2014年04月13日

ありがとうございました。

北新館さまを会場に、静かで穏やかな空間でのWS、アカシックが無事に終わりました。

夜の宴か?と思うような、豪華なランチメニュー

2014041311080001.gif

syabu.gif
たこシャブ。
もずくを入れて。←初めてです。

tako.gif

2014041311090001.gif
このポン酢が、また、おいしい〜(>ω<)

2014041311080003.gif
新鮮なお刺身。最高でした

sazae.gif
洋皿。
この前に、やなぎカレイの焼き物、白えびのフリッターのお皿もあったのですが、撮り忘れました^_^;

ke-ki.gif
食後のデザート。

贅沢な時間〜

花弁散る紅梅、響くウグイスの美しい声。

最高の環境華僑でのWSでした。


Akashic

メニュー

ディヴァイン・ヒーリング(個別)
アカシックレコードについて
シンボルのインスパイア→誘導瞑想によるアカシックレコードへのアクセス
アカシックレコード・リーディング(ペア・ワーク)
これからの展望、そして必要なこと
シェア、アンケート


以下、お寄せいただきましたご感想です。

アカシックにつながることができるかが一番の心配でした。

また、ペア・ワークで、他の人のことを実際に感じ受け取れるのか不安でした。

でも、頭の中に浮かんだことを口に出してみると、関係のないことではなく、本人にはわかる部分もあったようで、少しは私も出来るのかと思いました。

今日、ご縁をいただいてご一緒させて下さいました皆様に感謝します。




カード引きが何回もできて楽しかったです。
今回は、来る、参加することで完了? してしまったような・・・

メッセージを受け取ることが目的になってしまいました。

アカシックレコードで何を質問するのか考えていなかったので、もったいないことをしてしまった気がします。

しかし、新しい世界への賞賛を受け取った気がします。

少し見えた映像をもっと発展していけたら楽しそうです。




ここに来るまではさらに他のセミナーにももっと参加したりして・・・

と思っていましたが、今日このセミナーを受けて感じたことは、現実に実践してくこと、の大切さをジワジワと感じております。
頭で知るのではなく、“感じること”
理解することから先に進んで実行しなさいと言われているような気がしました。
とても大切な貴重な1日となりました。ありがとうございました。




こちらこそ、ありがとうございました。

私の勝手な印象ですが、大事なお役目を持った方が集まった・・・そんな気がしています。

これから、いろいろなことがおありでしょう。

生活の中の、いろんなシーンで、みなさまを支え、サポートしてくれるツールのひとつとしてご利用いただけたらと思います・・・

慣れれば、どんどん受け取るのが上手になっていきます。
世界に用意されているあらゆること、奇蹟に驚嘆することでしょう。


WS後、もちろん温泉にも入りましたよ

スッキリ

その後の夕陽も、格別でした。

yuuhi.gif

画像ではあまりよくわかりませんが、肉眼では、今日の夕陽は澄んでいてキレイでした


そして、家に着いてから、ふとついていたテレビを見たら・・・
大好きな『夢の扉』でした

そして、聞こえてきた言葉が、
「あなたにしかできない、あなたの人生が現れるような仕事をしてほしい」

植物から、鉄より強い素材を創ることに人生を掛けた男性のお話でした。
素晴らしい
いろんな可能性が広がります。
大好きこういうの。

彼は、ストラディバリウスにも引けを取らない音色を奏でるヴァイオリンを創りあげます。
ヴァイオリンなど楽器に使われる木と、その音質について研究をしていたのですが、魂は満足しませんでした。
ある台風の日、激しい風雨にも負けず立ち続ける木々の姿に、ハッとします。
『木は楽器になりたいんじゃない』
木は、もっと強くなりたかった。
それをもっと引き出したい。
そうして、自然の木が持つ本来の力を活かす研究に踏み出します。

鋼鉄の約5倍の強度で、熱にも強い。なのに、プラスチックのように軽く、透明にもなる・・・
車のボディから家電製品まで、草木でつくる時代へ。
そんな、万能にして魔法のような素材が生まれました。
あらゆる工業製品に使える可能性がある。
「材料の99.9%は、すでに植物がやってくれている。残りの0.1%の人間の知恵が材料としての形に変えていく」
「植物の力をお借りして日本を資源大国にしたい」
この表現。
自然の持っているものがいかに豊かで大きなものかを知っているからこそ。

ノウハウがないため、いつでもが研究。
これまでひとりでやってきた研究ですが、彼は、協力者を募ります。
そのときに、みんなに伝えたのが、

「あなたにしかできない、あなたの人生が現れるような仕事をしてほしい」

震えます。
共鳴する。
企業から、透明な素材を創れないかという「種」を受け取り、それを自分が蒔き、みんなが水をやり栄養を与えて育ててくれた。


こうして、みんなの素晴らしいところが集まって、ひとつの大きな夢が実現していく。
素晴らしい世界です

木は、もっと強くなりたかった・・・
彼独自の視点から、新しいものが生まれ、みんなの知恵、そして自然の力が、地球を大きく変えてくれる。
そんな可能性を感じた番組でした。


そんな締めくくりの1日で。

本日ご縁があったみなさまの、これからのますますのご活躍と、ご健康、そしてご発展を、心よりお祈りしております。

光にあふれた素晴らしい日々でありますように


ありがとうございました。

今日のご縁に感謝致します。


posted by Kaoru at 22:35| Comment(0) | ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: