2014年09月04日

視点を変えて

自分には何故ないのか

みんなが当たり前に持っているものが

隣の芝生は青く見えるものです。
周りがどんなによく見えても、実際にどういう生活をしているかは、当事者にしかわからない。
中に入ってみると、自分が思っていたような感じではないかもしれません。

想像以上の大変な思いをしていた、という場合もあるし、
だからこそそれを乗り越えて今、幸せでいるんだと気づいたり。

どんな人生も、ちゃんと、自分の魂にふさわしい時間を生きているもの。


それは、ちゃんと自分で見つけられるようになっています。

あなたにだけわかる方法で

だからこそ、自分で探す必要がある

そのために、たくさんのヒントが、いろんなものや人を通してもたらされるようになっている


独りじゃないから、大丈夫。



「ない」にも、ないなりの理由があって、

愛やお金なども「ない」ことから魂が何かを感じようとしています。

自分の進む道(魂の目的・望み)に最も適した環境が設定されます。


どこに生まれるか、誰が両親か。

パートナーはどういう人か・・・


私の魂は、この出来事を通して、何を体験したいと望み、何を感じようとしているのだろう?


視点を変えると、見えてくる世界があります。





posted by Kaoru at 20:29| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: