2013年11月06日

目に見えるものと、見えないもの。

宇宙のリズムに同調していると、たいがいのことはうまくいきますぴかぴか(新しい)

ふと思うことが現実になったり、願ったことがすんなり起こったり。

私の場合は、自分のためより、誰かのために願ったり思ったりすることの方が、うまくいくみたい。
結局、それが自分のためになる。

家族の事は、よく通ります。
自分のことも、まあまあなのかな・・・?


自分にとって、叶いやすいことって、ひとりひとり違う気がします。
「自分にとっての叶いやすいこと」を見つけると、便利かもしれない。
得意なことが増えるから。

「運命の出逢い」だって、いっぱいあるんだけどなぁ。
パートナー以外は(笑)

まあ、大きいものほど、準備ができる(熟成される)のには時間がかかるのさ(笑)
待ちますよ、いつまでも。

家にも、家系にも、土地にも、惑星にも、星にも、独自の与えられたエネルギーがあって、宇宙に広がっているその多様なエネルギーを帯びて(エネルギーを借りて?)、私たちは今生を生きるために必要な要素を決める(持ち合わせられる?)のかもしれない。

宇宙の中の固有のエネルギーを通って、地球の固有のエネルギーを借りて、生まれた場所、関わる人を選んで、「自分」という存在が固まる。

自分には、自分が生まれた時の宇宙の波動が記憶されているというけれど、自分の人生をどういうものにしたいのかによって、いろんな存在・物質・環境のエネルギーを利用しているのかもしれないなぁ。

その組み合わせによって、「自分」が形づくられる。

マテリアルの持つエネルギーの多様さ・複雑さが、豊かな存在や環境を生んでいる。
つまり、「個性」が持てる。

そんなふうにして、「自分」は生まれてきているんじゃないかなぁと思う。

そう思うと、今自分がいる環境や、置かれている状況って、自分の魂が今ある形で存在しているためには総てが必須で、人生うまくいっていなかろうが、大きな不満を抱いていようが、まずはそういう自分を受け入れる、認めるところから始まるのかもしれない。

認めて初めて、自分が望む方向に動き出すのかもしれない・・・
全部を受け入れられないと、それに囚われて次に進めない。

うまくいっていないこと、不満に感じること、苦しいことは、きっと、それを超えられるから持っている。
素晴らしいものに、交換できる。

自分のものにして初めて、美しく見えるものがある。
自分も捨てたものじゃないよね、と思える。

それは、魂になった時に初めて見える景色に似ているのかもしれない。


posted by Kaoru at 22:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: