2014年10月03日

苦手意識が教えてくれること

苦手意識は、克服しようと、それに果敢にチャレンジするだけで運がどんどん開けていきます。

もともと、「克服するため」にあるものだから、それは、克服すれば当然ご褒美(報酬)もあるわけです。


とにかく、やってみる。

そこから繋がったり、思いがけないことがあったり。

魂は、何かを乗り越えようとしています。


それが何かは、自分が抱く「苦手意識」や「恐れ・不安・疑念」として、既に自分の中に表れていたりします。


閉塞感を感じていることがあるのだとしたら、路線変更して、これまで避けてきたこと、見ないようにしてきたことに、何かひとつでもチャレンジしてみるといいかもしれません。


窮鼠猫を噛む


意外なところに突破口が開けるかも。

「八方塞がり」も、他に出口がない状態に追い込まれているように見せかけて、実はたったひとつの出口に導かれていたりする。

あえて、「そこに繋がるため」にね。

塞がっていなくて、いろんな方法を試せる状態よりも、むしろ迷わなくていいかもしれない(笑)

「それしかない」から。


普段だったら、絶対しないような手段で、そこを脱出していたりするのですダッシュ(走り出すさま)



posted by Kaoru at 04:01| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: