2013年11月05日

また今日もメッセージ

3日・4日とエネルギーにたっぷり触れて帰ってきたためか、今朝、夢を見ました。

海岸を散歩した後、海沿いの小さな海産物やさんをプラ〜と歩いています。
おみやげやさんのようでもあり、いろんなお菓子や干物、魚などが売られています。

店内を見物していると、同じように、男性客が2人、歩いています。
よぉく見ると、あれ、同級生。

そのうちのひとりが、なぜか私にメッセージをくれると言います。
しかも、体臭でわかるのだとか(笑)← 何だそれあせあせ(飛び散る汗)

現実の私だったら、恥ずかしくて100%断っているだろうけれど、そこは、夢の中。
夢の中の私は、何の抵抗もなく、受け入れています(笑)。

同級生の顔が、10cm近く近づき・・・
体臭リーディングが始まります(笑)

もらったメッセージは、

「今いろんなことを一生懸命、細かいところまでやっているから大丈夫。これまでやってきたいろいろ全部が芽を出す(願いが叶っていく)のはこれからだよ。俺もそうだったから」

(ここで、彼の家族や子供などが私には見え、彼の願望が今これから話そうとしている形で現実になったことを思い浮かべているとわかる)

ここで、もう一人の同級生が、
「60年代、70年代のコイツを知ってる?」と話に入ってくる。


その瞬間、家族が動く音で目が覚めました(=_=)

か───っ
詳しい説明をこれから聴くというときに・・・

とりあえず、寝ぼけた頭で今見た夢をメモして、寝なおしたけれど、続きは見れず・・・(笑)

そして、後でよぉく夢を思い返してみると。
60年代〜のセリフって、あり得ない。みんな生まれてないし。
知ってる?って、知るわけないたらーっ(汗)

結局、夢が何を示すのかわからないのですが、今回は、ダイレクトに、メッセージをそのまま受け取ろうかなぁ(*^_^*)


海・・・生命の宿るところ。創造性を生み出すエネルギーの源。無意識の中の可能性が住むところ。感情エネルギーの理解のおよばない大きさ。海の無意識から本来の才能を引き出す人にとっては、自己探求の入口が海岸や港になります。そこでは感情の状態を知らないと、海中の創造性に触れられません。海という無意識は慎重さと賢明さ、さらに自分への尊敬の念を持って探求されるべきものです。海は誰にとっても癒しの効果があります。海は命の母胎だからです。夢に海を見たら、まずは海に行ってそのダイナミックなエネルギーを感じましょう。あなたの心が解放されるまで海にいましょう。

魚・・・水を住処にする魚は心の食べ物。魚釣りは瞑想で得られる心の糧を表します。心と身体と魂のために
無意識から生まれ、無意識をねぐらにする魚から栄養をとるためです。ひとつは、実際魚を食べて身体に栄養を与えること。ふたつめは、心の高まりやうねりを理解して感情を味わい、生きる喜びを実感すること。みっつめは、知らない自分の部分を怖がらず、それと遊べる能力を養うこと。また、占星術の魚を表している場合もあります。魚座の2匹の魚は心の対立を中庸という和合へ行きつくことで、完成の方向性を示しているでしょう。

男性・・・夢に登場する異性は、成長に向けて次に発達させるべき主題を表します。

60・・・最近知り合った人と、ちょっとプライベートな話をしてみましょう。箱の中から意外なものが飛び出すように、思いがけない展開が訪れるかもしれません。

70・・・欲しかったものを手に入れるチャンスが訪れます。選択をせまられたら、少し遠い将来に目を向けて決断しなさい。


posted by Kaoru at 18:36| Comment(0) | 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: