというか・・・


そんな何気ないことを話し(内容はもう忘れましたが)、過ごしていたら目が覚めました。


他の方々とも、その後の続きのような生活を、夢の中でしておりました。


穏やかな時間でした。



・・・平和なのが、一番いいな。

それがいいのに。
本当に求めているのに。

それでは私の魂は退屈してしまうらしい。

ちょっと変わったことなんて、求めていないんだけどなぁ。
普通がいいんだけど・・・


魂は、何でも自分でやってみたくて、ちょっと変わったことも受け入れられるようなのです(-_-;)

頭では、求めるものは違うのだけど、魂の求めていることだから、どこかでは納得していて、「わかる」というか・・・

ホント、イヤなんだけど(-_-;)と頭では思うのに。
どこかで受け入れている自分もいたりして。

こうやって、何でも受け入れていくしかないんだろうなぁ、というか、最後には受け入れているんだろうなぁ私(-_-;)

何でも、自分には乗り越えられるんだ。
乗り越えさせられるんだ。


あと。
夢の中で、夫婦喧嘩を目撃してしまって・・・


それは憔悴しましたたらーっ(汗)

どうして、近くなればなるほど、お互いの悪いところしかつつきあわなくなるんだろう・・・

と、夢の中で悲しくなっていました。


いくら自分が言わないようにしていても、言われることはコントロールしようがない。相手のことなので。

見かねてそれが嫌だと言っても、相手には伝わらないし、変わらない。

そうやって、だんだん距離が遠くなっていくのかな。

言っても、絶対にお互いに嫌な気分になるだけなのに、何であえて嫌味みたいなことを言うんだろう?

喧嘩にしかならないよね、それ。

ホント、そういうの、嫌なんだけど。

自分以外の人と暮らすって、そういうことなのかな。

綺麗事と言われようが、そこを諦めたくないというか、認め合うって、できないのかな・・・

もともと、綺麗な言葉が好きで、美しいもの、おいしいものなどから魂の栄養を得ているので、余計にそう思うのかもしれません。

そして、もともと、否定し合ってもそれが成長に繋がる!(意見のぶつけ合いで新しいもの、よりよいものが生まれ、進化していく!)っていう、エネルギッシュな感じでもないので、どうぞ、やりたい方はよそでやってください、って思う・・・
そこには居られないです、私あせあせ(飛び散る汗)


しかも極端だから、そういう、ぶつかり合いを見ると

わかり合えない人と一緒にいるより、独りでいる方がよっぽど寂しくない


だったら、どうして一緒にいるんだろう?


・・・ってなりがちです(((^_^;)


別々の身体に入っているんだから、わかりあえるわけがないんだ。だから、時としてわかり合えたと思う一瞬が素晴らしいんだという言い方もできるけど、そう思うこともあるけれど、やはり心のどこかでは、分け合ってわかり合ってひとつになって・・・と求めている自分がいます(魚座にいるからどうしようもないの〜(>_<) 欲しがっちゃうの〜あせあせ(飛び散る汗)

求めるものは、果たして手に入るのか?

翻せば、手に入らないからがっかりしているわけで・・・


今日は、答えは出さずに、問いかけで終わります。


posted by Kaoru at 18:30| Comment(0) | 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: