2013年10月09日

感じること総てを使って

自分にとっていいと思えることも嫌だな、と思うことも自分で自分のゴールデンポイントを見つけるためのヒントになっています。

自分が感じ取れないもののバランスはとれません。

だから、自分が何かしら感じたということは、「自分が感じたものに対してバランスがとれる」ということ。
それは克服できる。恩恵を見つけることができる。

自分にとって何が必要で何が不要か何をどう選択するのか・・・
それは、自分で感じること、思うこと、起こることなど、「自分の全存在」を通して見つけることができるんです。

見つけられない理由を探している間は、それが姿を現してくれることはないかもしれません。
まずは「見つけられる」、自分にもできる、と信じること。そして、「自分の傾向」をつかむこと。
人とは違う受け取り方をしているかもしれません。
だから、人の話は参考にはしても、自分も同じとは考えない方がいいかも・・・
他者からきいた「こう受け取る」をそうなんだ〜と信じることが、自分にとっての壁になることも・・・
(自分は別の受け取り方をしているのに、せっかく受け取れていても聞いた話と違うから「違う」と否定することになるから)
人がどう受け取っているかを探るのではなく(ヒントにはできますが → 自分に似ている人もいますから。たくさんの話を聞いている中には、自分に近いものにきづける可能性はあるかも)、自分の内側を探ること。それが何よりの近道。

自分にとってのセンサーは、ちゃんと内蔵されています。
それらを駆使して、自分にとって必要なことは、自分が真っ先に受け取れるようになっています。

先日も書きましたが、感覚・感性は磨くことができます。

できるだけ、多くの機会に触れてみてください。
できるだけ多く触れる。自分のセンサーを使う機会を増やす。

勘のいい方は、ほんの僅かな体験で理解できることもあるでしょう。
何度も何度も触れて、やっと確信するかたもいらっしゃることと思います。
どんなケースであれ、はやいからよくて遅いから悪いということはありません。
それぞれに託された道程があるからです。
はやく繋がって、できるだけたくさんの体験をするように合理化されているのかもしれない。「はやく繋がること」がその人にとっては、必要な体験であり、その体験の中から「見つける」ようになっているのかもしれない。
何度も何度も同じことを繰り返して、いろんなところに寄り道して、遠回りにも思えることを繰り返し、「やっと繋がること」がその人にとっては必要な体験であり、その体験の中から「見つける」ようになっているのかもしれない。忘れるから、もう一度新鮮な気持ちで体験できる。つまり、何度も楽しめる。繰り返すから体験が深まる。
自分で自分の事を、「遅い」と思っていても、肝心なところは、誰より速かったりすることもあるかもしれない。他の人から見れば、「速い」ように見えているかもしれない。
だから、速い・遅いを比べても意味がありません。
それぞれの体験の中で、それぞれが必要だと思うのものを採用していけばいいだけ。

いろいろなやり方があるだけ。

マイ・ルートの中に、自分にとっての宝物が眠っているぴかぴか(新しい)

そのために必要な羅針盤も、持っています。

それがどこに授けられているのか、探してみてください。
自分には、わかるはず。


posted by Kaoru at 10:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: